人生にゲームをプラスするメディア

『モンハン:ワールド』「キャラクターの音声設定どうしてる?」結果発表―大多数のハンターがあの言語を使用!【読者アンケート】

全世界で爆発的なヒットを飛ばしている『モンスターハンター:ワールド』も、気づけば発売から約1カ月が経過しました。

ソニー PS4
『モンハン:ワールド』「キャラクターの音声設定どうしてる?」結果発表―大多数のハンターがあの言語を使用!【読者アンケート】
  • 『モンハン:ワールド』「キャラクターの音声設定どうしてる?」結果発表―大多数のハンターがあの言語を使用!【読者アンケート】

全世界で爆発的なヒットを飛ばしているPS4ソフト『モンスターハンター:ワールド』も、気づけば発売から約1ヵ月が経過しました。既に多くのプレイヤーがメインストーリーをクリアし、HRをガンガン上げている時期なのではないでしょうか。

そんな中インサイドでは、「キャラクターの音声設定どうしてる?」というテーマで読者アンケートを実施していました。本記事では、そのアンケートの結果をお伝えします。

◆最も多かったのは日本語!


まず最も票数が多かったのが、122票(全体の58.9%)の「日本語」です。やはり慣れ親しんだ母国語でゲームを楽しんでいるプレイヤーが多かったようです。今作ではストーリーもしっかりと作られているため、聞きやすさと分かりやすさを重視した日本語でプレイするのがベストかもしれませんね。

◆シリーズおなじみのモンハン語は2番目


2番目に多かったのは、61票(全体の29.5%)で「モンハン語」です。過去作をプレイした経験のあるプレイヤーは、クエストを受けるときや山菜爺さんとの会話でよく耳にしていたのではないでしょうか。今作では会話の全てがモンハンに語になるため、世界観も一気に深まります。ですが、ゲームオリジナル言葉なだけあって、字幕を見ないと何言ってるのかさっぱり分からないですね。そのうち完璧な翻訳を作る人が現れるかもしれません。

◆英語・その他の言語は意外と少ない


残りの選択肢だった「英語・その他の言語」は、合わせて24票(全体の11.6%)とそこまで多くありませんでした。そんな、通常プレイではあまり出番のないこれらの言語が輝く場所こそ「ギャラリー」です。ギャラリーでは、一度見たシーンを繰り返し見ることができるうえ、音声設定をいつでも変更して聞くことができます。いつもと違う言語にしてみると、そのシーンの印象もガラッと変わるので、試してみてはいかがでしょうか。



  • 日本語:122票(58.9%)
  • モンハン語:61票(29.5%)
  • 英語:17票(8.2%)
  • その他の言語:7票(3.4%)

結果的に、日本語・モンハン語を使っている人が大多数を占めることとなりました。キャラクターの音声設定は、タイトルの設定からいつでも変更することができますので、この機会に一度変更してみてはいかがでしょうか。今までとは違った雰囲気でゲームを楽しめるかもしれません!

(C)CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

    不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  4. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  5. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  8. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  9. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  10. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

アクセスランキングをもっと見る