人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ

ソニー PS4

【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ
  • 【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ
  • 【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ
  • 【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ
  • 【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ
  • 【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ
「東京ゲームショウ2017」3日目となる9月23日、ディースリー・パブリッシャーブースでは発表されたばかりの『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』のステージが開催。メインテーマを手がけた作曲家・ピアニストの新垣隆氏を招いてのスペシャルトークショーが行われました。

◆メインテーマのタイトルに込められた思い


EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』はディースリー・パブリッシャーの人気作『地球防衛軍』シリーズに名を連ねる新たな一作。『地球防衛軍』シリーズはサンドロットが開発を手がけていますが、本作『IRON RAIN』を開発するのはユークス。「巨大生物の襲撃に必死にあらがう人類」というコンセプトはそのままに、より映画的で、リアリティが感じられる世界が描かれます。





トークショウの進行を務めるのは、プロデューサーの岡島信幸氏と、『ドリームクラブ』の“セッちゃん”に扮した声優の姫野つばささん。新垣氏が登壇すると早々に「じゃあ、新垣のお兄ちゃんって呼ぶね?」と語りかけるなど、トークは砕けた雰囲気で進行しました。


写真左の左側が岡島氏、右側がセッちゃんに扮した姫野つばささん

最初の話題は、新垣氏に作曲を依頼した経緯について。なんと、『ドリームクラブ』でボーカル曲の作詞・作曲、およびサウンドプロデューサーを務めるmomo氏のお姉さんが新垣氏と同級生であったとか。作曲家の同級生がやはり作曲家というめずらしい縁でオファーが実現したとのことです。新垣氏は当時を振り返り「ゲームの作曲をするという機会をいただけて、大変うれしく思いました」とコメント。ユークスを訪れて開発中の映像を見て、それをヒントに作曲のインスピレーションを得たとエピソードを披露してくれました。


ゲーム音楽とは違う畑で活躍されてこられたからか、やや緊張した面持ちの新垣氏(写真左)

氏が手がけ、本作のPVにも使用されているメインテーマのタイトルは「IRON RAIN ~望(のぞみ)」。この曲名に関しては、「絶望的な状況ですが、だからこそ望みを捨ててはいけない。そんな思いを込めて付けました」と新垣氏。岡島氏も「地球防衛軍シリーズは紹介の際に“絶望(的な状況の世界設定)”という言葉を外せませんが、だからこそ、(それを汲んだうえで敢えて)正反対の“希望”を曲名に付けてくださった。本当にありがたいかぎりです」と言葉を続けました。



◆新垣氏が実機プレイに挑戦!


昆虫をモチーフにした巨大なクリーチャーたちの紹介に話が及ぶと、「新垣のお兄ちゃんは、虫さんは好き?」という質問を投げかけるセッちゃん。新垣氏は数年前にテレビ番組の特番に出演したさい、ヒラタクワガタに鼻をはさまれたエピソードを披露したり、「空は飛んでみたいと思うが、部屋の中をぶんぶん飛ぶ虫のようにはなりたくない」と語るなど、淡々とした物腰と相まったシュールな語り口がユニーク。ドリームクラブで接客になれているであろうセッちゃんも「おもしろい人だね!」と太鼓判でした。

トークのあとは、新垣氏が『IRON RAIN』のプレイに挑戦。「ピアノは4歳のころから触っていて、キーボードといえば(PCではなく)ピアノばかりでした」と自信はなさそうな新垣氏でしたが、岡島氏のナビゲートの下、女性トルーパーを選択。敵となる巨大生物はもちろん、味方への誤射、ビルの破壊など八面六臂(?)の活躍。ゲームオーバーにはならずに、見事戦い抜きました。そしてプレイを終えると「本日はお集まりいただき、ありがとうございました。ゲームにはもっと長尺のメインテーマも収録されていますので、ぜひ聞いてみてください」と挨拶し、降壇されました。


岡島氏のナビゲートで、四方八方に文字通りのIRON RAIN(銃弾の雨)をあびせる新垣氏

最後に岡島氏が、気になる本作の発売時期に関して言及。「2018年発売予定とさせていただいていますが、まだまだ生まれたての赤子のようなもの。順当にいけば(来年の)今ごろにお披露目かなという感じです。今後もいろいろな情報をお伝えしていきますので、よろしくお願いします。そして12月7日には『地球防衛軍5』が発売されますので!」と語ると、セッちゃんが「い(1)かん、尿(2)意だ、お(0)手洗い、な(7)いんやけど」と、上品とは言いがたい発売日の語呂合わせを披露。

それを聞いた岡島氏が「普通の人は尿意とか言わないよ? まったくヘンなことを言う人だな……」と呆れると、セッちゃんは「岡島さんがこう言えって言ったんじゃん! セッちゃんのことをハメたんだね、ヒトデナシー!」とおかんむり。息の合ったコントが展開され、トークショウは終幕となりました。

PS4『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』は2018年の秋頃発売予定。発売はまだ先となりますが、続報を楽しみに待ちましょう。

(C)YUKE'S
(C)D3 PUBLISHER
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

    PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

  2. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. 『モンハン:ワールド』魔獣「ベヒーモス」に挑め!無料大型アップデート第4弾配信開始

  5. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  6. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  7. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  8. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  9. 裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

  10. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る