人生にゲームをプラスするメディア

アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!

アークシステムワークスは幕張メッセて開催される「東京ゲームショウ2018」に関して、出展情報と特設サイトを公開しました。国内では初の試遊となる『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』は新キャラクターを世界最速でプレイ可能です。

ゲームビジネス その他
アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!
  • アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!
  • アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!
  • アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!
  • アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!
  • アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!
  • アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!
  • アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!

アークシステムワークスは幕張メッセて開催される「東京ゲームショウ2018」に関して、出展情報と特設サイトを公開しました。

【アークシステムワークス「東京ゲームショウ 2018」特設サイト】
https://www.arcsystemworks.jp/official/event/tgs2018info.html

国内では初の試遊となる『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』では既に公開済の「纏流子」「鬼龍院皐月」に加え、新キャラクターを世界最速でプレイ可能。そのほか新作4タイトルの試遊台が展示されます。

さらに、ブース内特設ステージにて公開イベントの開催も決定致しました。詳細については今後発表される予定です。

来場ノベルティ

試遊記念ノベルティ

■試遊出展タイトル



「キルラキル ザ・ゲーム -異布-」
ジャンル:キルラキル耐繊アクション
プラットフォーム:PlayStation4/Steam
発売予定日:2019年
公式サイト:http://www.kill-la-kill-game.jp/

「纏流子」「鬼龍院皐月」のほか、 新たに2 キャラクターの試遊が可能!
キャラクターの詳細は続報をお待ち下さい。


「ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ」
ジャンル:推理アドベンチャー
プラットフォーム:PlayStation4/NintendoSwitch/Steam
発売予定日:2018年
公式サイト:https://www.arcsystemworks.jp/jinguji/daedalus/

「探偵 神宮寺三郎」新章がついに始動。本作のチュートリアル部分となる、「第0章」を体験することができます!


「The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島 -」
ジャンル:アクションアドベンチャー
プラットフォーム:PlayStation4/Nintendo Switch(DL)/Xbox One(DL)/Steam
発売予定日:2018年
公式サイト:https://www.arcsystemworks.jp/missing/

White Owls×アークシステムワークスが 送るアクションアドベンチャー。
独特な 世界観で描かれる苦痛と再生の物語が、イベント特別体験版で試遊できます!


「くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション」
ジャンル:ケンカアクション・スポーツ
プラットフォーム:PlayStation4/Nintendo Switch/Steam/Xbox One(DL)
発売予定日:2018 年
公式サイト:http://kuniokun.jp/the_world/

歴代シリーズタイトルがオンライン対戦に対応!
ファン必携のラインナップをいち早く試遊できます!



アークシステムワークスブースは「8ホール 8-N09」にて出展予定です。
《histrica_alice》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  2. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  3. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

    女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  4. 【CEDEC 2010】ゲーム開発を民主化する「Unity」日本市場にも注目

  5. 【DEVELOPER'S TALK】世界観も開発体制も一新!『ソウルキャリバーV』世界一の武器格闘ゲームであり続けるための挑戦

  6. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  7. 【CEDEC 2012】バイノーラルによる3Dサウンド制作 ― 「楽しい音」を作るには

  8. 「クール・ジャパン」推進に500億円 税金でクールな文化は作れるのか?

  9. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  10. 【特集】空間把握能力は『マイクラ』で鍛えろ!宝塚大学 東京メディア芸術学部で学ぶゲーム製作、キャンパス内には開発会社が

アクセスランキングをもっと見る