人生にゲームをプラスするメディア

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』「サイコロガンダム」や「ザニー」など通好みな機体が続々参戦

バンダイナムコエンターテインメントは、ニンテンドースイッチソフト『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』の機体情報を公開しました。

任天堂 Nintendo Switch
『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』「サイコロガンダム」や「ザニー」など通好みな機体が続々参戦
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』「サイコロガンダム」や「ザニー」など通好みな機体が続々参戦
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』「サイコロガンダム」や「ザニー」など通好みな機体が続々参戦
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』「サイコロガンダム」や「ザニー」など通好みな機体が続々参戦
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』「サイコロガンダム」や「ザニー」など通好みな機体が続々参戦
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』「サイコロガンダム」や「ザニー」など通好みな機体が続々参戦
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』「サイコロガンダム」や「ザニー」など通好みな機体が続々参戦
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』「サイコロガンダム」や「ザニー」など通好みな機体が続々参戦
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』「サイコロガンダム」や「ザニー」など通好みな機体が続々参戦
バンダイナムコエンターテインメントは、ニンテンドースイッチソフト『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』の機体情報を公開しました。

本作は、人気ウォーシミュレーションゲーム『SDガンダム ジージェネレーション』シリーズの最新作です。「ガンダム」ゲームとしては初となるニンテンドースイッチ向けタイトルで、いつでもどこでもじっくりガンダムゲームを楽しむことが出来るタイトルとなっています。

今回、この本作に参戦する登場機体について新たな情報が公開されました。

以下、リリースより引用

■νガンダム

型式番号:RX-93
一年戦争において勇名を馳せた「アムロ・レイ」が自ら設計した連邦軍のニュータイプ専用試作型MSで、歴代の「ガンダムタイプ」のデータを基盤に、当時の最新技術を導入して設計されているほか、機体の一部にサイコミュの基礎機能を持つコンピューター・チップが埋め込まれた画期的な新素材「サイコフレーム」を組み込む事で極めて高い追従性を獲得した。また、背部に搭載するニュータイプ専用の特殊兵装「フィン・ファンネル」は、サイコミュによるオールレンジ攻撃を可能とする上、3基以上を展開する事でビーム兵器を無効化する「Iフィールド発生器」としても使用できるなど、攻防一体の高性能兵器となっている。

■サザビー

型式番号:MSN-04
再興したネオ・ジオンの総帥である「シャア・アズナブル」の専用機として開発されたニュータイプ専用試作型MSで、今までに開発されたあらゆるジオン系MSの集大成であり、新生ネオ・ジオン軍の象徴ともいうべき機体である。本機の開発には「MSとしての優秀さ」と「遠隔操作兵器によるオールレンジ攻撃を可能としたフルスペックのニュータイプ専用機」である事が求められた為、機体は重装甲でありながらも全身に装備されたスラスターとアポジモーターによって高い機動性を持っている上、機体の一部にサイコミュの基礎機能を持つコンピューター・チップが埋め込まれた特殊部材「サイコフレーム」を組み込む事で追従性も極めて高くなっているほか、固定武装には「拡散メガ粒子砲」を、背部には「ファンネル」を6基搭載するなど、非常に高いレベルでバランスのとれた屈指の高性能機となった。

■フェニックスガンダム

型式番号:GGF-001
どの時代に、どのような目的によって開発されたのかが一切不明のMSであるが、「ガンダム」の名を冠するにふさわしい機体性能を持ち、武装面ではビーム・サーベルとビーム・ライフルの他、バインダー部に連結された「メガ・ビーム・キャノン」やオールレンジ攻撃を可能とする「フェザー・ファンネル」など充実した火力を持っている。また、機体装甲にはナノマシンによって損傷箇所を自己修復する「ナノスキン装甲」を用いているが、機体が発見された時には、修復した際に使用したと思われるナノマシン残骸が機体表面を覆っているのみで、その機能は完全に作動しておらず再生能力は無いに等しい。本来ならば、ナノスキン装甲によって内部機器すら自己修復を行う予定であった為か、機体表面にはメンテナンスハッチが存在せず、その他にも高い大気圏内飛行能力を持ちながら、推進剤の補充を必要とせず長時間の行動が可能など、不可解な技術で構成されている。

■サイコ・ハロ

型式番号:HARO-86-2
謎の巨大破壊兵器「ハロ」と同様に全てが謎に包まれており、「丸い悪魔」と呼ばれて恐れられた「ハロ」よりもさらに戦闘能力が高くなっている為、その強さはもはや手のつけられないレベルまで達しており、まさに超破壊兵器と呼ぶに相応しい究極の機体となっている。しかし、やはりその正体は誰にもわからない………。

■トルネードガンダム

「ガンダム」の名を冠したMSで、既に生産が行われていない廃棄工場の格納庫から複数の機体が発見され、その稼動状態が良好であった為、そのまま各部隊にて運用されるようになった。基本的な武装に加えて腹部に拡散ビーム砲を装備しており、防御面においても腕部装甲をルナチタニウム合金と衝撃吸収材の多重構造にする事でシールドの役割を持たせている他、大気圏内での飛行能力も持っている為、戦う場所や状況を問わない高い汎用性を誇っている。尚、機体が発見された時に関係する資料が残されていなかった為、開発時期や開発経緯については一切不明である。

■サイコロガンダム

巨大なサイコロ型をしたMSで、頭部はサイコ・ガンダム、下半身はサイコロという特殊な形状をしているが、その見た目に反して「四角い死神」と呼ばれる程の高い戦闘能力を持つ。

■ザニー

型式番号:RRf-06
連邦軍が鹵獲したザクIIを改修して造り上げた最初期の試作型MSで、機体各部にザクIIとの共通点が見られるが、連邦軍の予算不足や技術不足もあって機体性能としては全体的に低くなっている。元々この機体は戦力としてではなく、むしろMSに関するデータ収集を重視して運用されており、連邦軍のMSの基盤となった機体だと言っても過言ではない。

■ビグロマイヤー

型式番号:MA-05M
宇宙での高速戦闘を目的として開発されたジオン公国の宇宙用量産型MA「ビグロ」の強化バリエーションの1つで、機体をサイズダウンした上でジェネレーター出力を増加し、さらにスラスターを取り付けた脚部を追加する事によって機動性が向上しているのに加え、同時に装甲と武装の強化も施された事で、MAの長所でもある高い機動性と圧倒的な火力を実現した強力な機体となっている。



『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』は4月26日発売予定。価格は6,800円(税別)です。

SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch公式サイト:
http://ggg.ggame.jp/nsw/

【家庭用ゲーム】SDガンダム ジージェネレーションシリーズ公式Twitterhttps://twitter.com/ggene_official

●あらかじめダウンロード(予約購入)開始
ダウンロード版を購入すると、発売日の0時からプレイが出来る様になるあらかじめダウンロードが開始。

購入はこちらから:
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000005462

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)創通・サンライズ・テレビ東京
《ひびき》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』漫画完全連動フェス「ボケVSツッコミ」が2月2日より開催―コロコロコミック×イカ研究所がコラボ!

    『スプラトゥーン2』漫画完全連動フェス「ボケVSツッコミ」が2月2日より開催―コロコロコミック×イカ研究所がコラボ!

  2. 『スーパーロボット大戦T』オリジナル主人公メカ&キャラクターが明らかに!計12機の新規戦闘画面も公開

    『スーパーロボット大戦T』オリジナル主人公メカ&キャラクターが明らかに!計12機の新規戦闘画面も公開

  3. スイッチ『ドラクエXI S』公式生放送を1月25日に実施―第1回はキャスト発表特集!

    スイッチ『ドラクエXI S』公式生放送を1月25日に実施―第1回はキャスト発表特集!

  4. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  5. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  6. 【UPDATE】『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

  7. 『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』第1弾PV公開!シリーズ最新作がPS4/スイッチ/Steamで登場【UPDATE】

  8. 『スプラトゥーン2』あなたはどのブキが好き? これまでの上位ブキを集めて最終投票を実施!【読者アンケート】

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る