人生にゲームをプラスするメディア

ゲムスパ編集部が参戦!「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」決勝戦の結果は…?

8月23日(水)、秋葉原で行われた「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」の決勝戦イベントに行ってきました。

ソニー PS4
ゲムスパ編集部が参戦!「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」決勝戦の結果は…?
  • ゲムスパ編集部が参戦!「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」決勝戦の結果は…?
  • ゲムスパ編集部が参戦!「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」決勝戦の結果は…?
  • ゲムスパ編集部が参戦!「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」決勝戦の結果は…?
  • ゲムスパ編集部が参戦!「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」決勝戦の結果は…?
  • ゲムスパ編集部が参戦!「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」決勝戦の結果は…?
  • ゲムスパ編集部が参戦!「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」決勝戦の結果は…?
  • ゲムスパ編集部が参戦!「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」決勝戦の結果は…?
  • ゲムスパ編集部が参戦!「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」決勝戦の結果は…?

8月23日(水)、秋葉原で行われた「チーム対抗 LEGOワールド選手権大会」の決勝戦イベントに行ってきました。決勝戦には4組のチームが勝ち上がったのですが、なんとその中の1つは、我らが「GameSpark」編集部のチーム。これは応援せざるをえません。そんなわけで、大いに盛り上がった現場の様子をお伝えしましょう。

◆決勝戦とあって、出てくる作品は力作揃い!


本大会は、LEGOブロックを自由に組み合わせて、世界を思いのままに構築できるPS4『LEGOワールド 目指せマスタービルダー』を使って作品を製作し、最も優れたチームが表彰されるというもの。特別ゲストにはお笑い芸人の小島よしおさんと、世界に14人しか存在しないレゴ公式ビルダーである三井淳平さんを迎え、イベントは和やかに進んでいきます。

小島よしおさん(中央)と、三井淳平さん(右)

三井さんは、「なんでもレゴブロックで作ってしまう」というレゴ界のカリスマとして知られる人物。イベントの冒頭には、そんな三井さんが20~30時間かけて作った、レゴ製のトロフィーが優勝者に進呈されることが発表され、会場は大きくどよめきました。



その後、ハイレベルな予選を勝ち抜いた4組のチームがステージに登壇します。

決勝戦は「マイレゴワールド」というお題の元、それぞれのチームがあらかじめ制作した作品を映像でプレゼンし、それを審査員が審査するというもの。審査基準は「創造性」「プレゼンテーション」「ユーモア」「テクニカルスキル」の4点です。

決勝戦に臨む4チーム

「GameSpark」編集部の2人も気合十分!

プレゼン前には、緊張の色が浮かぶ参加者を和ませようと、小島さんが代表ネタ「そんなの関係ねぇ!」を披露。締めの「おっぱっぴー」を決めた小島さんの手には、レゴで精巧に再現された“小島よしお”人形が!まさかの展開に筆者も思わず笑ってしまいました。



そして、いよいよ各チームのプレゼンがスタート。トップバッターは、チーム「ぬに」。「今回は季節柄、夏祭りをテーマとし、ひとつひとつの屋台やちょうちんの明かりなど、お祭りの雰囲気にこだわって制作しました」と、こだわったポイントを紹介してくれました。

チーム「ぬに」は紅一点の参加となりました。

金魚すくいの水槽に飛び込むなど、遊び心がいっぱい!

動画の最後には、巨大トロフィーがまさかの登場!

二番手は、ゲーム好きな職場の同僚がタッグを組んだチーム「スノーワールド」。「レゴワールドは色々な季節を楽しめるが、中でも雪の演出が凄く綺麗。蛍光色のレゴを空中に配置することで雪を再現したので、熱い夏を涼しく感じてもらえれば」と、見所をアピールします。

チーム「スノーワールド」のお二人。

幻想的な雪景色に、思わず目を奪われます。

撮影はオンラインで実施。お互いに手を振り合う様子も。

チーム「GameSpark」は3番目に登場。「自分たちの編集部をレゴにしてみました。サイトのマスコットであるスパ君も出てきます」と、媒体アピールも欠かしません。なお小島さんから「自分の出たやつ、自分で記事にするんですか!斬新ですね!」と、鋭い突っ込みを受けたのも良い思い出です。

チーム「GameSpark」の作品「地獄のGame*Spark編集部」。

「普段は取材側なんですが、今日は前に出ちゃいました」と語るチーム「GameSpark」。

“スパ君”も、もちろん頑張ってます!

筆者(会社を再現したと言ってたけど、この景色はいったい……)

最後に登場したチームが、「おやどり」。見所について、「遊んでいてできたものは、全て“マイレゴワールド”であろうと。遊んでいたらできました、という雰囲気で作品を作りました」と語りました。

作品を一緒に作ったパートナーは、おそらく生放送を見てくれているだろうとのこと。

製作過程を二画面で流すという、ユニークな作品でした。

最後は「おやどり」が空を舞う展開に!

◆気になる優勝作品は!?


さすが決勝戦ということで、発表された4作品はいずれも力作ばかり。本大会はニコニコ生放送でも配信されていましたが、「鳥肌が立った」「決勝ってこんなに凄いのか」といったコメントも寄せられていたようです。

そして結果発表の時間へと移ります。まず先に準優勝となったのが、チーム「おやどり」。三井さんは作品に対して「作られるまでのプロセスが描かれていたのが良かったです」とコメントしました。



そして、見事優勝を獲得したのはチーム「ぬに」!ぬにさんには賞品として、世界にひとつしかないレゴ製のトロフィーが進呈されました。トロフィーを受け取ったぬにさんは「朝起きたら、一番最初に目に入るところに置きたい」と、喜びを表現しました。




その後、全4チームの得点が公開されたのですが、これがもう、かなりの僅差!審査委員長である三井さんは大会を「各作品の方向性が違っていて、どう得点をつけていくか審査員の中でも迷った。その中でも、作品を作るまでの労力や遊び心を見たとき、ぬにさんの作品は射的や金魚すくいといった遊び心がふんだんにあり、また小物も作りこまれていたので、得点に繋がったのではないか」と振り返ります。

小島さんは、特に金魚すくいのプールに飛び込んだ演出がお気に入りだったようで、「文句無しの優勝だったのでは」とコメントを残しています。


最後に三井さんは、「素晴らしい作品を見せていただき、ありがとうございました。普段から作品を作っていますが、みなさんの発想力に驚かされた。」とコメント。小島さんも「作品のレベルが高くて、今後の第二回、第三回が楽しみ」と結びました。

また、今回の大会で使用された『「LEGOワールド 目指せマスタービルダー』のニンテンドースイッチ版が11月22日(水)に発売されることが明らかになりました。8月25日(金)より予約受付開始となりますので、「自分もレゴを使って自由な世界を作ってみたい!」と思った方は、こちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。




LEGO WORLDS software (C) 2017 TT Games Ltd. Produced by TT Games under license from the LEGO Group. LEGO, the LEGO logo, the Brick and the Knob configurations and the Minifigure are trademarks of the LEGO Group. (C) 2017 The LEGO group. All other trademarks and copyrights are the property of their respective owners. All rights reserved.
《ねんね太郎》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. キーワードは「PSクラシック」と「PS Vita」…SIE織田氏合同インタビュー【TGS2018】

    キーワードは「PSクラシック」と「PS Vita」…SIE織田氏合同インタビュー【TGS2018】

  4. 【吉田輝和のTGS絵日記】時間よ止まれ!フロムVR新作『Deracine』でイタズラ大好き紳士になる

  5. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  6. うまくなりたいと思えば初心者卒業!? TGS会場で『DOA6』新堀プロデューサーを直撃【TGS2018】

  7. ゲーム史上最も過激なタイトル!?『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』 ─ 続編発売前に前作を徹底チェック

  8. 『ネルケと伝説の錬金術士たち』はアトリエシリーズのターニングポイントになる―プロデューサー二人が語る20周年の思いと重み【TGS2018】

  9. 『キングダム ハーツIII』プレイレポーソラもわたしも全然変わっていなかった【TGS2018】

  10. PS4『CONCEPTION PLUS 俺の子供を産んでくれ!』発売決定!高画質化や一部演出の強化に加え、マヒルさんの性格もより親しみやすく?

アクセスランキングをもっと見る