人生にゲームをプラスするメディア

【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!

モバイル・スマートフォン iPhone

【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!
  • 【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!
  • 【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!
  • 【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!
  • 【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!
  • 【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!
  • 【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!
  • 【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!
  • 【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!

ステアーズがおくる、iOS/Android 向け新作アプリ『デスティニーチャイルド』。本作は人間界で気ままにくらす最弱悪魔の主人公が魔王の座を巡って、人間の欲望から生まれる悪魔の使い魔「チャイルド」たちを率い、魔王への道を突き進むという物語です。『マグナカルタ』や『ブレイドアンドソウル』といった作品で知られるキム・ヒョンテ氏が描く、まばゆいばかりのキャラクター達がLive2Dでヌルヌルと動くのが本作の特徴。

事前登録者数が100万人を突破したことでも話題となっている本作のプレイの機会をいただいたので、ライター3名+インサイド編集部員2名で参加。本稿では、それぞれの書き手がプレイを通して感じた『デスティニーチャイルド』の魅力や基本的な遊び方を紹介していきます。

◆魅力的なキャラクターが織り成す会話劇!しかもヌルヌル動くぞ!



by真ゲマ

本作の醍醐味は、なんといっても最弱悪魔の主人公とサキュバス・モナとの会話劇でしょう。人間界でフリーターとして自由気ままに過ごしてきた主人公と、トラブルメーカーのモナとの会話のやり取りは、夫婦漫才のようで毎回笑えるんです!僕も主人公みたいにモナのようなセクシーキャラにいじられたいし、いじめられたいですね!

サキュバスのモナにイジメられたい…俺のところにも来てくれ!

そうそう、ダビちゃんというロリっ子キャラも忘れてはいけません。彼女は、なんとモナの事が好きで、一つ屋根の下でモナと暮らす主人公を恋のライバルだと思っているんです。僕は、「あ~自分含めた男子全員死滅しないかな~」と普段から考えているくらい女の子同士がイチャイチャする百合展開が大好物なので、『デスティニーチャイルド』を作った開発者達には本当に感謝しています。尊い・・・・・・。

モナ姉さまが大好きなダビちゃん。うぅ…尊い…

そして、特筆したいのがキム・ヒョンテさんの躍動感あるキャラクターデザイン。彼が描く美少女キャラクターは、立体感がありとてもセクシーなのですが、Live2Dによってキャラクターが動き出す事で、さらにセクシーさが増していました!ニーソックスを履いたムッチムチフトモモ美少女キャラがヌルヌル動くんですよ!鑑賞モードにすれば一部分だけ拡大することもできるので、フトモモニーソ祭りを開催することだって出来るんです!

フトモモニーソ祭り開催だぃ!!

・・・・・・おっと、話が逸れてしまいましたが、つまり本作に登場するキャラクター達は、外見はもちろん中身も魅力的という事です。そんなキャラクター達が織り成すコミカルなストーリーはとても面白く、楽しいものになっているので、是非プレイしてみてくださいね!


YouTube:https://youtu.be/iunc7Lwae1E

◆音楽も要チェックポイント!小気味良い音が戦闘を盛り上げる



byねんね太郎

グラフィックやシナリオと並んで、ゲームに欠かせない存在となっているのが音楽。本作のサウンドプロデューサーは、「アイドルマスター」シリーズやアーケードで稼働しているリズムゲーム「CHUNITHM」など、様々なゲームに楽曲を提供しているESTi(エスティ)氏が務めており、先の気になる物語が展開するクエストや、手強い相手とのバトルなど、様々なシチュエーションで氏の音楽がじっくりと堪能できます。

戦闘中の細かい効果音にも注目

ボタンを押した時に鳴る効果音ひとつひとつにもしっかりと気を配っているようで、特にバトル画面で敵を攻撃した際の、「バシッ!バシッ!」という音は小気味好く、戦っていてプレイヤーのテンションがぐんぐん上がること間違い無しです。もちろん、スキルを発動する時に鳴る「グオオォォ」って音も迫力があってテンションが上りますよ!βテストで一足早く本作をプレイした方であれば、共感してくれる方も多いのではないでしょうか。

スタイリッシュな演出+BGMでテンションが上がります

スマホのアプリゲームは音を消して遊ぶシチュエーションも多いかと思いますが、本作でそれは余りにも、もったいないと言わざるをえません。プレイする際はぜひ、イヤホンやヘッドフォンをお忘れなく!


YouTube:https://youtu.be/uF__YjY3kms

◆ボーっとするなよ!目の離せないスタイリッシュな戦闘シーンが展開!



編集部やまさき


キム・ヒョンテ氏が生み出した魅惑的な“チャイルド”たちが、「Live2D」を駆使して滑らかに躍動する『デスティニーチャイルド』。その魅力は戦闘の最中にも発揮されており、攻撃やダメージを受けた際などに“チャイルド”たちがアクションするので、ついつい目を奪われてしまいます。

しかし、目が離せないのはグラフィックだけにあらず。本作の戦闘はリアルタイムに進行するため、敵味方の攻撃が常に飛び交っています。余所見をしていたら手痛い一撃を食らってしまうこともあるので、戦況をしっかりと見定めるのがまずは第一歩です。

ちなみに、味方メンバーの通常攻撃は自動的に行われるので、逐一指示を出す必要はありません。プレイヤーに求められるのは、チャイルドたちがそれぞれ持つ各種スキルの使用指示と、そのタイミングの見極めです。

各キャラクター2種類のスキルを保有

チャイルドたちのスキルは複数の種類に分かれており、時間の経過で溜まるスキルゲージを使用する「ノーマルスキル」と「スライドスキル」、戦闘中の行動で溜まるドライブゲージが100%になると発動できる「ドライブスキル」の3つを持っています。

ノーマルスキルは、通常攻撃よりも大きいダメージを与えることが可能。一定の確率でクリティカル攻撃になるのも見逃せないポイントです。スライドスキルは、複数の敵に攻撃したり特殊な効果が発動するなど、全体的にノーマルスキルよりも強力ですが、スライドスキル発動後はしばらくスキルゲージが溜まらなくなるというデメリットも。またドライブスキルは、敵に致命的なダメージを与えたり、仲間を大きく回復したりと、最も強力な効果を発揮します。

ノーマルスキルとスライドスキルの発動可否に関わるスキルゲージは共通なので、スライドスキル発動後はノーマルスキルも一定時間使用できなくなります。そして、ドライブゲージはチーム共通のゲージなので、いずれかのチャイルドでドライブスキルを発動すると、またゲージを溜め直さなければドライブスキルを使うことはできません。

ドライブスキルは超強力。使用タイミングを見極めよう

ゲージが溜まったから反射的に使う…という戦い方では、激しいバトルを生き残るのは難しいでしょう。ノーマルスキルとスライドスキルのどちらを使うのか、どのチャイルドでドライブスキルを発動するのか。その答えは、戦闘の状況によって常に変化します。戦況をどのように判断し、いかなる指示を下すのか、その全てをリアルタイムに行うのが『デスティニーチャイルド』のバトルになります。余所見なんてしている暇はありませんよ!


YouTube:https://youtu.be/UWTEaNefb4s

◆チャイルドたちの組み合わせで戦局は刻一刻と変化



by臥待 弦


バトルでは戦略だって重要な要素です。個性豊かなチャイルドたちの長所をどのように引き出すのかも、プレイヤーの大事な役割となります。例えば「静寂のピクシー」は、ダメージに加えて2ターンにわたって毒の効果を与える「ダークウォーター」がノーマルスキルで、ランダムの敵2体にダメージを与えて、かつ追加ダメージが発生する「フリーズランス」がスライドスキルとなります。

どちらもスキルゲージを消費して発動しますが、まずダークウォーターを撃っておけば毒ダメージも継続して与えられますし、もう一押し欲しい時にフリーズランスを放つという流れも効果的でしょう。もちろん、フリーズランスだけで敵が片付く場合は、先に選択するのも吉です。このように、スキルを出す順番ひとつをとっても、戦闘に少なくない変化を及ぼします。

チャイルドごとの保有スキルをしっかり確認することが戦略の肝

こちらも一例ですが「戦士フリーガ」は、ノーマルスキルで攻撃+自身の防御力UP、スライドスキルで攻撃+バリア+挑発、ドライブスキルで攻撃+自身に激怒状態を付与、というスキルを持っています。いずれも攻撃しつつ、自身を強化できるスキルばかり。しかも激怒状態は、受けたダメージを最大100%まで貯めて1回返すという効果なので、挑発との相性も抜群です。フリーガのように、自身が持つスキルを複数組み合わせることでより効果的に戦えるチャイルドも存在します。

フリーガの例でも分かる通り、スキルによる特別な効果はダメージに関するものだけでなく、攻撃力や防御力などに関するバフ・デバフ、自身に攻撃を集める挑発、バリア効果の付与、回復などなど、実に多岐にわたります。回復効果もスキルによって異なり、「沈黙のゼロス」のスライドスキルは攻撃+味方2体に持続回復効果、ドライブスキルは味方3体のHPを即座に1000回復。そのため、状況や他のスキルとの併用で、どちらを発動させるべきかが変わります。

チャイルドの組み合わせ次第で能力の効果がさらに発揮される

該当キャラがフリーガのように防御バフを発動できるならば、持続回復で当面を凌ぎ、ドライブスキルは攻撃に回す──といった立ち回りが有効な場合もあることでしょう。ちなみに、「蜃気楼モルガナ」のドライブスキルには持続回復量を上げる効果があるので、沈黙のゼロスのスライドスキルと蜃気楼モルガナのドライブスキルを組み合わせるのも面白そうです。

主人公を補佐するリザはどんな組み合わせでも能力を発揮できる優秀なチャイルド

組み合わせることでより強力になるのは、回復に限った話ではありません。「リザ」のスライドスキル「コールドリーディング」は、対象にダメージを与えつつ、味方全体の攻撃力をアップさせる効果があります。メンバー全ての火力を底上げできるので、相手を選ばず組み合わせられる優秀なスキルと言えるでしょう。強敵との戦いが始まった直後に放てば、各メンバーの攻撃系スキルがより有利に働くのは間違いありません。また、ドライブスキルとの相性も良好です。

このようにスキルを組み合わせることで、『デスティニーチャイルド』では戦局を大きく動かすことができます。状況に応じてスキルの組み合わせを変え、特に防御を固め、時には大胆な攻撃で一気呵成と行きましょう。そのためにはまず、チャイルドたちの特徴をしっかりと把握するのが肝要です。

爽快感抜群の「フィーバータイム」。大ダメージを叩き込め!

そして戦局を大きく覆す手段はもうひとつあり、それが「フィーバータイム」です。ドライブスキルを使うたびにフィーバーが溜まり、100%を超えると発動。7秒間無制限にスキルを使用できるという破格の効果なので、怒濤のラッシュを繰り出せます。大ダメージのチャンスなのは無論ですが、多彩な攻撃をテンポよく繰り出す爽快感はクセになりそうなレベル。綿密に戦略を組み立て、フィーバータイムでの大逆転を狙ってみましょう!

◆お気に入りのチャイルドを思う存分育成できる喜び…モナに全てを捧げる



by編集部すえなが


可愛らしいチャイルドが多く、ついつい目移りしてしまう『デスティニーチャイルド』。そんな本作には、RPGの醍醐味とも言える育成要素がしっかり用意されています。

各チャイルドはクエスト内で行われる戦闘や、素材を消費する合成によってレベルアップが可能。進化によってチャイルドのレア度を上げたり、ゴールドを使ってスキルの効果を高めたりして、自分の好きなチャイルドをとことん強くすることができます。

またアイテムを使ってチャイルドとのキズナを深めていくと、ここでしか閲覧できないシナリオも読めちゃいます。本編とはまた異なるチャイルドの一面が覗けるほか、ステータスアップやセリフの追加といった嬉しい恩恵も。さらにキズナがSクラスにまで達すると特別な衣装に変更できるので、やり込むっきゃないという感じです。「キャラ愛」をアピールする、絶好のチャンスとも言えますね。

ちなみに筆者が真っ先に育てたいと思っているのが、ゲーム序盤から主人公を献身的(?)に支えてくれるモナ。彼女のシナリオを一刻も早くコンプリートしたいがために、手持ちの育成素材を惜しげもなく突っ込んでいます。いや、これはもう彼女に吸い尽くされているといっても過言ではありません。これこそがサキュバスであるモナの能力…いえ、魅力なのでしょうか。

サキュバスの秘密を教えてほしい…

以上、ライターと編集部の計5名によるレビューでした。『デスティニーチャイルド』はキム・ヒョンテ氏の描く肉感あふれる蠱惑的なチャイルドたち、ESTi(エスティ)氏のてがける音楽、スタイリッシュかつ爽快感のあるバトル、と楽しめるポイントが多くあります。特にキム・ヒョンテ氏の描くチャイルド×Live2Dの組み合わせは、絵柄にピンと来た方にはぜひ手元で動く「ヌルヌル」を体験して頂きたいです。

『デスティニーチャイルド』は現在好評配信中 。さぁ、皆さんも躊躇せずダウンロードして悪魔と遊びましょう!

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『バンドリ!』水樹奈々さん作詞の新カバー曲「深愛」が追加!そして“今井リサ”役の遠藤ゆりかさんが引退へ

    『バンドリ!』水樹奈々さん作詞の新カバー曲「深愛」が追加!そして“今井リサ”役の遠藤ゆりかさんが引退へ

  2. 『FGO』12月18日18時よりアプリアップデートを実施─バトル中における一部エネミーの状態効果を修正

    『FGO』12月18日18時よりアプリアップデートを実施─バトル中における一部エネミーの状態効果を修正

  3. 『ポケ森』にガーデン&写真撮影・シェア機能が追加!―お花を育ててアイテムに交換!

    『ポケ森』にガーデン&写真撮影・シェア機能が追加!―お花を育ててアイテムに交換!

  4. 『FGO』クリスマス2017ピックアップ、編集部&ライターで計130連エレシュキガルチャレンジ!

  5. 『FGO』ジャンヌ・ダルク白派?黒派?それともリリィ?【読者アンケート】

  6. 『ぷよぷよ!!クエスト』期間限定「第5回聖夜のプレゼント祭り」開催、「サンタドラコ」入手のチャンス

  7. 『D×2 真・女神転生リベレーション』配信時期は来年1月! 事前登録期間を延長─「より良い報酬を用意します」

  8. 『FGO』意外にもアビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選【特集】

  9. 最優秀賞はどれ?「ポケ森 キャンプコーデ大会 in INSIDE」結果発表―「コミケ」から「ラピュタ」まで様々な作品が!

  10. 【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!

アクセスランキングをもっと見る