人生にゲームをプラスするメディア

『Fate』シリーズより赤のセイバーことモードレッドがfigmaで登場!「不貞隠しの兜」ギミックも再現

マックスファクトリーが発売するアクションフィギュア「figma」シリーズ。今回、その最新アイテムとして、「“赤”のセイバー」がリリースされました。

その他 フィギュア
『Fate』シリーズより赤のセイバーことモードレッドがfigmaで登場!「不貞隠しの兜」ギミックも再現
  • 『Fate』シリーズより赤のセイバーことモードレッドがfigmaで登場!「不貞隠しの兜」ギミックも再現
  • 『Fate』シリーズより赤のセイバーことモードレッドがfigmaで登場!「不貞隠しの兜」ギミックも再現
  • 『Fate』シリーズより赤のセイバーことモードレッドがfigmaで登場!「不貞隠しの兜」ギミックも再現
  • 『Fate』シリーズより赤のセイバーことモードレッドがfigmaで登場!「不貞隠しの兜」ギミックも再現
  • 『Fate』シリーズより赤のセイバーことモードレッドがfigmaで登場!「不貞隠しの兜」ギミックも再現
  • 『Fate』シリーズより赤のセイバーことモードレッドがfigmaで登場!「不貞隠しの兜」ギミックも再現
  • 『Fate』シリーズより赤のセイバーことモードレッドがfigmaで登場!「不貞隠しの兜」ギミックも再現
  • 『Fate』シリーズより赤のセイバーことモードレッドがfigmaで登場!「不貞隠しの兜」ギミックも再現

マックスファクトリーが発売するアクションフィギュア「figma」シリーズ。今回、その最新アイテムとして、「“赤”のセイバー」がリリースされました。

“赤”のセイバーは、昨年TVアニメも放送された人気作品『Fate/Apocrypha』に登場する赤陣営のサーヴァント。「Fate」シリーズでも屈指の人気セイバーであり、もちろんiOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』にもセイバー「モードレッド」として登場。メインストーリーにも幾度登場する重要なポジションのキャラクターとして描かれています。

そしてこの度、そんな彼女がfigmaとしてついに登場。待望のアクションフィギュアということもあり、待ち望んでいたファンの方も多いのではないでしょうか。


今回は最も基本的な鎧姿での立体化となっています。その特徴的な鎧は細部に至るまで緻密に造形。騎士の鎧らしい光沢ある仕上がりは、丁寧な塗装で表現されています。一見、かっちりとしていそうな見た目ではありますが、腰回りをはじめ各可動ポイントには軟質パーツが採用されていて、広い関節可動域によるアクションを妨げない構造になっています。

肩部と干渉しそうな頭部も、後ろ髪に関節が仕込まれているほか横髪にも軟質パーツが取り入れられており、アクションに柔軟に追従。また、肩関節は引き出し機構を搭載しているので、動かしづらそうな見た目に反してかなり大胆なポージングも楽しむことができました。


オプションパーツもきっちり揃っており、表情パーツは3種付属。基本となる「キメ顔」のほか、不敵な笑みの「好戦顔」、八重歯がかわいい「目閉じ笑顔」がセットになっています。

メインの武装である宝剣「燦然と輝く王剣(クラレント)」はもちろんのこと、宝具展開状態である「我が麗しき父への叛逆(クラレント・ブラッドアーサー)」も別パーツとして付属しており、様々な戦闘シーンが再現可能となっています。


また、特殊ギミックとして「不貞隠しの兜(シークレット・オブ・ペディグリー)」状態を再現することも可能。これは差し替え変形で、兜、胸部のプレート、肩の角、背部の一部を交換する必要があります。

その他にも交換用の表情付き手首や、おなじみのfigmaスタンドなどが付属。大胆なアクションが似合うキャラクターなだけに、この1セットでかなりのプレイバリューを楽しむことができます。


「Fate」シリーズのキャラクターは、今後も続々とfigmaで登場予定。発売中の他のサーヴァントなども交えて是非一緒に遊んでみてください。オススメです!

「figma “赤”のセイバー」は発売中。価格は8,148円(税別)です。


(C)東出祐一郎・TYPE-MOON / FAPC
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. 【週刊インサイド】『あつまれ どうぶつの森』マリンスーツを使った上陸に注意を促す記事に注目集まる! 同作の特集記事が注目度高し

    【週刊インサイド】『あつまれ どうぶつの森』マリンスーツを使った上陸に注意を促す記事に注目集まる! 同作の特集記事が注目度高し

  3. 【コスプレ】注目の中国レイヤーNEGI、完成度を徹底追求した美しさが見る人を魅了する【写真26枚】

  4. 『シュタインズ・ゲート』の懐かしすぎるネットスラング10選

  5. 映画「モンスターハンター」日本の公開も2021年に延期

アクセスランキングをもっと見る