人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレポ】『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』―協力プレイが大幅強化され、独自アクションも追加!

ソニー PS4

【プレイレポ】『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』―協力プレイが大幅強化され、独自アクションも追加!
  • 【プレイレポ】『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』―協力プレイが大幅強化され、独自アクションも追加!
  • 【プレイレポ】『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』―協力プレイが大幅強化され、独自アクションも追加!
  • 【プレイレポ】『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』―協力プレイが大幅強化され、独自アクションも追加!
  • 【プレイレポ】『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』―協力プレイが大幅強化され、独自アクションも追加!

2017年7月11日、SIEJAがメディア向けに開催したPS4/ PS VRの体験会にて、同社のPS4向けアクションアドベンチャー『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』が試遊出展されました。今回は、本作の「アクション」と「バトル」のふたつの要素が体験できるデモをプレイしてきたので、そのレポートをお届けします。

今回は当編集部員と2人で協力プレイモードに挑戦。まずは「アクション」要素が体験できるステージをプレイしました。協力プレイモードでは、このモードでしか使えない特別な「タッグアクション」を繰り出す事ができるほか、味方プレイヤーの場所に瞬間移動できるアクション「ワープ」も使用できます。

例えば、障害物を越えたり、足場から違う足場に移ったりするプラットフォームアクションがメインになっている場所では、前述した「ワープ」を重宝しました。1Pが足場を踏み外して地面に落ちそうになっても2Pの場所にワープできるため、何度もトライ&エラーを重ねる必要が無くなり、ストレスを感じずにステージを楽しめました。


また、前作と異なり本作では、ナックの身体のサイズが任意で変えられるように。プレイヤーは、このナックの身体のサイズを変えて、狭い通路を渡ったり、小さな足場に登ったりできます。また、この要素を使って、ステージに隠された部屋を探し当てていくのも面白く、ついつい寄り道をしてしまいました。


「バトル」の要素が体験できるステージでは、前述した「タッグアクション」を駆使して敵を倒していきました。例えば、敵の防御態勢を崩すヘビィパンチを味方プレイヤーに使えば、味方プレイヤーを銃弾のように飛ばして敵に大ダメージを与える事が出来ます。さらに、このヘビィパンチのタッグアクションは、味方プレイヤーの行動を邪魔できるので、じゃれ合いにはうってつけ。友達や家族とのプレイで多用しそうです。なお、ゲームが進むにつれて様々なタッグアクションが追加されていくとのことです。


本作は、PS4のロンチタイトルとして発売された前作と比較して協力プレイモードが大幅に強化されているだけではなく、ステージにチェックポイントが細かく設けられているなどの遊びやすさを意識した作りになっていました。また、最後に最高難易度に挑戦してみたのですが、敵とのバトルで即座にやられてしまいました。死に覚えゲーが好きな人にとってはたまらないのではないでしょうか。

『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』は2017年9月28日発売予定。価格は4,900円+税です。
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『聖剣伝説2 SECRET of MANA』キャライラスト&キャストが公開―道中の掛け合いを描いた幕間エピソードが収録

    『聖剣伝説2 SECRET of MANA』キャライラスト&キャストが公開―道中の掛け合いを描いた幕間エピソードが収録

  2. 【TGS2017】『モンスターハンター:ワールド』新フィールド&新モンスター「パオウルムー」などサプライズお披露目!

    【TGS2017】『モンスターハンター:ワールド』新フィールド&新モンスター「パオウルムー」などサプライズお披露目!

  3. 『仁王 Complete Edition』の発売が決定―オリジナル武器やオリジナルミニサントラが数量限定で付属

    『仁王 Complete Edition』の発売が決定―オリジナル武器やオリジナルミニサントラが数量限定で付属

  4. 【TGS2017】『信長の野望・大志』インタビュー、奥深いシミュレーションはそのままに、「志」で武将の人間らしさを追求

  5. 【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ

  6. 『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』ゲーム内容の最新情報が公開―オンラインでは最大10人の白熱バトルが可能

  7. 【TGS2017】絶対にまた開催してほしい「Jスタとあそぼう:リアル」レポート―会場はクリエイターとユーザーの笑顔が溢れていた

  8. もうひとつの「EDF」始動!『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』ティザーサイトが公開

  9. 【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

  10. 【TGS2017】まつげの長さからシワまで!キャラクリ要素を紹介した『モンスターハンター:ワールド』ステージレポ

アクセスランキングをもっと見る