人生にゲームをプラスするメディア

セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の差し止めを求める提訴を発表―『艦これアーケード』の著作権侵害など

セガ・インタラクティブ、およびC2プレパラートは、MorningTec Japanに対し、同社が運営するモバイルゲーム『アビス・ホライズン』日本国内での配信等の差止めを求める仮処分命令申立てを東京地方裁判所に対し行ったと発表しました。

その他 アーケード
セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の差し止めを求める提訴を発表―『艦これアーケード』の著作権侵害など
  • セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の差し止めを求める提訴を発表―『艦これアーケード』の著作権侵害など
  • セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の差し止めを求める提訴を発表―『艦これアーケード』の著作権侵害など
  • セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の差し止めを求める提訴を発表―『艦これアーケード』の著作権侵害など
  • セガ・インタラクティブが『アビス・ホライズン』の差し止めを求める提訴を発表―『艦これアーケード』の著作権侵害など
『アビス・ホライズン』

セガ・インタラクティブ、およびC2プレパラートは、MorningTec Japanに対し、同社が運営するモバイルゲーム『アビス・ホライズン』の、日本国内での配信等の差止めを求める仮処分命令申立てを東京地方裁判所に対し行ったと発表しました。

これは『アビス・ホライズン』の内容、当該ゲーム中の影像に係る表現等が『艦これアーケード』等に係る著作権の侵害及び不正競争防止法違反にに該当すると判断したためとのこと。

『艦これアーケード』

『艦これアーケード』

なお、MorningTec Japanは本件に対して、違法な点は無く今後の裁判手続を通じてその正当性を主張していくと、『アビス・ホライズン』公式Twitterアカウントにてコメントしています。


サービス開始当初よりユーザーなどにより『艦これアーケード』との類似性が指摘されていた『アビス・ホライズン』。今回の提訴の流れに注目が集まるところです。

(C)SEGA
(C)2018 DMM.com POWERCHORD STUDIO / C2 / KADOKAWA All Rights Reserved.
(C)2018 MorningTec Japan Inc.
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

    ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

  2. 「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

    「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

  3. 開発中止になったHDリメイク版『シェンムー』の映像が海外メディアにて公開―ビジュアルの大幅改善が行われていた

    開発中止になったHDリメイク版『シェンムー』の映像が海外メディアにて公開―ビジュアルの大幅改善が行われていた

  4. 『ヒットマン2』PR大使マフィア梶田氏が編集部を襲撃!ガチで人生相談に乗ってもらった!

  5. ポケモンカード「GXウルトラシャイニー」11月2日発売─あの「テテフ」はもちろん、色違いGX「ジガルデ」&「レックウザ」も収録!

  6. アーケード『ソウルリバース』2019年2月下旬稼働終了─「皆さまに合わせる顔もなく、伏してお詫びを申し上げる次第」

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 「神秘的な美しさ」「本物みたい」『FGO』マリーからネロまで気品あふれる中国コスプレイヤー板醫生【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る