人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、コーエーテクモから提訴されていた審決取消訴訟に勝訴

カプコンは、コーエーテクモゲームスより提訴されていた審決取消訴訟について、コーエーテクモの請求を棄却する勝訴判決を受けたと発表しました。

その他 全般
カプコン、コーエーテクモから提訴されていた審決取消訴訟に勝訴
  • カプコン、コーエーテクモから提訴されていた審決取消訴訟に勝訴
  • カプコン、コーエーテクモから提訴されていた審決取消訴訟に勝訴
カプコンは、コーエーテクモゲームスより提訴されていた審決取消訴訟について、コーエーテクモの請求を棄却する勝訴判決を受けたと発表しました。

今回の訴訟および勝訴判決は、特許権侵害訴訟事件と並行して、2015年4月17日、コーエーテクモがカプコンの保有する特許第3350773号(以下「本件特許」)の無効を求めた特許無効審判請求事件にまで遡ります。この特許無効審判請求事件は、2017年3月24日に特許庁にて本件特許を維持する旨の審決がされたものの、同年5月10日、コーエーテクモが知的財産高等裁判所に審決取消訴訟を提起していました。今回カプコン側に出された勝訴判決は、この審決取消訴訟を受けたものです。

発表によると、3月29日、知的財産高等裁判所は、原告(コーエーテクモ)の請求を棄却したとのことです。争点となっていたこの特許は、今作のディスクROMがゲーム装置に装填されるとき、前作のディスクROMを装填すると、特典が開放される、という内容でした。

カプコン側は、「今回の判決により、本件特許の有効性が知的財産高等裁判所に確認されたことになり、裁判所の良識ある判断が示されたものと考えております。」としているほか、「ゲーム開発における発明を保護するとともに、ライセンスなどの特許権の有効活用を推進し、積極的にユーザーの皆様の利便性の向上およびゲーム業界の発展に貢献してまいります。」とも表明しています。

なお、コーエーテクモは、2017年12月14日にカプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴していました。過去の両社間の特許訴訟(2014年)についてはGame*Sparkの過去記事を参照ください。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 大和撫子でお嬢様なポケモントレーナー・エリカ!20年以上経っても人気が衰えない理由を『ポケカ』から考察

    大和撫子でお嬢様なポケモントレーナー・エリカ!20年以上経っても人気が衰えない理由を『ポケカ』から考察

  2. 『エルシャダイ』のフリー素材を配布開始─商用利用も可能でいいの? 「大丈夫だ、問題ない」

  3. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case02「アイ・アム・ロボット」

  4. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

  5. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  6. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case03「恋人までのディスタンス」

アクセスランキングをもっと見る

1