人生にゲームをプラスするメディア

『ニーア オートマタ』ノベライズ化! 各キャラの知られざる心情を描く─著者は映島巡、ヨコオタロウが監修

その他 全般

『ニーア オートマタ』ノベライズ化! 各キャラの知られざる心情を描く─著者は映島巡、ヨコオタロウが監修
  • 『ニーア オートマタ』ノベライズ化! 各キャラの知られざる心情を描く─著者は映島巡、ヨコオタロウが監修

今年の2月23日にリリースされたアクションRPG『ニーア オートマタ』は、プラチナゲームズによる爽快感極まるアクション性と、ヨコオタロウ氏が描く印象深いシナリオが融合し、多くのゲームファンを虜としました。

その影響は今も広がり続けており、世界的な支持を受けると共に、書籍やCDなど関連商品も多数展開。主人公・2Bをはじめとする主要キャラクターになりきるコスプレイヤーも続出し、様々な形で盛り上がりを見せています。

今なお高い人気を博す『ニーア オートマタ』ですが、このたびノベライズ化が決定。著者は映島巡氏で、監修はヨコオタロウ氏が担当するこの長編ノベライズ「小説 NieR:Automata」は、8月5日に発売を迎えます。気になる内容は、「ゲーム本編裏側のエピソードを語りながら、各キャラクターの知られざる心情を浮きぼりにします」とのこと。『ニーア オートマタ』にどっぷりとハマった方は、新たな一面を描く本書をお見逃しなく。


《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  2. 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

    【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

  3. 【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も

    【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 【昨日のまとめ】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”、『ポケランド』「みんなで新αテスト」開催決定、【クイズ】GAMEMANIA!:武器特集…など(10/16)

  6. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  7. 『ダークソウル』世界最速49分55秒でクリアする動画、海外スピードランナーが達成

  8. 【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

  9. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  10. 【特集】『連休に没頭できるSteamゲーム』10選

アクセスランキングをもっと見る