人生にゲームをプラスするメディア

ディライトワークス初のオリジナルボードゲーム『The Last Brave』&『CHAIN somnia』発表会レポ─カナイセイジ氏が太鼓判!

2018年11月12日(月)、ディライトワークス特設会場にてゲームデザイナー・カナイセイジ氏とディライトワークスが共同で開発したオリジナルボードゲーム『The Last Brave』と『CHAIN somnia ~アクマの城と子どもたち~』の発表会が行われました。

その他 フォトレポート
ディライトワークス初のオリジナルボードゲーム『The Last Brave』&『CHAIN somnia』発表会レポ─カナイセイジ氏が太鼓判!
  • ディライトワークス初のオリジナルボードゲーム『The Last Brave』&『CHAIN somnia』発表会レポ─カナイセイジ氏が太鼓判!
  • ディライトワークス初のオリジナルボードゲーム『The Last Brave』&『CHAIN somnia』発表会レポ─カナイセイジ氏が太鼓判!
  • ディライトワークス初のオリジナルボードゲーム『The Last Brave』&『CHAIN somnia』発表会レポ─カナイセイジ氏が太鼓判!
  • ディライトワークス初のオリジナルボードゲーム『The Last Brave』&『CHAIN somnia』発表会レポ─カナイセイジ氏が太鼓判!
  • ディライトワークス初のオリジナルボードゲーム『The Last Brave』&『CHAIN somnia』発表会レポ─カナイセイジ氏が太鼓判!
  • ディライトワークス初のオリジナルボードゲーム『The Last Brave』&『CHAIN somnia』発表会レポ─カナイセイジ氏が太鼓判!
  • ディライトワークス初のオリジナルボードゲーム『The Last Brave』&『CHAIN somnia』発表会レポ─カナイセイジ氏が太鼓判!
  • ディライトワークス初のオリジナルボードゲーム『The Last Brave』&『CHAIN somnia』発表会レポ─カナイセイジ氏が太鼓判!
2018年11月12日(月)、ディライトワークス特設会場にてゲームデザイナー・カナイセイジ氏とディライトワークスが共同で開発したオリジナルボードゲーム『The Last Brave』と『CHAIN somnia ~アクマの城と子どもたち~』の発表会が行われました。

本ボードゲームは2018年11月24日(土)から11月25日(日)に東京ビッグサイトで開催される「ゲームマーケット2018秋」にて先行発売される予定。会場にはカナイセイジ氏とクリエイティブオフィサーの塩川洋介氏が登壇し、先行発売に先駆けてゲームの内容や開発の経緯などが語られました。

左からカナイセイジ氏、塩川洋介氏

ディライトワークスがボードゲーム制作を始めた理由とは?


発表会ではまず、塩川氏よりディライトワークスがボードゲームを手掛ける理由についてコメント。日本最大のボードゲーム即売会「ゲームマーケット」の来場者数が約18年間で400人から20,000人に増え、ボードゲームプレイスペースも全国で300軒以上に急成長しているなど、需要が高まっていることを説明します。




ボードゲームの爆発的な人気の理由について、塩川氏はゲームの“多様性”にあると分析。カードや駒・マップの組み合わせで毎年様々なゲームが誕生しており、ゲームジャンルの制約が少ないこともポイントにあると続けます。

さらに、塩川氏は面白いゲームを生み出す本質はボードゲームにあるという持論を展開。ボードゲームから得られる柔軟な発想を、ゆくゆくはデジタルゲームの開発に活かしていきたいと力説しました。

実際に社内に開設したボードゲームカフェには、260種類以上のボードゲームが用意されており、月に1回のペースでイベントを開催するなど、その本気度が伺えます。



白熱した読み合いが楽しめる『The Last Brave』


続いてカナイセイジ氏が登壇し、いよいよ新作タイトルの発表がスタート。取材陣の期待が高まる中、最初にカードゲーム『The Last Brave』が発表されます。

本作はプレイヤーが職種・属性・武器の3つで構成された勇士(キャラクター)を操作して他のプレイヤーと戦い、最後まで勝ち残ったプレイヤーが勝利するというゲーム。





プレイヤーは相手から攻撃を受けると、自分が持っているカードを公開しなくてはいけません。カードを公開するたびにキャラクターは新しい特性を獲得し、パワーアップすることが可能です。



相手がどんな特性を持つキャラクターなのか、ダメージを与えるたびに少しずつ明らかに。自らの正体を隠匿しつつ、タイミングによっては特性を獲得するためにカードを暴露するといった、スリリングな駆け引きが楽しめます。


カードの種類は大きく分けて、プレイヤー・職種・属性・武器の4つ。1種類につき7枚の異なる効果を持つカードが用意されており、キャラクターの組み合わせはなんと2,401通り!

ただし、実際に使用するカードは28枚と少ないため、ある程度カードの予測ができるような設定に。ゲームの後半になるにつれ情報が多くなり、読み合いが白熱していきます。


キャラクターの組み合わせが2,401通りとランダム性が高く、プレイ時間も10分と短いため「次はどんな戦いになるんだ……?」と繰り返し遊んでしまうこと間違いなし! チーム戦など追加ルールも用意されているため、何度も楽しむことができそうです。

カナイ氏は職種(クラス)が7つ用意されていることや正体が判明すると必殺技が使えるなどの設定を挙げ、『Fate/Grand Order』を意識した作品になっているともコメント。さらに、自らが『FGO』の大ファンであることも打ち明けました。

協力型脱出ゲーム『CHAIN somnia 』には複数のエンディングが用意!


続いて発表されたのは、協力型脱出ゲーム『CHAIN somnia ~アクマの城と子どもたち~』。本作は“ゲームの面白さの本質を探りたい”という思いから、ディライトワークスの新入社員が企画・開発を担当。監修をカナイセイジ氏とボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE」代表の白坂翔氏が務めます。




プレイヤーは、アクマの城に連れ去られた子どもという設定。他のプレイヤーと協力して探索を続け、城からの脱出を目指します。キャラクターはそれぞれ異なる能力値とスキルがあり、回復役や探索役など、様々な役割を持ちます。



アクマたちはキャラクターが城から逃げられないように“クサリゲージ”を与えます。クサリゲージが下部にあるトリカゴに達してしまうと、子どもたちの精神は限界に! クサリゲージの回復や受け渡し、アイテムを使うなどしてプレイヤー同士で助け合い、協力して脱出する必要があります。


手番が一周、もしくは新しい部屋への探索を行うたびに、プレイヤーは「イベントカード」を引かなければなりません。イベントカードには様々な種類があり、中には「悪夢カード」と呼ばれ、部屋の移動を制限する効果のあるものも。イベントカードを一度に引く枚数を増やすカードもあるため、効率的でスピーディーな攻略が要求されます。



本ゲームの特徴のひとつが、エンディングが複数用意されているという点。たとえクリア条件を満たしていても、時間がかかり過ぎてしまったり仲間を見捨てるようなプレイをしてしまうと、悲惨な結末を迎えることになるかも……?


アクマが子どもたちに恐怖を与える演出について、製作スタッフのリーダーである青山奨氏はEjin研究所・義勇師団の『ハコオンナ』を参考にしたとコメント。キャラクターのイラストやプロフィールについても述べ、TRPG要素も楽しんで欲しいと続けました。

カナイ氏は「ルールを変更した際に、一気につまらなくなったことも多々ありました」と制作時の苦労を語ったうえで、「最終的には素晴らしいゲームになったので、期待して頂ければと思います!」と太鼓判を押します。

「良いゲームになったのはカナイさんのおかげです!」という青山氏のまっすぐな言葉に、カナイ氏が照れたように笑顔を見せる場面もありました。


2つの新作ボードゲームは2018年11月24日(土)から11月25日(日)に東京ビッグサイトで開催される「ゲームマーケット2018秋」にて先行発売される予定。『The Last Brave』は、ゲーム中に使用できるステッカーも配布されます。




また、『The Last Brave』は12月13日に全国の取扱店で発売決定。さらに、発売に先駆け先行試遊が11月14日~11月21日までJELLY JELLY CAFE4店舗(渋谷店、池袋2号店、名古屋大須店、福岡天神店)にて開催されます。



最後に、塩川氏は新設された6つの制作部について言及。スタジオ名を「DELiGHTWORKS SWALLOWTAIL Studios」(略称:DSS)とし、スタジオヘッドを塩川氏が務めます。塩川氏は、ゲームジャンルやプラットフォームを問わず、これからも新しいことにチャレンジしていきたいと意気込みを語りました。





熱い駆け引きが楽しめる『The Last Brave』と、プレイヤー同士で協力しながらクリアを目指す『CHAIN somnia ~アクマの城と子どもたち~』。発売に先駆け先行試遊も行われるので、興味のある方はぜひJELLY JELLY CAFEにも足を運んでみてくださいね!
《島中一郎》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. フォロワー数110万!中国プロコスプレイヤー夏美の圧倒的な“美の顕現”【インタビュー】

    フォロワー数110万!中国プロコスプレイヤー夏美の圧倒的な“美の顕現”【インタビュー】

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. 「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る