人生にゲームをプラスするメディア

「『ポケモンGO』に関する利用実態調査結果」が発表―全体の6割以上が非課金ユーザー

ジャストシステムは、ナイアンティックのiOS/Android向けゲームアプリ『ポケモンGO』をはじめとした「位置情報アプリに関する利用実態調査」の結果を発表しています。

モバイル・スマートフォン iPhone
「『ポケモンGO』に関する利用実態調査結果」が発表―全体の6割以上が非課金ユーザー
  • 「『ポケモンGO』に関する利用実態調査結果」が発表―全体の6割以上が非課金ユーザー
  • 「『ポケモンGO』に関する利用実態調査結果」が発表―全体の6割以上が非課金ユーザー
ジャストシステムは、ナイアンティックのiOS/Android向けゲームアプリ『ポケモンGO』をはじめとした「位置情報アプリに関する利用実態調査」の結果を発表しています。

これは、スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女900名を対象にしたもので、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」にて、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施されました。


それによると、スマートフォンユーザーが現在利用している位置情報アプリとして最も多いジャンルは「ゲーム」で、10代の「ゲーム」利用率は、51.0%という結果が出ました。さらに、直近1年で、利用頻度が最も増えた位置情報アプリの利用率も「ゲーム」が圧倒的トップ(42.8%)になりました。

そして『ポケモンGO』に関する調査も実施。リリース当初の1年前と比較して最も利用率が落ちていない年齢層は30代という結果に。2016年7月の配信開始直後の利用率は20代が最も高かったにも関わらず、このような結果になりました。さらに、『ポケモンGO』をやめた人の63.1%は、プレイ開始から3カ月未満でやめているそうです。

加えて『ポケモンGO』プレイヤーの68.7%が課金をしていない事が明らかに。課金しているプレイヤーの1ヶ月あたりの課金額の平均は「500円未満」が10.2%、「1,000円未満」が8.8%、「1,000円以上」が12.3%という結果でした。

最後に『ポケモンGO』プレイヤーの64.0%が出現ポケモンに合わせて歩く道順を調整している事が判明。位置情報ゲームアプリによって現実の人間の行動に変化をもたらしているという事実は、中々興味深いものではないでしょうか。
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』なぜ人は「ハルウララ」に惹かれるのか―ゲームでようやく果たされる114戦目の「うららん一等賞」

    『ウマ娘』なぜ人は「ハルウララ」に惹かれるのか―ゲームでようやく果たされる114戦目の「うららん一等賞」

  2. 「東海オンエア」プロデュースのクソゲー『僕は地球以外を見たことがない』リリース!公開早々、App Store無料ゲームランキング1位に

    「東海オンエア」プロデュースのクソゲー『僕は地球以外を見たことがない』リリース!公開早々、App Store無料ゲームランキング1位に

  3. 『ウマ娘 プリティーダービー』サービス開始5日で100万DL突破!全ユーザーに「SSR確定メイクデビューチケット」プレゼント

    『ウマ娘 プリティーダービー』サービス開始5日で100万DL突破!全ユーザーに「SSR確定メイクデビューチケット」プレゼント

  4. 3月1日から「レジェンドシーズン」到来!新たなランドロスはじめんタイプ最強、間違いなくガチるべきターゲット【ポケモンGO 秋田局】

  5. 新コスチュームを纏った「フレンリーゼ」の後ろ姿はどうなる…?『ニーア リィンカーネーション』にて2月28日よりイベント「記録:狂妄の巣」開催

  6. 『原神』甘雨の髪がなびき、視線が合う…! 導入簡単&無料の壁紙アプリ『N0va Desktop』に新たな一枚が登場

  7. 『ウマ娘 プリティーダービー』「ジュエル1,500個」を全プレイヤーに配布!Google Playトップセールスランキング1位獲得に「おめでとう」の声

  8. 『FGO』CBC2021がやって来た!新イベント「聖杯怪盗天草四郎 ~スラップスティック・ミュージアム~」3月3日開幕

  9. 『FGO』プロトアーサーの霊衣「ホワイトローズ」の設定画を初公開、細部に神が宿るこだわりぶり!─ボツ画の“クマのぬいぐるみ”もキュート

  10. 『ガールフレンド(♪)』4月28日をもってサービス終了に…約6年続いた『ガールフレンド(仮)』のリズムゲーム

アクセスランキングをもっと見る