人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ

その他 フォトレポート

【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ
  • 【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ
  • 【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ
  • 【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ
  • 【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ
  • 【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ
  • 【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ
  • 【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ
  • 【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ

コナミが、Google Play/App Storeにて配信予定の学園アイドルコミュニケーション『ときめきアイドル』。「東京ゲームショウ2017」の最終日となる9月24日、コナミブースで行われた本作のステージイベントレポートをお届けします。

今回のステージには、森一丁さん、渡辺未優さんが MCを担当し、また『ときめきアイドル』作中でキャラクターボイスと歌唱を務める声優の日岡なつみさん(結城秋葉役) 、鈴木みのりさん(月島美奈都役)、 和久井優さん(田中フランチェスカ役)がゲストとして登壇。作品の魅力について語ってくれました。


まずは、プリンセスリパブリック音楽学院のアイドル科に通うアイドル候補生や、プレイヤーが候補生たちが住む寮の寮長になるという設定など、概要から紹介。次は、今日のゲストたちが演じるキャラクターを始めとする候補生たちの説明が行われました。中でも、田中フランチェスカは「フラニ―」という愛称で呼ばれていることから、会場からは一斉に「フラニー!」という掛け声が。


ほかにも本作には、ダンスが得意だったり、バンドをやっていたり、電波系だったりとバリエーション豊かなキャラクターたちが紹介され、そのなかには中学生のキャラクターもいるとのこと(制服がほかのキャラと違う)。どれも魅力的な女の子ばかりだったので、気になる方は公式サイトでより詳しく見てもいいかもしれません。

ちなみに、コナミの社内でアンケートを取ったところ、一番人気だったのは真田小幸村(さなだこゆきむら)というキャラだったそう。さらにキャラクター名とボイスを担当する声優さんの名前が似ている場合もありますが、それは偶然で、開発内では、キャラ名を変えるかどうか議論が行われていた、という裏話も披露されました。

さらに、往年のコナミファンが喜ぶ要素が入っていると明かされた『ときめきアイドル』。鈴木さんは『ラブプラス』シリーズのファンで、同作の歌をカバーしたい、と偉い人にお願いしており、ステージのほぼ正面に位置している『ラブプラス EVERY』ブースに行きたい旨も話していました。

ここで、MCの森一丁さんから『ときめきアイドル』がどのようなゲームなのか、という核心に迫った質問がキャスト陣へと投げかけられます。この質問を受け、3人が一斉に出した答えは……「◎△$♪×¥●&%#?!」。何を言っているのか聞き取れないほどバラバラでした。ですが、1人ずつに話を聞いていくと、鈴木さんは「リズムゲーム」日岡さんは「コミュニケーションゲーム、和久井さんは「お着替えゲーム」とそれぞれ答えていて、1つだけではない本作の魅力の一端が確認できるものとなっていました。




ここからは、謎に包まれていた本作のゲーム画面が披露。寮生活での1シーンや、掃除型ロボットに乗った猫(ネコ先輩と呼ばれていました)を始め、寮生活とステージで別々になっている衣装のお着替え(アクセサリーも装着可能)、アイドル候補生たちの3Dモデルが歌って踊るライブシーンも公開されています。



なお、ライブ終了後、キャラクターと触れ合えるストーリーが発生することもあるようで、『ときめきメモリアル』シリーズでお馴染みといっても過言ではない、下校時間に声をかけるシーンが展開しましたが、親愛度が高くないと、一緒に下校はできないようです。これは、実際にゲームが配信されてからのお楽しみ、といったところでしょうか。




このほか『ときめきアイドル』では、事前登録を受け付けており、事前登録数に応じて、特典が豪華になっていくので、登録をしてみてもいいかもしれません。また、『AniUta』での楽曲配信、1stマキシシングルの発売決定、『Beatmania』への楽曲収録も発表されていました。



最後は、キャストの3人から意気込みが語られたましたが、中でも、鈴木さんは声優になってから初めて受かったオーディションが本作だったということで、ステージに出られたことの喜びを語ると同時に、今後も頑張っていきたい、という強い意志をアピールしていました。

一部のコンテンツはVRにも対応しているという、リズム/コミュニケーション/お着替えゲーム、もとい学園アイドルコミュニケーション『ときめきアイドル』はGoogle Play/App Storeにて、今冬配信予定です。
《アキナツ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

    完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

  2. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選、「クトゥルーの呼び声」の帯に『FGO』アビゲイルとラヴィニアが、スイッチ版『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』発売決定…など(1/17)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選、「クトゥルーの呼び声」の帯に『FGO』アビゲイルとラヴィニアが、スイッチ版『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』発売決定…など(1/17)

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 「オタクコイン準備委員会」のアドバイザーに“Oculus創業者”や“世界最大級アニメ紹介サイトのCEO”が就任

  6. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  7. 「闘会議2018」で『スプラトゥーン2』『UNDERTALE』などを生演奏!ステージ情報が明らかに

  8. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』意外なグッズ8選、ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、『アズールレーン』軽巡洋艦・ホノルルが近日登場…など(1/16)

  9. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  10. 3Dと実写、見分けつく?『NieR:Automata』2B海外ファンアートが現実レベル

アクセスランキングをもっと見る