人生にゲームをプラスするメディア

タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

タイトーはTastemakers,LLC.が製造する小型アーケード筐体『ARCADE1UP』の輸入販売を開始し、9月20日~23日まで幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2018」において実機展示・試遊を行うことを発表しました。

その他 アーケード
タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!
  • タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!
  • タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!
  • タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!
  • タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!
  • タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!
  • タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!
  • タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!
  • タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

タイトーはTastemakers,LLC.が製造する小型アーケード筐体『ARCADE1UP』の輸入販売を開始し、9月20日~23日まで幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2018」において実機展示・試遊を行うことを発表しました。ブースは2-N06です。


『ARCADE1UP』は当時のアーケード筐体の3/4スケールで再現した家庭用のゲーム筐体(コインシューターなどはありません)で、組み立てキットとして発売します。大きさはW483mm×H1163mm×D584mm、筐体重量は約20kgです。日本向けのACアダプターが付属します。

第1弾ラインナップとして、『スペースインベーダー』(モノクロ・カラーが選択可能)、『パックマン・パックマンプラス』、『ギャラガ・ギャラクシアン』の3タイトルを発表しました。いずれのタイトルも海外版のゲームをベースにしています。タイトルラインナップは今後も登場予定です。



『ARCADE1UP』は各58,000円(税別)で12月20日発売予定。現在Amazonで特別価格(税込53892円)での予約を受け付けています。東京ゲームショウでは試遊された人を対象にアンケートを実施、粗品を進呈するほか、20日の東京ゲームショウ開幕からスタートするリツイートキャンペーンでは『ARCADE1UP スペースインベーダー』が1名に当たります。


また、タイトー物販ブース(9-E32)ではスペースインベーダーなどのタイトー作品をモチーフにした新規商品の数々や、夏のイベントなどで発売した商品を発売します。



さらに、タイトーサウンドチーム“ZUNTATA”が10年ぶりに東京ゲームショウでライブを行います。参加メンバーは下田祐、MASAKI、石川勝久の3名。会場は『ダライアス』などタイトーのクラシックゲーム『アーケードアーカイブス』をリリースするハムスターブース(7-C03)、日時は22日(土曜日)12:00/23日(日曜日)16:00となっています。

(C) TAITO CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
(C) BANDAI NAMCO Enterteinment Inc.
《岩井省吾》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ジョジョの奇妙な冒険ラストサバイバー』「DIO」「東方仗助 」「ジョルノ」ら5名が参戦決定─第3弾PVを公開!

  2. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  3. え、それ飲むの!?『バイオハザード』おなじみの救急スプレー型サーモボトル発売

アクセスランキングをもっと見る

1