人生にゲームをプラスするメディア

海外レビューハイスコア『STAR WARS バトルフロント II』

ソニー PS4

海外レビューハイスコア『STAR WARS バトルフロント II』
  • 海外レビューハイスコア『STAR WARS バトルフロント II』


Hobby Consolas: 91/100(PS4)
DICE、Criterion、そしてMotiveが一つとなり、スターウォーズのゲームとして“フォースの力”に相応しいものが出来上がった。今作は前作の教訓を生かし、誰もが遊んでみる価値のあるゲームになっており、どのようなプレイヤーも楽しめるように様々なゲームモードやコンテンツが用意されている。

COGconnected: 86/100(PS4)
God is a Geek: 80/100(Xbox One)
GamesRadar+: 80/100(PS4)
マルチプレイヤーモードは素晴らしいが、キャラクター育成要素は複雑で魅力を失っている。ストーリーキャンペーンは豪華で美しいが、内容と繊細さに欠けている。

GameSpace: 80/100(PS4)
Digital Trends: 70/100(PS4)
PCGamesN: 60/100(PC)
Telegraph: 60/100(Xbox One)
Shacknews: 60/100(PS4)
M3: 50/100(PS4)
新要素はあるものの、シングルプレイヤーには物足りなく、マルチプレイヤーモードも前作同様パッとしない。そして課金要素には嫌悪感を覚える。



DICE開発の最新作『STAR WARS バトルフロント II』の海外レビューをお届けしました。記事執筆時点のMetacriticでのPS4版平均スコアは79点(総レビュー数20件)。Xbox One版は71点(総レビュー7件)をマークしています(PC版では未算出)。

本作は大人気スペースオペラ、映画「スター・ウォーズ」シリーズを元にした最新作となり、新たなモードなどの新要素について海外メディアの評価は概ね好評であるものの、厳しい意見もちらほら。そしてユーザーレビューではPS4版が10点満点中1.1点(総レビュー数246件)という低評価を与えられており、課金することで手に入るクレートの仕様に、多くのユーザーが不満を漏らしています。コメント欄には「Pay2Win(勝つためには課金が必要)」という言葉と0点評価が並び、発売元のエレクトロニック・アーツへの厳しいユーザーの声が聞こえてきます。

『STAR WARS バトルフロント II』は国内で2017年11月17日より、PS4/Xbox One/PCを対象として発売予定です。
《シュナイデル関》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』拠点アステラの植生研究所やマカ錬金などの施設が公開―アクションの練習ができるトレーニングエリアも存在

    『モンハン:ワールド』拠点アステラの植生研究所やマカ錬金などの施設が公開―アクションの練習ができるトレーニングエリアも存在

  2. 『THE KING OF FIGHTERS XIV』にサウジアラビアのキャラ&ステージが登場!中東のデザインコンペから選出

    『THE KING OF FIGHTERS XIV』にサウジアラビアのキャラ&ステージが登場!中東のデザインコンペから選出

  3. 【特集】『アサシン クリード オリジンズ』で往く魅惑のエジプト観光ガイド…ツアーモード配信前の「旅のしおり」

    【特集】『アサシン クリード オリジンズ』で往く魅惑のエジプト観光ガイド…ツアーモード配信前の「旅のしおり」

  4. 日本一ソフトウェア「ハイパー掘り出し物市 第1弾」が開催―『ボク姫PROJECT』のPS4用アバターも販売

  5.  『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』発売日が2018年2月22日に決定―最新PVや早期購入特典などが公開

  6. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  7. 『STAR WARS バトルフロント II』一時的に課金要素が削除―「ゲームをアンフェアにするのは我々の意図ではない」

  8. 『モンハン:ワールド』動画で観るモンスターの生態―「モンスターハンター:ワールド図鑑」第1弾公開

  9. PS Storeで使える10%オフクーポンが配布中―「ニコデ、ハンガク」セールと併用可能!

  10. 【特集】映画原作ファンが贈る『STAR WARS バトルフロント II』キャンペーンプレイレポ―「外伝」の枠を超える驚きの連続

アクセスランキングをもっと見る