人生にゲームをプラスするメディア

なぜ『イースVIII』スイッチ版は日本一ソフトウェア販売なのか?―新川氏・近藤氏の両社長が対談

なぜニンテンドースイッチ版『イースVIII -Lacrimosa of DANA』のパブリッシングは日本一ソフトウェアが行う事になったのか、その理由が明かされました。

任天堂 Nintendo Switch
なぜ『イースVIII』スイッチ版は日本一ソフトウェア販売なのか?―新川氏・近藤氏の両社長が対談
  • なぜ『イースVIII』スイッチ版は日本一ソフトウェア販売なのか?―新川氏・近藤氏の両社長が対談

先日公開された「Nintendo Direct mini 2018.1.11」にてニンテンドースイッチ向けアクションRPG『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』が発表されました。本作は、日本ファルコムが手掛ける『イース』シリーズ第8作目。すでに同社によってPS4/PS Vita版が展開されていましたが、本作では、PC版(NIS Americaが販売)に続いて日本一ソフトウェアがパブリッシングする事になりました。

その理由が日本ファルコム社長の近藤季洋氏と日本一ソフトウェア社長の新川宗平氏の対談によって明かされています

それによると、両氏は歳が近く、新卒で入社して、ゲームのシナリオを自分で書いて、上場会社の社長に就任するなどの共通点が多かったため、PCゲームメーカーが集まる忘年会で出会った後、交流を深めていったとのこと。

そして、新川氏曰く「ファルコムさんには新作を作るのに集中して頂きたい」という理由で、日本一ソフトウェアが海外展開や移植などを行う事になったそうです。この対談では、その話の詳細のほかにも、『イース』シリーズの楽しみ方や、長年『イース』シリーズを楽しんでいるファンへのメッセージなどが綴られているので、興味のある読者は下記のURLからどうぞ。

日本ファルコム 近藤社長×日本一ソフトウェア 新川社長
両社長が語る、Nintendo Switch版『イースVIII』への道


http://nippon1.jp/news/new_title_interview/

ニンテンドースイッチ向けアクションRPG『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』を2018年夏に発売します。

※記事掲載当初、PC版『イースVIII -Lacrimosa of DANA』のパブリッシングを日本ファルコムが行っていると誤った情報を記載していました。PC版のパブリッシングは、日本一ソフトウェア(NIS America)が行っているのが正しい情報です。読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』注目の新家具「どかん」をさらに便利に使う6つのテクニック! 見た目が嫌な人でも使えるぞ

    『あつまれ どうぶつの森』注目の新家具「どかん」をさらに便利に使う6つのテクニック! 見た目が嫌な人でも使えるぞ

  2. 食べてよし、薬効もあり!?『あつまれ どうぶつの森』で釣れる「ドジョウ」について【平坂寛の『あつ森』博物誌】

    食べてよし、薬効もあり!?『あつまれ どうぶつの森』で釣れる「ドジョウ」について【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  3. 『スマブラSP』「ホムラ/ヒカリ」は、通常・横・上×2=6つの必殺ワザを持つ新ファイター! “パワー”と“手数”を使い分けろ

    『スマブラSP』「ホムラ/ヒカリ」は、通常・横・上×2=6つの必殺ワザを持つ新ファイター! “パワー”と“手数”を使い分けろ

  4. 『MOTHER2』愛がいっぱいの『あつ森』島クリに、糸井重里氏も「ほんとにすごいなー。」と反応!大人も子供も、おねーさんも遊びにいきたい

  5. 『スマブラSP』カービィの「コピー」攻撃はオリジナルよりも威力増大!桜井氏「広く知られていないので」とプッシュ

  6. 『モンハンライズ』古参モンスター「バサルモス」が約4年ぶりに帰ってくる!身体が赤熱化する新たな要素も確認

  7. 『スマブラSP』新ファイター「ホムラ/ヒカリ」は3月5日配信!「レックスもなくはないです」

  8. 『スマブラSP』リオレウスを追って『モンハン』からハンター参戦!追加Miiコスチューム第9弾公開

  9. 『ルーンファクトリー5』では“6股可能”―生放送で新情報が明らかに!データ連動で「ダグ」&「マーガレット」も参戦

  10. スマホアプリ版『原神』が売上940億円を突破!わずか5ヶ月でのペースは『ポケモンGO』を上回り世界第3位に

アクセスランキングをもっと見る