人生にゲームをプラスするメディア

アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

BakaFire Partyは、アナログゲーム『桜降る代に決闘を』の最新作となる『新幕 桜降る代に決闘を』を、5月5日・6日の2日間に渡って開催されるイベント「ゲームマーケット2018春』にて、先行販売を実施します。

その他 カードゲーム
アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠
  • アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠
  • アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠
  • アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠
  • アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠
  • アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠
  • アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠
  • アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠
  • アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

BakaFire Partyは、アナログゲーム『桜降る代に決闘を』の最新作となる『新幕 桜降る代に決闘を』を、5月5日・6日の2日間に渡って開催されるイベント「ゲームマーケット2018春』にて、先行販売を実施します。

自身で使用する2キャラクターの組み合わせを選び、相手の2キャラクターを確認してから実際に決闘に使用するデッキを組む「眼前構築型」カードゲーム『桜降る代に決闘を』。桜の花びらを模したトークン(ゲーム中で様々な用途に利用する資源)を用いて戦う「桜花決闘」で、プレイヤー同士による激しいバトルを楽しめるアナログゲームです。

そんな『桜降る代に決闘を』の新たな展開や、デジタル版に関する続報などがこのたび到着。『新幕』では新たなメガミも登場するので、どうぞお見逃しなく。

◆『桜降る代に決闘を』は『新幕』へ


2人用対戦型 決闘ボードゲーム『桜降る代に決闘を』シリーズの最新作にあたる『新幕 桜降る代に決闘を』の発売が、このたび明らかとなりました。本作は、本年4月に行われた全国大会でも300名近くが参加した人気のシリーズであり、デジタルゲーム版のリリースも予定されています。

『新幕 桜降る代に決闘を』は、5月5日、6日の「ゲームマーケット2018春」において先行販売し、その後、一般店舗でも5月18日より取り扱いを開始。「ゲームマーケット2018春」では、各ゲームの販売だけでなく、『桜降る代に決闘を』『惨劇RoopeR』それぞれを試遊のできる体験卓が用意される予定です。

■『桜降る代に決闘を』とは
2柱のメガミを選んで組み合わせ、相手のメガミを見てからデッキを構築する “眼前構築”と呼ばれるデッキ構築が特徴の決闘型カードゲーム。デジタルゲーム版のリリースも2018年内を予定しています。

『新幕 桜降る代に決闘を』は、今後、より幅広く拡張版の開発・販売ができるよう様々なシステムが改善された新しいバージョンです。ただのバランス調整に留まらず、新たなゲーム要素の追加やカード効果の大幅な見直しも行い、様々な点を改良した『新幕』の名にふさわしい内容となっています。

2018年内リリースを予定しているデジタルゲーム版『桜降る代に決闘を』(iOS/Android/WEBブラウザ)も、『新幕』のシステムに準拠して開発が進んでいます。

◆『新幕』では新たなメガミも登場! 完全新規のメガミ「ライラ」を初公開



『新幕 桜降る代に決闘を』には、総勢12柱のメガミが登場します。このうちの11柱は、これまでのシリーズで登場したメガミたちですが、12柱目は完全新規のメガミです。その名は「ライラ」。風と雷を象徴し、爪を武器として戦うメガミです。素早く戦場を駆ける移動力があり、接近戦を得意としています。さらに、風や雷を身にまとう能力を持っています。

◆『新幕 桜降る代に決闘を』は 「基本セット」と「達人セット」の2種が同時発売


「基本セット」には、ゲームを遊ぶために必須となるボードや、桜花結晶と呼ばれるトークン類などと共に、4メガミ分のカードが納められています。初めて本作に触れる方にルールや対戦のポイントを理解いただくことを目的とした練習用カードセット「はじまりの決闘」も同梱されており、ここから『桜降る代に決闘を』を始めるには最適な品となっています。

「達人セット」には、中級者・上級者向けの8柱のメガミのカードが封入。加えて、「基本セット」「達人セット」の全カードやボード類などをまとめて収納できるストレージボックス、カードを管理するためのカードフォルダも同梱されており、これまで遊んできた方々にもご満足いただける一品です。

上記の2商品は、5月5日、6日の「ゲームマーケット2018春」のエリア8「BakaFire Party」にて、先行販売します。また一般店舗でも、5月18日より取り扱いを開始します。

5月5日、6日の「ゲームマーケット2018春」では、「基本セット」「達人セット」の他、『桜降る代に決闘を』の「カードスリーブ」や、「プレイマット」「ストレージボックス」といったカードサプライや、本作のファンが熱望していた「メガミタロットスリーブ」の販売も予定しています。

詳しくは、『桜降る代に決闘を』オフィシャルホームページをご覧ください。(http://bakafire.main.jp/furuyoni/

◆ゲームマーケットではステージイベント開催


「ゲームマーケット2018春」にて、「BakaFire Party」は初となるエリア出展を実施し、そこで様々なステージイベントの実施を予定しています。

一番の目玉として、『桜降る代に決闘を』シリーズのアナログゲーム版、デジタルゲーム版ならびに『惨劇RoopeR』シリーズについての様々な発表を行うトークショー「BakaFire Party大発表祭」を5月5日(土)の12時から行います。このトークショーには、ゲストとして、デジタルゲーム版『桜降る代に決闘を』にてユリナ役を務める加隈亜衣さんと、サイネ役を務める近藤玲奈さんの両名が参加します。


■「BakaFire Party大発表祭」観覧方法
5月5日当日、「BakaFire Party」エリアの物販において、商品を1点以上お求めいただいた方を対象に、先着150名さまにステージの観覧整理券をお渡しいたします。観覧整理券をお持ちの方のうち、指定時間までに観覧受付にお越しいただいた先着70名の方がステージ前のエリアでご観覧いただけます。

※観覧受付は10時より実施いたします。12時までにお集まりいただいた方の内、先着の70名様をステージ前のスペースにご案内いたします。
※観覧受付を済ませた後に所定のエリアを離れた場合には、当初の受付は無効となります。ご観覧を引き続き希望される場合には、再受付をいただく必要がございますのであらかじめご注意ください。
※お買い上げ点数にかかわらず、観覧整理券のお渡しはお1人様1枚限りといたします。
※観覧整理券の譲渡、販売などは禁止致します。

ステージイベントではその他、『桜降る代に決闘を』シリーズのイラストを担当するTOKIAME氏のライブドローイングや、過去2回行われた『桜降る代に決闘を』全国大会の優勝者同士によるエキシビジョンマッチなども行います。こちらのトークショー以外のステージイベント観覧は、チケットなどを必要とせず、観覧エリアに空きのある限り、自由に行うことができます。

『桜降る代に決闘を』関連の更なる情報をお求めの方は、オフィシャルホームページまで。(http://bakafire.main.jp/furuyoni/



※製品画像は開発中のものです。
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

    【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

  2. 【コスプレ】「ラグコス2018」昼の部で出会った美女レイヤーさんまとめ 「FGO」ほか人気キャラ目白押し!

    【コスプレ】「ラグコス2018」昼の部で出会った美女レイヤーさんまとめ 「FGO」ほか人気キャラ目白押し!

  3. 悪い事は言わん…ゲーマーとガノタは「ガンダムビルドダイバーズ」観とけ!【コラム】

    悪い事は言わん…ゲーマーとガノタは「ガンダムビルドダイバーズ」観とけ!【コラム】

  4. 『プロジェクトイーブイ』最後の9人目「リーフィア」のオリジナルトレーナーが公開!ミステリアスな王子様系“男装女子”

  5. タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る