人生にゲームをプラスするメディア

VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

進化が進むVR(バーチャルリアリティ)において、キーボードによる文字入力や操作は大きな課題の1つですが、海外周辺機器メーカーLogitechがそれに対する新技術「BRIDGE」を発表し、開発キットの配布を開始しました。

ゲームビジネス VR
VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発
  • VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発
  • VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発
YouTube:https://youtu.be/XVXvk1X1Gbs

進化が進むVR(バーチャルリアリティ)において、キーボードによる文字入力や操作は大きな課題の1つですが、海外周辺機器メーカーLogitechがそれに対する新技術「BRIDGE」を発表し、開発キットの配布を開始しました。

この技術は「Viveトラッカー」をキーボードに装着して利用。するとVR空間内にバーチャルキーボードと自分の手が表示され、ユーザーはVRヘッドセットを外すこと無くキーボードの使用が可能となります。


SteamVRをベースにした全てのアプリと互換性があり、関連付けられたViveトラッカーがオンになると自動的にオーバーレイが表示されるため、アプリ開発者は何も管理する必要がありません。また、バーチャルキーボードはフォントや配色を自由に変更できるそうです。

「BRIDGE」開発キットはLogitech Gゲーミングキーボード、Viveトラッカーをキーボードに装着する器具、関連ソフトウェアで構成(希望小売価格150ドル)されており、まずは米国の開発者向けに50セット用意しているとのこと。


VR中のキーボード操作に苦労したという方は多いはず。この技術が普及すればVRライフはより快適なものになるのではないでしょうか。今後のさらなる進化と洗練に期待です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

    セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

  2. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  3. gumi、新生銀行と投資ファンド「gumi ventures L.P.」設立

    gumi、新生銀行と投資ファンド「gumi ventures L.P.」設立

  4. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  5. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

  6. 【CEDEC 2009】「慣れると死ぬぞ」富野由悠季氏がゲーム業界に向けた厳しくも優しい言葉

  7. 【e-Sportsの裏側】本場「韓国」でe-Sportsの盛り上がりに迫る

  8. テクモと板垣伴信氏が和解・・・「世界クラスの作品を開発中」

  9. 『GTA』模倣殺人で揺れるタイ政府、危険ゲーム10本を選別

  10. ゲーム開発者はコミュニティを通して自分を磨くべき・・・IGDA日本理事・松原健二氏が学生向けに語った基調講演

アクセスランキングをもっと見る