人生にゲームをプラスするメディア

『Bloodborne』フィギュア用武器「ハンターズ・アーセナル」3種が再生産決定―豆魚雷がGeccoを熱く説得

豆魚雷とGeccoは、『Bloodborne』のフィギュアで、再生産の要望が高かった「ハンターズ・アーセナル」の武器3種を再生産すると発表しました。

その他 フィギュア
『Bloodborne』フィギュア用武器「ハンターズ・アーセナル」3種が再生産決定―豆魚雷がGeccoを熱く説得
  • 『Bloodborne』フィギュア用武器「ハンターズ・アーセナル」3種が再生産決定―豆魚雷がGeccoを熱く説得
  • 『Bloodborne』フィギュア用武器「ハンターズ・アーセナル」3種が再生産決定―豆魚雷がGeccoを熱く説得
  • 『Bloodborne』フィギュア用武器「ハンターズ・アーセナル」3種が再生産決定―豆魚雷がGeccoを熱く説得
  • 『Bloodborne』フィギュア用武器「ハンターズ・アーセナル」3種が再生産決定―豆魚雷がGeccoを熱く説得
  • 『Bloodborne』フィギュア用武器「ハンターズ・アーセナル」3種が再生産決定―豆魚雷がGeccoを熱く説得
  • 『Bloodborne』フィギュア用武器「ハンターズ・アーセナル」3種が再生産決定―豆魚雷がGeccoを熱く説得
  • 『Bloodborne』フィギュア用武器「ハンターズ・アーセナル」3種が再生産決定―豆魚雷がGeccoを熱く説得
  • 『Bloodborne』フィギュア用武器「ハンターズ・アーセナル」3種が再生産決定―豆魚雷がGeccoを熱く説得
豆魚雷とGeccoは、『Bloodborne』のフィギュアで、再生産の要望が高かった「ハンターズ・アーセナル」の武器3種を再生産すると発表しました。

本製品は『Bloodborne』のハンタースタチューに持たせることが可能な武器で、特に再生産の要望が高かった「回転ノコギリ」「獣狩りの斧」「獣狩りの短銃&松明」の3種。製作を担当しているGeccoは再生産をしないをモットーにしているなか、タッグを組んでいる豆魚雷が熱い説得の上、再生産にこぎつけたとのこと。

1/6スケールではあるものの非常に精巧な作りで、引きで感じられる精巧さだけでなく、アップで生々しさすら感じられるほどの仕上がり。また、松明には炎のエフェクトパーツが付属し、燃えている状態も再現可能です。

「回転ノコギリ」は5,800円(税込)、「獣狩りの斧」は4,800円(税込)、「獣狩りの短銃&松明」は3,980円(税込)で、2018年7月に、豆魚雷で独占販売予定です。



《kuma》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. Game.TVでVTuberとバトロワ!インサイドちゃん主催の視聴者参加型『PUBG Mobile』大会が10月27日に開催

    Game.TVでVTuberとバトロワ!インサイドちゃん主催の視聴者参加型『PUBG Mobile』大会が10月27日に開催

  2. 韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」開幕

  3. 『ポケカ』よもやま─「プレイヤー兼イラストレーターから見える景色ってどんな感じ?」【インタビュー】

  4. 『トワイライトプリンセス HD』サントラ7月27日発売…CD3枚組で全108曲を収録

  5. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る