人生にゲームをプラスするメディア

『GOD WARS』超大型DLC「黄泉の迷宮」今冬配信―モモタロウやイワナガの過去に迫る英雄たちの物語

角川ゲームスは、PS4/PS Vita用ソフト『GOD WARS ~時をこえて~』の超大型DLC「黄泉の迷宮」を2017年冬に配信すると発表しました。

ソニー PS4
『GOD WARS』超大型DLC「黄泉の迷宮」今冬配信―モモタロウやイワナガの過去に迫る英雄たちの物語
  • 『GOD WARS』超大型DLC「黄泉の迷宮」今冬配信―モモタロウやイワナガの過去に迫る英雄たちの物語
  • 『GOD WARS』超大型DLC「黄泉の迷宮」今冬配信―モモタロウやイワナガの過去に迫る英雄たちの物語
  • 『GOD WARS』超大型DLC「黄泉の迷宮」今冬配信―モモタロウやイワナガの過去に迫る英雄たちの物語
  • 『GOD WARS』超大型DLC「黄泉の迷宮」今冬配信―モモタロウやイワナガの過去に迫る英雄たちの物語
  • 『GOD WARS』超大型DLC「黄泉の迷宮」今冬配信―モモタロウやイワナガの過去に迫る英雄たちの物語
  • 『GOD WARS』超大型DLC「黄泉の迷宮」今冬配信―モモタロウやイワナガの過去に迫る英雄たちの物語
  • 『GOD WARS』超大型DLC「黄泉の迷宮」今冬配信―モモタロウやイワナガの過去に迫る英雄たちの物語
  • 『GOD WARS』超大型DLC「黄泉の迷宮」今冬配信―モモタロウやイワナガの過去に迫る英雄たちの物語

角川ゲームスは、PS4/PS Vita用ソフト『GOD WARS ~時をこえて~』の超大型DLC「黄泉の迷宮」を2017年冬に配信すると発表しました。

「黄泉の迷宮」は本編クリア後にプレイ出来る有償DLCです。本編を超える全50ステージの圧倒的ボリュームに加え、推奨攻略レベル70以上となる高難易度ステージや新たなプレイアブルキャラクター「モモタロウ」などといった新要素が盛りだくさんです。

さらにDLCでは、日向の王子モモタロウと富士王家の長女イワナガの過去や、生贄として囚われてたカグヤとキンタロウの出会い、出雲の王スサノオとその息子オオクニヌシの葛藤など、本編では語られなかった英雄たちの物語が楽しめます。

◆本編を超える大ボリュームの特盛DLC


■全50ステージの特盛ダンジョン

DLCの舞台は出雲の国の山深く、死者の眠る地へ続く地下ダンジョン「黄泉の迷宮」。本編を上回る全50ステージに加え、マップごとにダメージ量やターン数に応じた「並・良・優」の評価システムが用意。全てを遊びつくすために100時間以上のプレイが必要な圧倒的ボリュームのDLCとなっています。

■推奨レベル70以上、パワーアップしたボスが待ち構える

DLCではキャラクターと一部スキルのレベル上限が解放されます。これまでの限界を超えた成長によって、本編では活躍の場面が少なかったキャラクターも大きく成長させることが可能となります。当然、敵の強さも桁違い。

■日向の英傑モモタロウ一味が待望のプレイアブル化

カグヤやオオクニヌシのライバルとして登場した日向の第一王子「モモタロウ」がプレイアブル化、固有職の「鬼神」は、けがれが高まる程に攻撃力が上がるスキルを持った前衛職。鬼神の如き活躍が期待できます。そのほか、おともの「イヌ」「サル」「キジ」の3体もプレイ可能。

■英雄たちの過去を掘り下げるマルチエンディング


モモタロウとイワナガ

DLCではツクヨミやスサノオの眠る黄泉の国へと向かう道中でカグヤらの過去が語られます。カグヤとキンタロウの出会いや、スサノオとオオクニヌシ親子の葛藤、そしてモモタロウが王として強さを追い求めるきっかけとなったある事件などが明らかになります。また、プレイヤーの選択や攻略法によって変化する3種類の結末を見る事ができます。


©2017 KADOKAWA GAMES
《》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』プレイレポ―良作ARPGの要素を融合させた、スター・ウォーズの枠に留まらない作品

    『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』プレイレポ―良作ARPGの要素を融合させた、スター・ウォーズの枠に留まらない作品

  2. PS5のコントローラーと見られるSIEの意匠登録情報が公開…マイク用の集音孔も搭載

    PS5のコントローラーと見られるSIEの意匠登録情報が公開…マイク用の集音孔も搭載

  3. 新レジェンドへの布石か…『Apex Legends』数秒間のみ発生する「レーダー妨害」が見つかる

    新レジェンドへの布石か…『Apex Legends』数秒間のみ発生する「レーダー妨害」が見つかる

  4. 「正式発表されたPS5の購入意欲や期待は?」結果発表!大多数は値段やソフトラインナップとの相談を選択―大幅な互換性を望む声も【読者アンケート】

  5. 最新作『シェンムーIII』はストーリーを追いかけるゲームではない!生みの親・鈴木裕監督が語る寄り道のすすめ【TGS2019】

  6. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  7. 【吉田輝和の絵日記】HDリマスター版『ロマサガ3』解雇不可の仲間、技閃き道場、物件買収…あの思い出が蘇る

  8. 『ストリートファイターV チャンピオンエディション』2020年2月14日発売決定!新キャラ「ギル」やバトルシステム「VスキルII」も登場

  9. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  10. 『モンハンワールド:アイスボーン』現時点で判明している新登場モンスターをまとめてチェック―ハンターを待つは大ボリュームの24体!【特集】

アクセスランキングをもっと見る

1