人生にゲームをプラスするメディア

「『FGO』あなたが予想する「神秘の国のONILAND!!」配布サーヴァントのクラスは?」結果発表─1位は4割越えの圧倒的支持! 【アンケート】

「あなたが予想する『神秘の国のONILAND!!』配布サーヴァントのクラスは?」というお題でアンケートを実施しました。その結果発表です。

その他 特集
「『FGO』あなたが予想する「神秘の国のONILAND!!」配布サーヴァントのクラスは?」結果発表─1位は4割越えの圧倒的支持! 【アンケート】
  • 「『FGO』あなたが予想する「神秘の国のONILAND!!」配布サーヴァントのクラスは?」結果発表─1位は4割越えの圧倒的支持! 【アンケート】
  • 「『FGO』あなたが予想する「神秘の国のONILAND!!」配布サーヴァントのクラスは?」結果発表─1位は4割越えの圧倒的支持! 【アンケート】
  • 「『FGO』あなたが予想する「神秘の国のONILAND!!」配布サーヴァントのクラスは?」結果発表─1位は4割越えの圧倒的支持! 【アンケート】
  • 「『FGO』あなたが予想する「神秘の国のONILAND!!」配布サーヴァントのクラスは?」結果発表─1位は4割越えの圧倒的支持! 【アンケート】
  • 「『FGO』あなたが予想する「神秘の国のONILAND!!」配布サーヴァントのクラスは?」結果発表─1位は4割越えの圧倒的支持! 【アンケート】
  • 「『FGO』あなたが予想する「神秘の国のONILAND!!」配布サーヴァントのクラスは?」結果発表─1位は4割越えの圧倒的支持! 【アンケート】
  • 「『FGO』あなたが予想する「神秘の国のONILAND!!」配布サーヴァントのクラスは?」結果発表─1位は4割越えの圧倒的支持! 【アンケート】
  • 「『FGO』あなたが予想する「神秘の国のONILAND!!」配布サーヴァントのクラスは?」結果発表─1位は4割越えの圧倒的支持! 【アンケート】

iOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』(以下、FGO)では、メインストーリーのみならず、期間限定のイベントなどが年間を通じて定期的に行われています。

夏ならば、サーヴァントたちが水着に着替えるだけでなく、霊基も変えクラスを変更して新たな装いを披露することも。またクリスマスには、特定のサーヴァントがサンタとなって星夜を彩る活躍を繰り広げてきました。

そしてこの時期、秋の定番イベントと言えばハロウィン。これまでは、エリザベート・バートリーが事件の発端となったり巻き込まれたりと、彼女を軸とした賑やかな展開が続きましたが、今年のハロウィンイベント「神秘の国のONILAND!! ~鬼の王とカムイの黄金~」は、これまでとは異なる雰囲気を感じさせています。


イベントの詳細はまだ明らかとなっていませんが、一足先に配布サーヴァントがお披露目。しかし、その外見は酒呑童子とよく似ているものの、名前やクラスはまだ伏せられており、その正体はまだ謎めいています。

現時点では、配布サーヴァントと酒呑童子が同一人物かどうかは定かではありませんし、推察する材料も少なすぎるので、新情報を待つしかありません。しかし、クラスについてはあれこれと推測する余地があります。そこで、 「あなたが予想する『神秘の国のONILAND!!』配布サーヴァントのクラスは?」というお題でアンケートを実施し、どのクラスと予想する声が最も多いのかを調査してみました。

今回の予想と実際のクラスが異なる可能性も充分ありますが、読者の予想(もしくは期待)がどのクラスに集まったのか、まずはその結果をチェックし、正式発表に備えておきましょう。

◆第8位「まさかのアサシン!」:7票 (2%)



今回の予想で最も低かったのは、アサシンでした。割合で言えば、全体の2%に留まっており、少数意見に留まったようです。『FGO』では、あるサーヴァントの別側面が、別のサーヴァントとして登場することも少なくありません。その一方で、別側面のサーヴァントは、クラスも異なる場合がほとんど。その点を踏まえて考えると、★5アサシンである酒呑童子が、今回の配布サーヴァントの別側面と捉えた方が多かったのかもしれません。

ちなみにアサシン枠の配布サーヴァントは、これまで2騎が登場していますが、その先陣を切ったスカサハ(アサシン)が入手できた最後の機会は昨年の7月。すでに1年以上が経過しているので、この1年ほどで始めたユーザーならば、戦力増強として全体攻撃の宝具持ちアサシンが来て欲しいと思っても不思議ではありません。予想としては最下位でしたが、正解はまだ明らかとなっていないので、希望はまだ残されています。

◆第7位「宝具でビームを撃ったのでアーチャー」:13票 (3.8%)


最下位は免れたものの、こちらもかなり低めだったのが、アーチャーという予想でした。割合で言えば、アサシン予想の倍近くありますが、それでも全体から見た割合は3.8%。かなり低めの意見と言えるでしょう。アーチャーの可能性としては、ステージイベントでお披露目された宝具映像にて、瓢箪からビームを放ったことが挙げられます。担いだ瓢箪から放たれた閃光は、まさに“射出”という表現に相応しい迫力でした。


得物としての弓を持っていないように見えますが、『FGO』には弓を持っていないアーチャーが多数いるので、その点は減点材料とは言えません。しかしその一方で、アーチャー以外でもビームを放つサーヴァントも少なくないため、決定的な決め手とも言い難いのが残念なところ。この微妙な塩梅が、票数が伸びなかった一因かもしれません。ちなみに配布されたアーチャーは、全体攻撃宝具持ちが1騎、単体攻撃宝具持ちが2騎と、まずまずの布陣が揃っています。

「鬼」だからあのクラス? それとも瓢箪がクラス推測の鍵?
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』キャスター/ニトクリスがねんどろいど化!―公式ストア予約特典は「メジェドさま フケイ デアルゾVer.」

    『FGO』キャスター/ニトクリスがねんどろいど化!―公式ストア予約特典は「メジェドさま フケイ デアルゾVer.」

  2. 【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

    【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

  3. ポケモンカード「タッグボルト」12月7日発売!史上最強のピカチュウとイーブイが登場

    ポケモンカード「タッグボルト」12月7日発売!史上最強のピカチュウとイーブイが登場

  4. マクロミル、「eスポーツは日本で浸透するのか?」調査結果を発表─ゲームのプレイ率は75%。種類は「スマホゲーム」がダントツ

  5. アニメ化してほしいゲームは?【家庭用編】3位「ゼルダの伝説」、2位「英伝 閃の軌跡」トップは…

  6. 【今日のゲーム用語】「補正切り」とは ─ 対戦格闘ゲームにおける、上級者向けのテクニック

  7. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

  8. 【コスプレ】「ホココス2018秋」美女レイヤーまとめ 人気キャラがホコ天を彩る【写真122枚】

  9. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

アクセスランキングをもっと見る