人生にゲームをプラスするメディア

『RELEASE THE SPYCE secret fragrnce』プレイレポ―気になる「リリスパ」後日談に心も体も滾ります!

初芽さんと、凪と、アニメ11話に出てきた拷問官の女の子が『リリフレ』でどう活躍するのか、今から心滾ります!

モバイル・スマートフォン iPhone
『RELEASE THE SPYCE secret fragrnce』プレイレポ―気になる「リリスパ」後日談に心も体も滾ります!
  • 『RELEASE THE SPYCE secret fragrnce』プレイレポ―気になる「リリスパ」後日談に心も体も滾ります!
  • 『RELEASE THE SPYCE secret fragrnce』プレイレポ―気になる「リリスパ」後日談に心も体も滾ります!
  • 『RELEASE THE SPYCE secret fragrnce』プレイレポ―気になる「リリスパ」後日談に心も体も滾ります!
  • 『RELEASE THE SPYCE secret fragrnce』プレイレポ―気になる「リリスパ」後日談に心も体も滾ります!
  • 『RELEASE THE SPYCE secret fragrnce』プレイレポ―気になる「リリスパ」後日談に心も体も滾ります!
  • 『RELEASE THE SPYCE secret fragrnce』プレイレポ―気になる「リリスパ」後日談に心も体も滾ります!
  • 『RELEASE THE SPYCE secret fragrnce』プレイレポ―気になる「リリスパ」後日談に心も体も滾ります!
  • 『RELEASE THE SPYCE secret fragrnce』プレイレポ―気になる「リリスパ」後日談に心も体も滾ります!

女子高生スパイ・源モモと、正義のスパイ組織「ツキカゲ」の活躍を描いた「RELEASE THE SPYCE(以下、リリスパ)」。キャラデザに「ゆるゆり」のなもり氏、企画原案・シリーズ構成に「結城友奈は勇者である」のタカヒロ氏を据えたオリジナルアニメとして2018年秋に放映されました。

筆者もアニメは一通り観ましたが、“師弟の友情・絆”と“受け継がれる魂”をキーにした意外にも熱くて王道な物語と、なもり氏らしいキュートなキャラが「007」や「キングスマン」めいたアクション&ガジェットで魅せる、女子高生スパイエンタメアニメとして楽しんでいました。戦闘時に、身体能力をブーストするスパイスを使うのですが、こういうの好きなんです。サブタイトル等に往年のスパイ映画オマージュが見られるのも滾りますね。(全くの余談ですが、筆者が一番好きなスパイ映画は「オースティン・パワーズ:デラックス」です。)

この度、この「リリスパ」が『RELEASE THE SPYCE secret fragrnce(以下、リリフレ)』としてiOS/Android向けにゲーム化。2019年2月12日にリリースを迎えます。今回、配信に先駆けて本作をプレイしてきましたので、ざっくり紹介させていただきます。

◆ストーリーに滾る!



アニメ「リリスパ」では、私設情報機関「ツキカゲ」にスカウトされた主人公・源モモが、師匠の半蔵門雪、そして「ツキカゲ」の仲間とともに、巨大犯罪組織「モウリョウ」から舞台となる空崎市を守る姿が描かれ、なんやかんや(詳細はアニメ等をご覧ください)あって大団円を迎えました。


今回配信される『リリフレ』のメインストーリーでは、その後日談―「モウリョウ」撃破から、アニメ最終回のモモと雪のとあるシーンまでの間―が語られることになります。巨悪が倒れて平和になったかに見えた空崎ですが、逆にそれを好機とした、新たな悪の組織(しかも連合)がその魔の手を伸ばしているようで…。「ツキカゲ」の戦いはまだまだ終わらず、というわけです。


今回の相手は「悪の連合」ということで、「ツキカゲ」も国の組織である「凪の部隊」と手を組むこととなります。「凪の部隊」は『リリフレ』オリジナルのキャラクターで、その素性はまだまだ不明な部分が多く、“手を組む”といっても、「凪の部隊」は私設機関である「ツキカゲ」を危険視している節もあります。彼女たちがどう絡んでくるかがメインストーリーのキモになってきそうです。

そして、もうひとつのキーとなるのが「Tファイル」という「ツキカゲ」に関するデータ。アニメにて、とある人物の手により、「モウリョウ」の大幹部・文鳥の女にリークされたデータで、「モウリョウ」の撃破時に全て削除されているはずなのですが…。リークした人物も含めてまた一悶着ありそうです。

上記のメインストーリーの他にも、『リリフレ』ではキャラごとのストーリーや、サイドストーリーを楽しむことができます。



特に、サイドストーリーが充実しており、アニメ「リリスパ」やその前日譚となる小説「RELEASE THE SPYCE GOLDEN GENESIS」をダイジェストで楽しむことができるので、アニメ未視聴で始めても問題なし。前述の「凪の部隊」をメインに据えたサイドストーリーも収録されています。


ストーリーはSpineによるぬるぬる2Dアニメ&フルボイスで展開(スパイだけにSpineなのでしょうか…)。さらに、「リリスパ」のダイジェストでは、アニメ本編のスチルもふんだんに使われています。

◆ホーム画面に滾る!



UIは消すこともできます

バトルや育成、ガチャ等『リリフレ』には様々な要素がありますが、まず最初にホーム画面に触れさせてください。「リリスパ」では“師弟の友情・絆”が大事になってくるというのは冒頭で述べたとおり。『リリフレ』でもそれは変わらず大切にしていて、ホーム画面にはキャラを2人配置できるようになっています。これだけでも結構嬉しいのですが、キャラタップ時の掛け合いも組み合わせごとに用意されており、ホームを眺めているだけでも滾ってきます。女の子が仲良くしてるの好き…。


なお、師弟関係なく好きなキャラを組み合わせて掛け合いを楽しめる(でも師弟で組んじゃう)ので、アニメであまり日常的な絡みを観られなかった2人を置いて楽しむ…なんてこともできます。配置や背景の変更はプロフィール画面から行えます。迷ったときは青葉初芽と石川五恵の師弟コンビがおすすめです(あくまで個人の感想です)。

◆ミッションに滾る!



『リリフレ』のミッションは、基本的にオートで進行します。いくつかのWaveに分かれていて、敵とのバトルはもちろん、罠の解除や分岐の選択などもあります。


初芽さんの「スパイスバースト」では、ドローンの大群をけしかけます

バトルでは、オートで通常攻撃を行ってくれる他、SPゲージを消費してアクティブスキルや必殺技「スパイスバースト」を使っていくことになります(スキル&スパイスバースト使用もオート化可能)。また、6個まで持込可能な秘密アイテムを使用して、バトルを有利に進めることもできます。ちなみに、「スパイスバースト」はSSRキャラになると派手なムービー演出が入ります。


バトル編成は2人1組のチームを3組まで、最大6人で組むことになります。ここもホーム画面と同じく師弟の縛りはありませんが、同一キャラは1人までになっています。それぞれの組は前後衛に分かれており、バトル中、キャラアイコンをタップすることで入れ替えが可能。基本的に前衛が攻撃し、スキルやスパイスバーストも前衛のものが使用されます。後衛は、一定時間ごとにサポートスキルを使ってくれます。その他、フレンドを1人選択することができ、選択したキャラに設定されたパッシブスキルが発動します。


バトルではスタイル(属性)の相性というものもあります。もはやおなじみの要素ですが、『リリフレ』のそれはちょっとくせ者…。紅蓮(赤)>青藍(青)>黒鉄(黒)>紫電(紫)>翡翠(緑)>琥珀(黄)>紅蓮(赤)…という感じで相性が設定されているので、一般的な色でのイメージ(赤→緑→青→赤…)で考えてしまうと、思ったよりダメージが出なかったり、場合によっては弱点を突かれてしまうことも。頭に叩き込むか、迷ったらすぐに確認できるようにしておくのが良さそうです。



バトルの他にもミッション中は、罠の解除や扉の解錠をすることがあります。成功すれば、SP回復等のメリットがありますが、時間をかけすぎてしまうと「警戒レベル」が上昇し、ミッション難易度が上がってしまう他、解除に失敗するとダメージ等のペナルティを受けてしまいます。解除速度には、チームメンバーそれぞれの「潜入」の値から算出される「総合潜入値」が影響するので、どうしても時間がかかって失敗してしまう場合は、「潜入」の値が高いメンバーを編成すると良いかもしれません。

◆育成に滾る!



アビリティボードを全解放した図

育成では、強化アイテムを消費する一般的なLv上げに加えて、ツリー形式の「アビリティボード」があります。ボードにはステータスを上げるマスを中心に、スパイスバーストの強化やキャラストーリー解除用のマスもあります。マスの解放にはミッション報酬などで手に入る各種「指南書」およびガチャでキャラが被った際にもらえる各種「秘伝の書」を使用。中々根気のいる要素なので、全解放した暁にはスクショを撮ってドヤりましょう。




武器装備の要素もあり、キャラのカードごとに装備できる武器が変わります。武器は「ツキカゲ基地」にて初芽さんに作ってもらうことができ、作成にはレシピと素材が必要になってきます。武器作成時、最大で3個のスキルが付与されますが、ランダム要素が多いので、ここも根気が必要です。なお、レシピおよび素材は、ミッション等で手に入り、作成画面から獲得可能ミッションを確認することができます。



キャラは編成でペアにすることで「親密度」が上がっていき、Lvがあがるごとにステータスボーナスを発生させます。ここにも師弟の縛りはないので、自分の好きなカップリングを極めましょう(でも結局師弟にしちゃう…)。親密度は「ツキカゲ基地」から確認可能です。

基本的に、何かを確認したり、何かを作ろうと思ったときは、大体の場合「ツキカゲ基地」で済ませることになります。アニメと同じく足繁く通う場所になりそうです。

◆ガチャに滾る!



『リリフレ』も昨今のスマホゲームの例に漏れず「ガチャ」の要素があります。基本的には、いわゆる“ガチャ石”である「極スパイス」を250個使用して1回引くことができます。



ガチャ演出では、アニメ2話で、カトリーナさんが営むカレーショップ「wasabi」から「ツキカゲ」の基地にエレベーターで降下するシーンが再現されています。エレベーターのレバーが豪華だったりすると高レアリティが望めるので、滾ります!ちなみに、アニメでは現役を引退し「ツキカゲ」のサポートに回っていたカトリーナさんですが、『リリフレ』では敬愛する高坂信(八千代命の師匠)の復帰をキッカケに現役復帰を果たしています。

SSR

SR

R

ガチャから出るキャラにはSSR、SR、Rと3種類のレアリティが用意されており、被った際は、前述の「アビリティボード」に使う「秘伝書」等に自動で変換されます。SR以降は背景付きの一枚絵になっているので、好きなキャラのは全部集めたい…。




アニメの後日談、「凪の部隊」という新キャラ、悪の連合、カトリーナさんや信の復帰などの気になる要素が、リッチな演出のもと語られるということで、アニメ視聴済みの人間にとっては非常に楽しみな『リリフレ』。とはいえ、サイドストーリーでしっかり補完されているので、未視聴の方でもおそらく問題なくプレイ可能かと思います。もちろん、観ておくに越したことはありませんが。

心も体も滾らせつつ、配信を待ちたいと思います!

『RELEASE THE SPYCE secret fragrnce』は2019年2月12日配信予定。11日より各ストアにてダウンロードが可能になり、12日15時から正式サービスが開始される予定です。事前登録者数が11万人を超えたほか、2月9日からは「ツキカゲ」メンバーによる撮り下ろしカウントダウンボイスが公式Twitterにて公開されます。こちらもお楽しみに。



※ゲーム画面は開発中のものです。
すえなが

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【西日本編】

    落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【西日本編】

  2. 落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【東日本編】

    落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【東日本編】

  3. イラストが動き出すスマホアプリ「らくがきAR」が話題に―インサイドちゃんズで試してみた

    イラストが動き出すスマホアプリ「らくがきAR」が話題に―インサイドちゃんズで試してみた

  4. シリーズ10周年記念!『ビーナスイレブンびびっど!』キャラクター衣装デザインコンテストが開催決定―インサイドちゃんも審査員に

  5. 『FGO』あの世界観を伝える背景やマップはこうして作られた! ラフ案や制作過程に迫る5周年企画「潜入!『FGO』開発の舞台裏【美術編】」

  6. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  7. 『FGO』英霊紀行は交換分で我慢? それともフルコンプ? 5周年礼装の対応を募集!【読者アンケート】

  8. にじさんじの「英雄」「魔法使い」が沈黙を破る“異世界での過去”とは?―パズルRPG『エレスト』5周年インタビュー

  9. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  10. 【吉田輝和の絵日記】死者×コーヒー×メガネっ娘が織りなす3Dビジュアルノベル『ネクロバリスタ』

アクセスランキングをもっと見る