人生にゲームをプラスするメディア

天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』のカードアートに参戦! 人気キャラ・リリアナを描く

Wizards of the Coast LLCは、5月3日に発売する『マジック:ザ・ギャザリング』の新セット「灯争大戦」日本語版において、プレインズウォーカーカード36枚の日本語版オリジナルアートを収録すると発表しました。

その他 カードゲーム
天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』のカードアートに参戦! 人気キャラ・リリアナを描く
  • 天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』のカードアートに参戦! 人気キャラ・リリアナを描く
  • 天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』のカードアートに参戦! 人気キャラ・リリアナを描く
  • 天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』のカードアートに参戦! 人気キャラ・リリアナを描く
  • 天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』のカードアートに参戦! 人気キャラ・リリアナを描く
  • 天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』のカードアートに参戦! 人気キャラ・リリアナを描く
イラストレーション:天野喜孝氏、人気キャラクター・リリアナ

Wizards of the Coast LLCは、5月3日に発売する『マジック:ザ・ギャザリング』の新セット「灯争大戦」日本語版において、プレインズウォーカーカード36枚の日本語版オリジナルアートを収録すると発表しました。

この日本オリジナルアートには、天野喜孝氏をはじめとした合計28名の日本アーティストが参加しています。上記画像の人気キャラクター・リリアナ(イラストレーション:天野喜孝氏)含む全36種類を、ぜひご確認ください。

◆『灯争大戦』日本オリジナルアートとは?


5月3日発売の最新セット『灯争大戦』は、世界初のトレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』の最新セットです。

長きにわたり活躍してきた悪のドラゴン・プレインズウォーカーであるニコル・ボーラスとの最終決戦が勃発します。多元宇宙のひとつ「ラヴニカ」を舞台に、敵味方のプレインズウォーカーデッキが入り乱れる大戦を描くべく、実際に発売するセット『灯争大戦』には合計36枚のプレインズウォーカーが収録されることになりました。ひとつのセットに収録されるプレインズウォーカーは通常3枚前後であり、これは異例の収録枚数です。

その最終決戦となるセットの看板でもある36名のプレインズウォーカーのアートを、日本のアーティスト28名に描いています。この企画にイラストから美術まで幅広く大活躍している天野喜孝氏にも参加頂き、マジックの人気キャラクターであり、『灯争大戦』での主人公格のキャラクターである「リリアナ・ヴェス」のアートを描いて頂きました。

それぞれのアーティストには、オリジナルのアートを参照することなく、設定を共有のうえオリジナルの解釈で描いてもらっているため、オリジナルのアートと比較して楽しむこともできます。参加頂いたのは以下の28名のアーティストです。(50音順、敬称略)

● 天野喜孝
● 井塚大介
● 開田裕治
● 風間雷太
● 黒葉.K
● 山宗
● 獅子猿
● 篠丸峰山
● 鈴木康士
● タカヤマトシアキ
● 田島幸枝
● タダ
● ナブランジャ
● 萩谷薫
● ひと和
● 藤ちょこ
● 前河悠一
● 増田幹生
● MID
● 緑川美帆
● 碧風羽
● 三好載克
● 村山竜大
● 百瀬寿
● 森下直親
● 山本章史
● lack
● Ryota-H

■日本オリジナルアートプレインズウォーカー 36枚カード画像





詳細や製品情報は『灯争大戦』特設ウェブサイトをご覧ください。
『灯争大戦』特設ウェブサイト:https://mtg-jp.com/war/

◆プレインズウォーカーとは?


プレインズウォーカーとは、「プレインズウォーカーの灯」を覚醒させた魔法使いです。マジック:ザ・ギャザリングの舞台は、さまざまな次元が混在する多元宇宙。プレインズウォーカーは、この次元と次元の間を行き来することができる特別な存在です。

マジック:ザ・ギャザリングは、プレイヤー自身がプレインズウォーカーとなり、さまざまな魔法を駆使して戦うゲームです。そしてゲーム内で使用するカードとしてのプレインズウォーカーはあなたの強力な相棒であり、ゲーム上でも力強い仲間となってくれます。強力カードでもあり、プレイヤー自身とも同等の存在である、まさにゲームの「顔」と呼ぶべき存在です。

◆『灯争大戦』とは?


マジックのストーリーは、セットを超えて関連性を持っています。ニコル・ボーラスはドラゴンのプレインズウォーカーで、長きにわたり巨悪として君臨しています。このニコル・ボーラスをはじめ多元宇宙自体の驚異を前に、プレインズウォーカーたちにより結成されたチーム「ゲートウォッチ」や、その他多くのプレインズウォーカーが敵味方入り乱れての大戦が勃発するのが、この『灯争大戦』です。

大戦の舞台になるのは、ラヴニカ。長きにわたり人気であり、主人公格のキャラクター「ジェイス」の活動の中心地であり、これで3度目の来訪となります。

この最終決戦はどのような結末を迎えるのか?巨悪ニコル・ボーラスは打ち倒すことはできるのか?全員無事にこの難局を切り抜けることはできるのか?カードゲームの新弾としてだけでなく、ひとつの物語の区切りとしても楽しめる新セットが、この『灯争大戦』です。

■『灯争大戦』公式トレーラー




(c)2019 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 日本のe-Sports産業を世界へ牽引するために一般財団法人、「日本esprots促進協会」設立へ

    日本のe-Sports産業を世界へ牽引するために一般財団法人、「日本esprots促進協会」設立へ

  2. 【SHOWROOMバーチャル事件簿】中国発ファストフード店イメージガールオーディションTOP3をバーチャルタレントが独占!

    【SHOWROOMバーチャル事件簿】中国発ファストフード店イメージガールオーディションTOP3をバーチャルタレントが独占!

  3. 『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』5月30日アップデート実施―既存6機体に新武装が追加!

  4. DLsite、アニメCMを初放送─後輩彼女(CV:豊田萌絵)と“おうちデートで耳かき!?”なボイスドラマを無料配信

  5. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  6. 【週刊インサイド】『ロマサガ3』「タチアナ」の振り返りが話題に! 「ホココス2019」FGO美女レイヤーにも注目集まる

  7. キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

アクセスランキングをもっと見る

1