人生にゲームをプラスするメディア

全てのRPG好きに捧ぐ―『ブレイブ フロンティア2』を初心者でもプレイすべき理由5選

その他 特集

全てのRPG好きに捧ぐ―『ブレイブ フロンティア2』を初心者でもプレイすべき理由5選
  • 全てのRPG好きに捧ぐ―『ブレイブ フロンティア2』を初心者でもプレイすべき理由5選
  • 全てのRPG好きに捧ぐ―『ブレイブ フロンティア2』を初心者でもプレイすべき理由5選
  • 全てのRPG好きに捧ぐ―『ブレイブ フロンティア2』を初心者でもプレイすべき理由5選
  • 全てのRPG好きに捧ぐ―『ブレイブ フロンティア2』を初心者でもプレイすべき理由5選
  • 全てのRPG好きに捧ぐ―『ブレイブ フロンティア2』を初心者でもプレイすべき理由5選
  • 全てのRPG好きに捧ぐ―『ブレイブ フロンティア2』を初心者でもプレイすべき理由5選
  • 全てのRPG好きに捧ぐ―『ブレイブ フロンティア2』を初心者でもプレイすべき理由5選
  • 全てのRPG好きに捧ぐ―『ブレイブ フロンティア2』を初心者でもプレイすべき理由5選
株式会社エイリムが開発・運営を行うスマホ向けゲーム『ブレイブ フロンティア』。約4年前にリリースされて以来、数多くのRPGファンに愛され、全世界で3300万DLを突破するほどの人気を誇っています。


(c)Alim

そして来たる2018年2月22日に、その続編となる『ブレイブ フロンティア2』がリリース決定!本稿では、その待望の瞬間を前に、今一度シリーズの魅力を振り返りつつ、第一作目のプレイ経験がない人でも『ブレイブ フロンティア2』をオススメできる理由をまとめました。あなたも召喚師になってスマホ向け本格RPGの世界へ、そして大迫力の「Xross Brave Burst」をブチかましましょう!

◆そもそも、『ブレイブ フロンティア』ってどんなゲーム?


第一作目『ブレイブ フロンティア』がリリースされたのは2013年7月3日。「召喚師」となったプレイヤーが、個性豊かな英雄を召喚して世界の混沌に立ち向かうという設定で、当時は本格的なRPGが遊べるスマホアプリが少なかったなか、その重厚なストーリー展開と、協力プレイやレイドバトルなど充実のサブシステムが話題をさらいました。

そして特筆すべきはタップ・フリックによるシンプルな操作性で放つ「Brave Burst」。その爽快感は、昨今の様々なゲームに影響を与えています。まさしく従来のコンシューマーゲームファンを満足させる、じっくりと腰を据えて遊べるスマホRPGなのです!

◆RPGの続編ってプレイしづらそう……。本当に初心者でも大丈夫なの?


前作の基本システムを踏襲しつつ、すべての要素を強化したという『ブレイブ フロンティア2』。しかし、ナンバリングタイトルなだけに、前作のプレイ経験のない人は手を出しづらいというのも事実……。そこで、『ブレフロ』を遊んだことがない初心者でも楽しめる理由について、5つのポイントに絞ってまとめてみました。

【理由1】昔ながらのゲームファンも納得!王道RPGを踏襲したシステム



本作の魅力はなんといっても「王道感」。ストーリーとシステム、その全てが伝統的なRPGを踏襲し、なおかつスマホ向けにアレンジされています。新要素としては主人公の召喚師+リンの「W主人公システム」を採用。初めて『ブレイブ フロンティア』の世界に触れるプレイヤーは、見知らぬ異界に飛ばされた主人公の心情とシンクロする点も多いはず。

バトルは難しい操作が一切なし!コマンドはフリックとタップでOKです。ユニットを一斉攻撃させての「Spark」、もしくはフリックで「Brave Burst」を発動させて、前作から受け継がれる爽快感抜群の演出も楽しめます。オートバトルにすることも可能なので、それを眺めているだけでも楽しいですよ!


(c)Alim

そして注目の新バトルシステムが「Xross Brave Burst(XBB)」!何やら横文字ばかり並んでいますが、簡単に説明すると“特定のユニット同士で放つ連携攻撃”です。カッコいいのは言わずもがな、ユニットたちの絆を感じる演出がたまりません。バトルの新要素はもう一つ「Alternative(オルタナティブ)」も登場。これは特定のユニットがパートナーを呼び出して同時攻撃ができるというもので、後述する「育成」にも深く関わる要素です。新システムを駆使することで一発逆転の快感を味わうことができちゃいます。

ちなみに、ただいま紹介した新・旧要素は、物語を進めるうちに自然と覚えられるようになっているのでご安心を!

【理由2】緻密すぎるドット絵がとにかくスゴい!スゴすぎる!!



(c)Alim

スマホ向けでも3D表現が当たり前になった時代に、あえてドット表現をするところにこだわる執念。それは前作に引き続いて本作でも健在です。SFC世代の筆者は、画面から溢れる「ドット絵愛」に思わず唸りました。ドット絵でレトロゲーム風を表現しているゲームは数あれど、ここまで細かいドットを、しかも全ユニット分用意しているゲームは『ブレイブ フロンティア』だけ!しかもこれがヌルヌル動くとなれば、職人芸を肌で感じることができるというだけでもプレイする価値があるというものです。

さらに本作では“1”から続投するユニットも全てデザインを新規に描き下ろしており、更なる進化を遂げさせています。どのユニットも作り込みが丁寧なので、必ずや好みのキャラクターが見つかるはず。“あの頃”のゲームファンには懐かしく、3Dゲーム世代にはむしろ新しい。そんなドット絵の魅力がぎっしりと詰まっています。

【理由3】好きなユニットを好きな時に購入できるスマホゲーム新時代到来!



スマホゲームといえば課金ガチャ、課金ガチャといえばスマホゲーム。そんな思い込みでスマホゲームを毛嫌いしている人も多いのでは?そんな方々に朗報なのが、なんと『ブレイブ フロンティア2』には有料ガチャが存在しません!

本作では課金して回すガチャシステムを完全に廃止し、ユニットを直接指定して購入するというシステムを採用しています。確率排出のせいで欲しいユニットがなかなか手に入らない……といったストレスとも、もうオサラバ。しかし、そうなると「XBB」が使えるユニットを揃えるか、見た目が好みのユニットを優先するか、自分で好きに選べるだけに悩んでしまいそうですね。

ところで、どちらにしろ強いユニットは課金しなければ入手できないじゃん……とお思いのアナタ!本作のユニットは有料・無料でステータスにほとんど差がありません。強いユニットを手に入れるのに重要になるのが後述の育成システム。どのタイミングでユニットを手に入れ、どう育成するのかを考えてプレイすることで、これまでガチャの確率で縛られていた攻略の幅がグッと広がり、より深くゲーム本来の面白さを味わえるはずです。

【理由4】「ボーナスシステム」でどのユニットも最強に!?自由度の高い育成要素



前作から追加・強化された「育成」システムも『ブレイブ フロンティア2』の注目ポイント。ユニットを任意にカスタマイズしたいなど、やり込み派のニーズにも応える内容になっていますよ!


育成において最も進化を遂げたのが「ボーナスポイント」システム。レベルアップやバトルを重ねることでポイントが付与されていき、これを任意に振り分けられるようになりました。好みのユニットのタイプを自分でカスタマイズできるので、攻撃特化のアタッカーを作ったり、防御力の高い盾役を作ったりとまさに自由自在。

さらに主人公とリンの武器を育成し、強さや属性を変化させることが可能なうえ、「エンチャント」をすることで能力を強化することもできます。しかも武器ごとにイラストやドット絵まで進化するという手の込みよう。見た目の変化は育成の励みになりますね。


そして「パートナー育成」も忘れてはいけません。本作では、主人公とリンのお供としてパートナーユニットが物語の始まりから登場!エサをあげて好感度を上げると、バトルで色んな技を発動してくれます。しかもこちらもどんどん見た目が進化していくとのこと。開始当初は可愛らしい姿をしたパートナーがどんな進化をしていくのかワクワクです!

【理由5】ストーリーに“深み”を添える、謎解き・探索システム


RPGといえばクエストも大事な要素です。本作では1つのクエストに3~4WAVEの戦いがあり、これをこなすと経験値や素材といった報酬を得ることができます。ところで、一般的なスマホゲームの場合、このクエストはとかく単調になりがちですよね。


しかし『ブレイブ フロンティア2』は、ストーリーの進行に合わせてクエストに「謎解き」や「探索」の要素が発生!条件付きのクエストをこなして得られたヒントをもとに、プレイヤー自らの頭脳が試される要素も盛り沢山なのです!


これも凝りに凝ったストーリーが楽しめる『ブレイブ フロンティア』ならでは。ストーリーを読み飛ばさず、どっぷりと世界観に浸かってしまいましょう!

◆要するに“2”からでも遅くはない!気になっているならまずダウンロード!!



RPGが好きな方、ドット絵フリークの方、やり込めるゲームしたい方、ガチャ排出率に縛られずに攻略したい方、そして全てのスマホユーザーへ。王道RPGだからこそ安心してプレイできる『ブレイブ フロンティア2』は難しい操作が一切なく、奇をてらわない面白さが詰まりに詰まっています。まもなく解禁となるので、前作『ブレイブ フロンティア』のプレイ経験のあるなしに関わらず、たとえ見たことも聞いたこともなかったとしても、2月22日が来るのをしっかりと準備しておきましょう!
《mikame》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る中国から来た19歳の美少女レイヤー【インタビュー】

    「自分が開発するゲームのコスプレをしたい」と語る中国から来た19歳の美少女レイヤー【インタビュー】

  2. 【昨日のまとめ】全176Pの「3DSオールソフトカタログ」付きプリペイドカードを購入レポ、『ロックマン11』炎の拳法家「トーチマン」、『ゼルダの伝説』仕様のNew 2DS LL…など(7/20)

    【昨日のまとめ】全176Pの「3DSオールソフトカタログ」付きプリペイドカードを購入レポ、『ロックマン11』炎の拳法家「トーチマン」、『ゼルダの伝説』仕様のNew 2DS LL…など(7/20)

  3. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  6. これであなたも勇者に!?『ゼルダの伝説』仕様のNewニンテンドー2DS LLなど、限定グッズが予約受付中

アクセスランキングをもっと見る