人生にゲームをプラスするメディア

『FGO』「★4 美遊」をガチで狙うマスターが“圧倒的多数”! 様子見やスルー派を大きく凌駕する結果に【アンケート】

様々な施策で注目を集め続けている、iOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。リアルイベントの開催や関連商品のリリースなど、その活躍の幅は留まるところを知りませんが、最も関心を集めるのはやはりゲーム内の展開でしょう。

その他 特集
『FGO』「★4 美遊」をガチで狙うマスターが“圧倒的多数”! 様子見やスルー派を大きく凌駕する結果に【アンケート】
  • 『FGO』「★4 美遊」をガチで狙うマスターが“圧倒的多数”! 様子見やスルー派を大きく凌駕する結果に【アンケート】
  • 『FGO』「★4 美遊」をガチで狙うマスターが“圧倒的多数”! 様子見やスルー派を大きく凌駕する結果に【アンケート】
  • 『FGO』「★4 美遊」をガチで狙うマスターが“圧倒的多数”! 様子見やスルー派を大きく凌駕する結果に【アンケート】
  • 『FGO』「★4 美遊」をガチで狙うマスターが“圧倒的多数”! 様子見やスルー派を大きく凌駕する結果に【アンケート】
  • 『FGO』「★4 美遊」をガチで狙うマスターが“圧倒的多数”! 様子見やスルー派を大きく凌駕する結果に【アンケート】
  • 『FGO』「★4 美遊」をガチで狙うマスターが“圧倒的多数”! 様子見やスルー派を大きく凌駕する結果に【アンケート】
  • 『FGO』「★4 美遊」をガチで狙うマスターが“圧倒的多数”! 様子見やスルー派を大きく凌駕する結果に【アンケート】

様々な施策で注目を集め続けている、iOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。リアルイベントの開催や関連商品のリリースなど、その活躍の幅は留まるところを知りませんが、最も関心を集めるのはやはりゲーム内の展開でしょう。

定評のあるメインシナリオや、季節に合わせた期間限定イベントなど、定期的に新たな刺激を提供すると共に、多彩なサーヴァントたちが盛り上げに華を添えます。また、TYPE-MOON関連作品とコラボレーションするイベントも複数行われており、いずれも多くのユーザーが参加しました。


2018年からは、コラボイベントの復刻も開始され、当時遊べなかったユーザーにも体験するチャンスが到来。昨年だけでも2つのコラボイベントが復刻し、好評を博しました。そして2019年1月23日より、コラボイベントの復刻第三弾となる「復刻版:魔法少女紀行 ~プリズマ・コーズ~ -Re-install-」が幕開けしました。

このコラボイベントでは、オリジナル版と同様に「★4 クロエ・フォン・アインツベルン」を加入させることが可能。未体験の方は、メインクエストを進めて彼女を加入させましょう。すでに加入済みの方は、6騎目のクロエ加入と同時にレアプリズムが1個ずつもらえます。体験済みの方と新規ユーザー、いずれにとっても嬉しいイベントと言えそうです。


また、復刻版ながらも新たな要素も複数用意されており、新たなイベント限定概念礼装「パラドクス・エースキラー」や、「★5 イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」の霊衣開放権などが新たに追加。そして、期間限定の聖晶石召喚「復刻 魔法少女紀行 ~プリズマ・コーズ~ -Re-install-ピックアップ召喚(日替り)」にて、「★4 美遊・エーデルフェルト(キャスター)」が新たに登場します。

原作でも高い人気を持つ「美遊」が、サーヴァントとして『FGO』に参戦。この発表に喜んだ方も多いのでは。そこでインサイドでは、この「美遊」に対する読者の関心度をチェックするアンケートを実施しました。果たしてどれくらいの方々が、彼女を加入させるべくガチで挑むのか。気になる結果を、こちらでご覧ください。

◆第4位「今回はスルー」:24票 (10.9%)



今回最も少なかったのは、今回の召喚は見送るといった声でした。割合でいえば、全体の1割ほど。9割近いユーザーが、前向きな反応を示したと言えそうです。コラボレーション先である「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!」を知っているかどうかも、関心を持つか否かの分水嶺になったことでしょう。

来月は、バレンタイン関連の限定召喚が実施される可能性が高め。聖晶石を貯め込んでおきたい時期でもあります。また、推しサーヴァントがピックアップされる日を待ち続けている方も少なくありません。鋼の意志で今回の聖晶石召喚を見送る事情も、納得です。

◆第3位「スキルや使い勝手次第なので様子見」:30票 (13.6%)



アンケート開始時点では詳細こそ判明していなかったものの、宝具の映像からサポート系ではないかと噂されていました。キャスターと言えば、有能なサポート系サーヴァントがもっとも多いクラス。そのため、編成という限られた枠の中に自分を居場所を作れるのか、気になった方も一定数いた模様です。

様子見派の順位は3位となり、全体の13.6%を占める結果に。ちなみに「美遊」の性能は、大方の予想通りサポート系の宝具持ち。味方全体にNP供給+HPを回復する状態が3ターン持続します。また、スキルで味方単体のNPを増やすこともできるので、イリヤの宝具発動を後押しするといった役目も担えます。「美遊」は期間限定での登場となるので、加入させたい方は今回のタイミングをお見逃しなく。



「運試し」と「ガチ」、どちらが1位に・・・!?
《臥待 弦》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』マヤノトップガンのハイクオリティ過ぎるMMDモデルが話題沸騰―これがファンメイド!?過去作のゴルシやウオッカも凄まじい…

    『ウマ娘』マヤノトップガンのハイクオリティ過ぎるMMDモデルが話題沸騰―これがファンメイド!?過去作のゴルシやウオッカも凄まじい…

  2. 『ニーア リィンカネ』NieR年表、第4弾のリプライ欄は要覚悟!『レプリカント』西暦3470年に“あの計画”が破綻、大きな転換を迎える

  3. 「E3 2021 Awards」受賞作品ひとまとめ―世界最大級のゲーム見本市「E3」で今年最も注目された作品は?

  4. BNWの描き下ろしイラストが眩しいぞ!アニメ雑誌「Purizm」最新号で20ページの『ウマ娘』大特集が掲載

  5. 「かつては私も皮付きだった」―あの“髭剃りシーン”も再現できる『Apex Legends』レヴナントのフィギュアが予約開始

  6. 『遊戯王OCG』7月1日適用の「制限改訂」が公開―ドランシア禁止により「十二獣」が痛手…VFDは許された

  7. 『VALORANT』の実力派インフルエンサーが集う「CRカップ」出場メンバー&チーム名まとめ―“初代王者”の栄誉と優勝賞金200万円を手にするのは…!?

アクセスランキングをもっと見る