人生にゲームをプラスするメディア

新作MMORPG『BLESS』オフラインイベントレポ―開発スタッフへのインタビューも

PCゲーム その他PCゲーム

新作MMORPG『BLESS』オフラインイベントレポ―開発スタッフへのインタビューも
  • 新作MMORPG『BLESS』オフラインイベントレポ―開発スタッフへのインタビューも
  • 新作MMORPG『BLESS』オフラインイベントレポ―開発スタッフへのインタビューも
  • 新作MMORPG『BLESS』オフラインイベントレポ―開発スタッフへのインタビューも
  • 新作MMORPG『BLESS』オフラインイベントレポ―開発スタッフへのインタビューも
  • 新作MMORPG『BLESS』オフラインイベントレポ―開発スタッフへのインタビューも
  • 新作MMORPG『BLESS』オフラインイベントレポ―開発スタッフへのインタビューも
  • 新作MMORPG『BLESS』オフラインイベントレポ―開発スタッフへのインタビューも
  • 新作MMORPG『BLESS』オフラインイベントレポ―開発スタッフへのインタビューも

ゲームオンは都内のニコファーレにて、PC向け新作MMORPG『BLESS』のオフラインイベント「スペシャルイベント ~開戦前夜~」を都内のニコファーレにて開催しました。今後の予定も語られたイベントレポをお届けします。



このイベントでは始めにゲームオンの日本運営プロデューサーである、箕川学氏が登壇しました。同氏は、『BLESS』の特徴を四つ説明。壮大なストーリーと精密なグラフィック 、大迫力なバトル 、そして音楽にハリウッドでの音楽制作を手掛けるハンスジマー氏によるオリジナルサウンドが盛り込まれていると紹介します。

次に公開されたのは上白石萌音さんが出演するTVCM。正義についてを問いかけるCMとなっており、上白石さん以外の方が出演するテレビCM映像も公開されました。





この映像の紹介の後、ゲームオンの『BLESS』日本運営チームである中村直樹氏が登壇。中村氏は、本作『BLESS』の推しポイントで、ペットとして従えることができる動物などを紹介し、開発者からのコメントも披露しました。



さらに日本語キャストも公開。皇太子の使者ハンス役を木村良平さん、スフォルツァ家の密偵ドン・チコ役を中田譲治さん、皇帝の養女であるレオニ・アードラー役を小林ゆうさん、エルフの女王エルリオーネ・リリアンテス役を原由美さん、マスクの商会社長であるムカカ役を高橋広樹さん、ループスの大族長であるチヌワ・カムロゥ役を矢尾一樹さん、暗躍する謎の魔術師グイド役を杉田智和さんが演じます。


『TERA』や『黒い砂漠』、『AVA』の運営プロデューサーとゲームオン 第一事業部 部長達による偽街頭インタビューの映像が公開された後、『BLESS』応援アンバサダーとしてレイザーラモンRGさんと橋本マナミさんが登壇。橋本マナミさんが選ぶイケメンキャラクターや、RGさんとの対戦などが行われました。






これらの催しの後、『BLESS』の オープンサービス記念キャンペーンが告知。『BLESS』Big Bonusキャンペーンとして100万円相当の純金オリジナル効果とハイスペックPCやオリジナルグッズ、ゲーム内アバターもプレゼントされ、推奨PCやモニター、デバイスの予定メーカーも発表。加えて12月より配信される新規実装コンテンツも披露されました。新種族にマスクが、新職業にレンジャーが、新コンテンツに「首都争奪戦」が加わります。イベントは最後に「『BLESS』最高!」という掛け声をもって終了しました。

ゲームオンスタッフインタビュー―リリース前の状況を語る


イベントステージ終了後メディア向けの囲み取材が実施。ステージに上がった箕川学氏と中村直樹氏に加え、NEOWIZ BLESS STUDIOの李起源(Lee KiWon)氏が登壇しました。ステージに立った感想として中村氏は「ゲームのコンテンツが発表された時に反応が大きかったので、生放送の時はお楽しみ要素を交えつつ、ゲームの情報を沢山続けていきたいなと思いました」とコメント。

李氏は、制作に関わった関係者に感謝し、MMORPGの運用に強いゲームオンにてサービスしてもらうことに感謝すると述べ、「開発のリーダーとしてユーザーからの意見には常に耳を傾けていますし、これからも意見を聞きつつ作っていきたい」と話しました。箕川氏は、「手厳しい意見をユーザーの皆様からいただくのですが、それは期待の表れでもあるので、今後その辺を改善して必ず皆様が楽しめるようなゲームにしたいと思っています」と話します。

いよいよ始まるオープンサービスについて箕川氏は、「ギリギリまで開発やデバッグなど様々なことをやったので、我々としても最善は尽くしたのでローンチオープンサービスを成功させたいと思っています」と述べました。中村氏はこのオープンサービスが始まりであることを、李氏は2017年の日本サービスのために全てを行いオープン1週間前までにすべての準備が終わっている予定であったが、徹夜続きの中つい先日新ビルドをゲームオンに伝えたという緊迫した状況を述べました。

また、今後の6か月分のアップデート計画も立てていることに加え、3ヵ月分に関しては具体的な内容を提供できるところにまで到達しているので期待してほしい、と話しました。また12月のアップデート内容については、まとめてリリースされるようで、職業にレンジャーが選ばれた理由としてはバランスが挙げられます。

最後の質問で「日本を意識した部分とは」に関して、李氏は「日本のために準備した部分といえばローカライゼーションの部分で、音声の感情にあたる部分に関しては新たな表現を色々追加してあります。」と述べ終了しました。

《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など

    PC版『モンハン:ワールド』に早くも有志Modが登場―動作の更なる最適化など

  2. 懐かしアニメ“公認”同人ソフトが復活『新世紀GPXサイバーフォーミュラ SIN VIER』発売―VR対応、Steam/Oculusストア販売予定も【UPDATE】

    懐かしアニメ“公認”同人ソフトが復活『新世紀GPXサイバーフォーミュラ SIN VIER』発売―VR対応、Steam/Oculusストア販売予定も【UPDATE】

  3. 強肩すぎ!『PUBG』見事なコントロールで56メートルの遠投火炎瓶キル

    強肩すぎ!『PUBG』見事なコントロールで56メートルの遠投火炎瓶キル

  4. PC版『モンハン:ワールド』発売日決定! 日本語対応でSteam配信予定

  5. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  6. 職人魂が滾る!『ファイプロ ワールド』のレスラーエディット情報が公開

  7. アイドル洋ゲー『Shining Song Starnova』が色々キワドイ―「例のプール」も?

  8. VRアニメ『狼と香辛料VR』発表!“アニメの中に入れる”新体験、メインキャストはTVアニメ版の2人が続投

  9. スチームパンクSTG『鋼鉄帝国』がPCに登場! メガドラ版BGMも収録したサントラが初回特典に

  10. 伝説級ホラーゲーム『P.T.』を17歳のファンがリメイク、ゲームプレイの忠実な再現を目指す

アクセスランキングをもっと見る