人生にゲームをプラスするメディア

「『ポケモンGO』に関する利用実態調査結果」が発表―全体の6割以上が非課金ユーザー

ジャストシステムは、ナイアンティックのiOS/Android向けゲームアプリ『ポケモンGO』をはじめとした「位置情報アプリに関する利用実態調査」の結果を発表しています。

モバイル・スマートフォン iPhone
「『ポケモンGO』に関する利用実態調査結果」が発表―全体の6割以上が非課金ユーザー
  • 「『ポケモンGO』に関する利用実態調査結果」が発表―全体の6割以上が非課金ユーザー
  • 「『ポケモンGO』に関する利用実態調査結果」が発表―全体の6割以上が非課金ユーザー
ジャストシステムは、ナイアンティックのiOS/Android向けゲームアプリ『ポケモンGO』をはじめとした「位置情報アプリに関する利用実態調査」の結果を発表しています。

これは、スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女900名を対象にしたもので、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」にて、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施されました。


それによると、スマートフォンユーザーが現在利用している位置情報アプリとして最も多いジャンルは「ゲーム」で、10代の「ゲーム」利用率は、51.0%という結果が出ました。さらに、直近1年で、利用頻度が最も増えた位置情報アプリの利用率も「ゲーム」が圧倒的トップ(42.8%)になりました。

そして『ポケモンGO』に関する調査も実施。リリース当初の1年前と比較して最も利用率が落ちていない年齢層は30代という結果に。2016年7月の配信開始直後の利用率は20代が最も高かったにも関わらず、このような結果になりました。さらに、『ポケモンGO』をやめた人の63.1%は、プレイ開始から3カ月未満でやめているそうです。

加えて『ポケモンGO』プレイヤーの68.7%が課金をしていない事が明らかに。課金しているプレイヤーの1ヶ月あたりの課金額の平均は「500円未満」が10.2%、「1,000円未満」が8.8%、「1,000円以上」が12.3%という結果でした。

最後に『ポケモンGO』プレイヤーの64.0%が出現ポケモンに合わせて歩く道順を調整している事が判明。位置情報ゲームアプリによって現実の人間の行動に変化をもたらしているという事実は、中々興味深いものではないでしょうか。
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放決定!シンクロ召喚・モンスターも新登場

    『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放決定!シンクロ召喚・モンスターも新登場

  2. 『アズールレーン』新システム「オフニャ」の詳細が公開―「スキル」や「アビリティ」で艦隊を強化!

    『アズールレーン』新システム「オフニャ」の詳細が公開―「スキル」や「アビリティ」で艦隊を強化!

  3. 『イドラ ファンタシースターサーガ』ヒロインも「運命分岐」するの? 特徴的なシステムの数々を田中Pと陳Dに直撃─開発度、リリース時期にも言及!【TGS2018】

    『イドラ ファンタシースターサーガ』ヒロインも「運命分岐」するの? 特徴的なシステムの数々を田中Pと陳Dに直撃─開発度、リリース時期にも言及!【TGS2018】

  4. 『テイルズ オブ クレストリア』キャラクター紹介ムービーが公開!主人公含めて6名の咎我人(なかま)が登場

  5. 『アトリエ オンライン』サービス開始日が10月1日に決定!最新作『ネルケと伝説の錬金術士たち』とのコラボ企画も実施

  6. 『ポケモンGO』10月のリサーチタスクには「みずタイプ」が登場―大発見で「スイクン」にも出会える!

  7. 7kmタマゴから地域限定ポケモンが欲しい人必見!隠された秘密を徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

  8. 『ポケモンGO』9月21日からマクドナルドに「ミュウツー」襲来―毎日15時にレイド発生!

  9. 『デスチャ』×『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』コラボ開催決定!「マリー・ローズ」や「ダビ」コスチュームがそれぞれのゲームに登場

  10. 『FGO』日本ゲーム大賞 2018にて「年間作品部門 優秀賞」を受賞!奈須きのこ氏のコメントも

アクセスランキングをもっと見る