人生にゲームをプラスするメディア

セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の差し止めを求める提訴を発表―『艦これアーケード』の著作権侵害など

セガ・インタラクティブ、およびC2プレパラートは、MorningTec Japanに対し、同社が運営するモバイルゲーム『アビス・ホライズン』日本国内での配信等の差止めを求める仮処分命令申立てを東京地方裁判所に対し行ったと発表しました。

その他 アーケード
セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の差し止めを求める提訴を発表―『艦これアーケード』の著作権侵害など
  • セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の差し止めを求める提訴を発表―『艦これアーケード』の著作権侵害など
  • セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の差し止めを求める提訴を発表―『艦これアーケード』の著作権侵害など
  • セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の差し止めを求める提訴を発表―『艦これアーケード』の著作権侵害など
  • セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の差し止めを求める提訴を発表―『艦これアーケード』の著作権侵害など
『アビス・ホライズン』

セガ・インタラクティブ、およびC2プレパラートは、MorningTec Japanに対し、同社が運営するモバイルゲーム『アビス・ホライズン』の、日本国内での配信等の差止めを求める仮処分命令申立てを東京地方裁判所に対し行ったと発表しました。

これは『アビス・ホライズン』の内容、当該ゲーム中の影像に係る表現等が『艦これアーケード』等に係る著作権の侵害及び不正競争防止法違反にに該当すると判断したためとのこと。

『艦これアーケード』

『艦これアーケード』

なお、MorningTec Japanは本件に対して、違法な点は無く今後の裁判手続を通じてその正当性を主張していくと、『アビス・ホライズン』公式Twitterアカウントにてコメントしています。


サービス開始当初よりユーザーなどにより『艦これアーケード』との類似性が指摘されていた『アビス・ホライズン』。今回の提訴の流れに注目が集まるところです。

(C)SEGA
(C)2018 DMM.com POWERCHORD STUDIO / C2 / KADOKAWA All Rights Reserved.
(C)2018 MorningTec Japan Inc.
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『FGO』12月のアップデートで利便性が向上! 『スプラトゥーン2』の「メイン性能アップ」に迫る特集にも注目集まる

    【週刊インサイド】『FGO』12月のアップデートで利便性が向上! 『スプラトゥーン2』の「メイン性能アップ」に迫る特集にも注目集まる

  2. 写真めっちゃ綺麗!『東方Project』が大好きな中国コスプレイヤー翠翠suiseikoの幻想的な世界観【インタビュー】

  3. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】「いつか使うかもしれない」と思いアイテムが捨てられない

  4. 『FGO』イベント新情報やオーケストラなど、「FGO冬祭り」から目が離せない!【ゲストトークステージまとめ】

  5. 「alive2018」にてVTuber魔王マグロナ様がご講演―“バ美肉”そのメリットはどこにあるのか

  6. 『FGO』マスター御用達なキャリーバッグが登場!デザインと機能性を両立で人理修復や空想切除が捗りそう

アクセスランキングをもっと見る