人生にゲームをプラスするメディア

『スプラトゥーン2』いよいよドイツ行きのチームが決定!「Splat Japan Open Final」見所まとめ

『スプラトゥーン2』をさらに熱く盛り上げるため、海外のコミュニティと手を組んでオフライン開催されることになった「Platinum Cup 5th」。今回は、現地ドイツへの参加をかけ、熱い戦いが繰り広げられた計3回の予選の集大成である、本戦の様子をお届けいたします。

任天堂 Nintendo Switch
『スプラトゥーン2』いよいよドイツ行きのチームが決定!「Splat Japan Open Final」見所まとめ
  • 『スプラトゥーン2』いよいよドイツ行きのチームが決定!「Splat Japan Open Final」見所まとめ
『スプラトゥーン2』をさらに熱く盛り上げるため、海外のコミュニティと手を組んでオフライン開催されることになった「Platinum Cup 5th」。今回は、現地ドイツへの参加をかけ、熱い戦いが繰り広げられた計3回の予選の集大成である、本戦の様子をお届けいたします。


セカイと戦え! この冬ドイツで開催される海外交流戦「Platinum Cup 5th」への参加をかけた日本予選、「Splat Japan Open」が開催中!大会や配信において有名な強豪チームが参加するだけでなく、彼らと戦う楽しみ、そして本気のぶつかり合いで得られる経験は格別!

今回は、11月11日(日)に行われた「Splat Japan Open Final」の内容をお届けします。計3回に渡る予選が終了し、ついにドイツ行きの代表を決める本戦。トップチームによる頂上決戦を制してドイツ行きの切符を勝ち取ったのはどこになったのか、早速見ていきましょう!

実況:Oooda(成)
解説:コギお(忍ism)

【Winnersトーナメント決勝】


◆ Ster Kinderen vs 世界に轟け!旭農業高校 (3本先取)


SJOpenのDay1で優勝し、EMP鹿観察部を破った「Ster Kinderen」に対するは、Day2で決勝のわずか1敗のみで優勝した「世界に轟け!旭農業高校」。勝った方がWinnersトーナメント優勝でグランドファイナルに進出が決まる重要な試合です。

■ 1戦目:ガチアサリ−Bバスパーク



Ster Kinderen
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
メロン :バケットスロッシャーデコ(イカスフィア)
のりしお :カーボンローラーデコ(ロボットボムピッチャー)
かみ :H3リールガンD(インクアーマー)
Yumild :スプラスコープ(ハイパープレッサー)

世界に轟け!旭農業高校
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
ましゅー :クアッドホッパーホワイト(スーパーチャクチ)
shou :スプラマニューバベッチュー(イカスフィア)
あざとぅーす:パラシェルター(アメフラシ)
ちょみ :スプラスコープ(ハイパープレッサー)

1戦目は、Bバスパークのガチアサリ。中央広場周りに多く出現するアサリを集め、相手通路にスペシャルを使っていくことでアサリが入れやすくなるステージ。

○ 4:50
初動で中央タワーに入ったSter Kinderenの(のりしお選手、カーボンローラーデコ)が鮮やかな縦振り2連続で、2枚を倒す好プレーからスタート! 続くハイパープレッサーでもう1枚落とし、ガラ空きになったゴールで待ち受けるカーボンローラーに味方の(かみ選手、H3リールガンD)が到着。そのままゴールを割ります。ただ、残った(ましゅー選手、クアッドホッパー)が中央で2枚落とすことでアサリの供給を断ち切られカウントはストップ。

○ 4:10
攻めに転じる世界に轟け!旭農高(以下、旭農高)は、立て続けに(ましゅー選手、クアッドホッパーホワイト)(shou選手、スプラマニューバベッチュー)と続いて相手をなぎ倒し2人分の人数有利を獲得。相手通路にアメフラシを使ってゴールを割り、59カウントを叩きつけます。

○ 3:50
防衛したかと思ったSter Kinderen側に襲いかかるのは、ましゅー選手のクアッドホッパー。中衛後衛と続けざまに落とし、カバーされてしまったものの合計3枚を敵陣に抑えます。それに味方も呼応しリードを29カウントまで広げる旭農高。

○ 3:00
進軍の手が止まってしまったものの、スーパーチャクチで復帰したましゅー選手が1枚落とし、さらに相手2枚の注目を引き受けるビッグプレーでまた攻め手を作りだします。息つく暇を与えない旭農高が、この攻めによってカウント19の文字を大きく光らせます。

○ 1:30
Ster Kinderenのハイパープレッサーが入るものの、前線の味方が落とされていたため空振りに終わってしまい、その隙をついた旭農高ががら空きの相手通路を駆け上がり一気にシュート! 駄目押しの3カウントまで進めることに成功します!

○ 0:10
ガチアサリを持ったSter Kinderenは最後の望みをかけて相手通路を狙うものの、通路を突破する手段が足りず、ハイパープレッサーをかわし切った(あざとぅーす選手、パラシェルター)が攻撃を防ぎつつゴールを入れて試合終了!

相手にほぼ攻めのターンを渡さない波状攻撃の連続で、旭農高が初戦を取ります。

■ 2戦目:ガチホコバトル−ハコフグ倉庫(ステージ選択:Ster Kinderen)



Ster Kinderen
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
メロン :スプラマニューバコラボ(ジェットパック)
のりしお :カーボンローラーデコ(ロボットボムピッチャー)
かみ :H3リールガンD(インクアーマー)
Yumild :スプラスコープ(ハイパープレッサー)

世界に轟け!旭農業高校
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
ましゅー :クアッドホッパーホワイト(スーパーチャクチ)
shou :スプラマニューバコラボ(ジェットパック)
あざとぅーす:パラシェルター(アメフラシ)
ちょみ :スプラスコープ(ハイパープレッサー)

2戦目はハコフグ倉庫のガチホコバトル。ホコを持ったタイミングで相手の高台に対してプレッシャーをかけることがカウントを取るために大切なステージ。

○ 4:50
初動ホコ割りから相手を落としていったのはSter Kinderen。ただ、旭農高も反撃し、最初にホコを持ちます。しかし、ハイパープレッサーと一緒になかなかホコを進めることが出来ず、詰められてしまいホコを落とされてしまう。

○ 4:00
中央を取り返したいSter Kinderenだが、旭農高に囲まれて連続で3枚落とされてしまいます。残った(かみ選手、H3リールガンD)がしっかり引いて守ったものの、旭農高はその隙に歩を大きく進め28カウントを獲得。

○ 3:20
カウントを許しながらもなんとか防衛したSter Kinderenはハイパープレッサーと合わせてのりしお選手を一気に右高台にプッシュすることに成功。そのまま2枚落とし、ホコを狙いに来た残った敵をジェットパックで対応! リスポーン前で待ち受けるのりしお選手を突破すること叶わず、そのままSter Kinderenがタッチダウン!

防衛から一気にチャンスを掴んだSter Kinderenが1−1に戻します。

■ 3戦目:ガチエリア−ショッツル鉱山(ステージ選択:世界に轟け!旭農業高校)



Ster Kinderen
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
メロン :スプラマニューバコラボ(ジェットパック)
のりしお :カーボンローラーデコ(ロボットボムピッチャー)
かみ :H3リールガンD(インクアーマー)
Yumild :スプラスコープ(ハイパープレッサー)

世界に轟け!旭農業高校
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
ましゅー :クアッドホッパーホワイト(スーパーチャクチ)
shou :スプラマニューバコラボ(ジェットパック)
あざとぅーす:キャンピングシェルター(バブルランチャー)
ちょみ :スプラスコープ(ハイパープレッサー)

タイに戻された旭農高が選んだのは、ショッツル鉱山のガチエリア。相手側のベルトコンベアを制圧してから相手広場まで詰めていく動きがカウントに繋がります。

○ 4:50
初動からまさかの相手広場に詰め寄るましゅー選手。ただSter Kinderenは残りの相手を倒すことに成功。ただ、スーパーチャクチを使いながら生存するましゅー選手に時間を稼がれ、カウントが思うように進まぬまま相手の復帰が間に合ってしまう。

○ 3:30
エリア周りに集中したいSter Kinderenだが、自陣の左広場にキャンピングシェルターとマニューバが常に居座り、なかなか一点に攻撃を絞り切れない。なんとか左広場の敵から対処することができたものの、旭農高からハイパープレッサーを絡められて3枚落とされてしまい、旭農高は38カウントまで急進します。

○ 0:40
長く続いた均衡状態からチャンスを掴んだのはSter Kinderen。のりしお選手の果敢な攻めが相手のチャージャーに届き、味方と合わせて一気に3人を落とします!スペシャルも次第にたまる展開で、このままカウントリードまでいくかと思いきや、自陣の広場に残っていたのは(あざとぅーす選手、キャンピングシェルター)。そこにましゅー選手が復帰してあざとぅーす選手とバトンタッチ、リスポーンから来る3枚と相手を挟んで生存するましゅー選手に時間を稼がれ、そのまま試合終了!

旭農高側のクレバーな作戦とましゅー選手の生存能力が旭農高の窮地を救い、リーチをかけました。

■ 4戦目:ガチヤグラ−海女美術大学(ステージ選択:Ster Kinderen)



Ster Kinderen
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
メロン :スプラマニューバコラボ(ジェットパック)
のりしお :カーボンローラーデコ(ロボットボムピッチャー)
かみ :H3リールガンD(インクアーマー)
Yumild :スプラスコープ(ハイパープレッサー)

世界に轟け!旭農業高校
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
ましゅー :クアッドホッパーブラック(ロボットボムピッチャー)
shou :スプラマニューバベッチュー(イカスフィア)
あざとぅーす:パラシェルター(アメフラシ)
ちょみ :スプラスコープ(ハイパープレッサー)

追い詰められたSter Kinderenが選んだのは、海女美術大学のガチヤグラ。相手の高台にヤグラが侵入する際に、先んじて相手の高台にプレッシャーをかけていくことが大切になる、ヤグラを進めるのが難しいステージです。

○ 4:50
初手速攻で詰めてくるマニューバに対して引いて受けたSter Kinderenが人数有利を獲得。高台に入るジェットパックに合わせて、そこにのりしお選手が侵入。1枚交換になるものの、旭農高はたまらずハイパープレッサーでカウンター。

○ 3:30
人数有利を取り、高台に入るためのスペシャルも揃った旭農高だが、マニューバの孤立を丁寧に狩られてしまい惜しくもチャンスにはつながらず。逆に人数有利を手にしたSter Kinderen側ののりしお選手が素早く相手高台に侵入。読み合いを制して、相手のパラシェルターのアメフラシを使わせずに倒すことに見事成功! 旭農高はそのまま高台に居座るのりしお選手に対応できず、望みをかけて撃ったハイパープレッサーもカウンターされてしまい、第2関門突破の38カウントをSter Kinderenが奪取!

○ 2:20
再びスペシャルと人数が揃い、相手の高台を目指す旭農高。ところがジェットパックの着地を狩られてしまい、アメフラシを通すもののいまいち歯車が噛み合わない。その隙にSter Kinderenの前線が侵入! そのまま暴れ、さらにカウントを32まで押し進めます。

○ 0:30
最後のチャンスを掴んだ旭農高。アメフラシとハイパープレッサーを合わせて高台に侵攻を仕掛けます。2枚落とすことに成功するものの、Yumild選手のためていたハイパープレッサーが旭農高を一網打尽に刈り取ります。あと一歩のところでチャンスを掴めず、Ster Kinderenが粘り勝ち。

■ 5戦目:ガチホコバトル−エンガワ河川敷(ステージ選択:世界に轟け!旭農業高校)



Ster Kinderen
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
メロン :スプラマニューバコラボ(ジェットパック)
のりしお :カーボンローラーデコ(ロボットボムピッチャー)
かみ :H3リールガンD(インクアーマー)
Yumild :スプラスコープ(ハイパープレッサー)

世界に轟け!旭農業高校
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
ましゅー :クアッドホッパーブラック(スーパーチャクチ)
shou :スプラマニューバベッチュー(イカスフィア)
あざとぅーす:パラシェルターソレーラ(スプラッシュボムピッチャー)
ちょみ :スプラスコープ(ハイパープレッサー)

最後のピック、迷った末に旭農高が選んだのはガチホコバトルのエンガワ河川敷。平面の多いステージでマニューバを活かし、カーボンに仕事をさせないのが狙いか。

○ 4:50
ホコの割り合いの後、広場に移動したメロン選手に対面を仕掛けるましゅー選手。ただ、かみ選手の素早いカバーでこれを撃破。それにつられて飛び出してしまったshou選手も撃破することができ、初動から一気にチャンスになるSter Kinderen!

のりしお選手もここが勝負所とチャージャーに詰め寄り、倒すことに成功。そのまま人数の波で相手ゴールに押し寄せるSter Kinderen。なんとかましゅー選手がホコを食い止めはするが、爆発した前線を止められず、わずか40秒でSter Kinderenがタッチダウンフィニッシュ!

Ster Kinderenが得意とするホコルールで、グランドファイナルへ一足先に歩を進めます。敗北してしまった旭農業高校はLosersトーナメントに落とされ、再起を狙う形に。

【Losersトーナメント 決勝】


◆ 世界に轟け!旭農業高校 vs GoGoエレーズ


あと一歩及ばずSter Kinderenに敗北した「世界に轟け!旭農業高校」にぶつかるのは、1回戦で負けたEMP鹿観察部をLoserトーナメントでリベンジし撃破して上がってきた「GoGoエレーズ」。 破壊力のある速攻が得意なチームにどう対処するのか。

■ 1戦目:ガチアサリ−Bバスパーク



世界に轟け!旭農業高校
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
ましゅー :クアッドホッパー(スーパーチャクチ)
shou :スプラマニューバベッチュー(イカスフィア)
あざとぅーす:パラシェルター(アメフラシ)
ちょみ :スプラスコープコラボ(キューバンボムピッチャー)

GoGoエレーズ
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
tyori  :キャンピングシェルター(バブルランチャー)
ひまわり :パラシェルター(アメフラシ)
りうくん :クーゲルシュライバー(ジェットパック)
かげやま :スプラマニューバコラボ(ジェットパック)

1戦目はBバスパークのガチアサリ。 中央広場付近に出現するアサリを集め、相手通路を制圧するスペシャルを使えるとアサリを入れることが簡単になります。

○ 4:50
初動人数有利を取ったGoGoエレーズ側(以下エレーズ)が相手ゴールにスペシャルを使って攻め入る狙いを見せるも、復帰した旭農高の前線が未然に処理。逆に3枚を一気に落とします。

○ 4:00
通路側を塞ぐキャンピングシェルターと対面するあざとぅーす選手。アメフラシを使って突破を試みるが、キャンピングシェルターの稼いだ時間にパラシェルターのひまわり選手が裏から到着。こちらも相手の攻めを許しません。

スペシャルを使わずに打開に成功したエレーズ側は、相手のゴール前でアメフラシとジェットパックを使った猛攻を敢行。詰めてくる相手を立て続けに落とすことに成功したエレーズは、20カウントまで大進撃!

○ 1:40
1度中央からの攻めに失敗した旭農高ですが、中央を取り返しに来るエレーズ側を3枚落とし、チャンスを繋げます。相手ゴールを割り、キューバンボムピッチャーで塗りを広げて前線が活躍する場所を作ろうとしますが、使用中に落とされてしまい大量得点には至らず。

○ 0:40
攻めの手を終えた旭農高、先ほど最初に落とされたちょみ選手がガチアサリを既に作っており、両チームがガチアサリを持ち合う状況。ましゅー選手とちょみ選手はここが勝負所と、自通路に入ってくる3枚の相手を無視して相手通路を攻め上がる。相手マニューバをリスに返した結果、目の前に見えるのは相手ゴールのみ!

すかさず相手ゴールを割って、味方を即座に呼び込む旭農高。焦って戻ってくる3枚の相手のうち、2枚をちょみ選手がゴール付近で仕留める! 攻め込むために持っていたアサリをばら撒いてしまい、アサリが散らばる無人のエレーズ側ゴール。なんと旭農高がワンチャンスを掴んでそのまま大逆転フィニッシュを決めました!

■ 2戦目:ガチホコバトル−モズク農園(ステージ選択:GoGoエレーズ)



世界に轟け!旭農業高校
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
ましゅー :クアッドホッパー(スーパーチャクチ)
shou :スプラマニューバコラボ(ジェットパック)
あざとぅーす:パラシェルター(アメフラシ)
ちょみ :スプラスコープ(ハイパープレッサー)

GoGoエレーズ
選手名 :使用武器(スペシャルウェポン)
tyori  :キャンピングシェルター(バブルランチャー)
ひまわり :パラシェルター(アメフラシ)
りうくん :クーゲルシュライバー(ジェットパック)
かげやま :スプラマニューバコラボ(ジェットパック)

2戦目はGoGoエレーズが選んだモズク農園のガチホコバトル。クーゲルシュライバーの機動力とキャンピングシェルターの押し込みが上手くはまれば大量カウントを見込めるという狙いか。

○ 4:50
初動から得意の金網上から相手を落とし、人数有利を作ったエレーズ、ハイパープレッサーに防衛されるが、再度取った人数有利からまたもチャレンジ。しかし、ホコを持ったtyori選手の前に到着する選手はおらず、維持している間にまたしても相手のハイパープレッサーが間に合ってしまう。

○ 3:30
一旦防衛に成功した旭農高はホコを相手陣地に持って行こうとするが、中央を抑えているエレーズ側が安定した防衛を見せます。またしてもエレーズ側のチャンスになるかと思ったところで、クアッドホッパーを持つましゅー選手が信じられないミラクルプレー! なんと1人で塗り状況が悪い中にも関わらず、4枚連続でなぎ倒し、ホコが進んで34カウントを獲得。

○ 1:30
食らいつきたいエレーズは、ホコをカウンタールートから相手陣地に運ぶものの、相手のマニューバを中心に連携を崩されてしまう。試合終了間際にクーゲルシュライバーのりうくん選手がチャンスメイクをするものの、抜け目のない旭農高に止められゲームセット!

エレーズは好ゲームを見せましたが、Losers決勝を制しグランドファイナルへの出場権を得たのは旭農高に決まりました。

次のページ:いよいよグランドファイナル!
《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. バーチャル農業ブーム到来!人気VTuberによる『天穂のサクナヒメ』実況配信の見所をご紹介

    バーチャル農業ブーム到来!人気VTuberによる『天穂のサクナヒメ』実況配信の見所をご紹介

  2. 『あつまれ どうぶつの森』今月で虫/魚はコンプリート可能! 海の幸にも初登場ありな「12月の新生物一覧」をお届け

    『あつまれ どうぶつの森』今月で虫/魚はコンプリート可能! 海の幸にも初登場ありな「12月の新生物一覧」をお届け

  3. 『あつまれ どうぶつの森』12月になって何が変わった? 北半球の冬の訪れを8項目でチェック!

    『あつまれ どうぶつの森』12月になって何が変わった? 北半球の冬の訪れを8項目でチェック!

  4. 食べるとおいしい?『あつまれ どうぶつの森』で釣れる「ブルーギル」ってどんな魚?【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  5. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  6. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  7. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  8. 『スプラトゥーン』はついに5周年! じゃあ『スプラトゥーン3』はどうなる? 予想・願望を書き連ねてみた

  9. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  10. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

アクセスランキングをもっと見る