人生にゲームをプラスするメディア

『深夜廻』新たなロケーションや新要素「サブイベント」を公開! 更に“深み”を増した夜がしのび寄る…

ソニー PS4

『深夜廻』新たなロケーションや新要素「サブイベント」を公開! 更に“深み”を増した夜がしのび寄る…
  • 『深夜廻』新たなロケーションや新要素「サブイベント」を公開! 更に“深み”を増した夜がしのび寄る…
  • 『深夜廻』新たなロケーションや新要素「サブイベント」を公開! 更に“深み”を増した夜がしのび寄る…
  • 『深夜廻』新たなロケーションや新要素「サブイベント」を公開! 更に“深み”を増した夜がしのび寄る…
  • 『深夜廻』新たなロケーションや新要素「サブイベント」を公開! 更に“深み”を増した夜がしのび寄る…
  • 『深夜廻』新たなロケーションや新要素「サブイベント」を公開! 更に“深み”を増した夜がしのび寄る…
  • 『深夜廻』新たなロケーションや新要素「サブイベント」を公開! 更に“深み”を増した夜がしのび寄る…
  • 『深夜廻』新たなロケーションや新要素「サブイベント」を公開! 更に“深み”を増した夜がしのび寄る…
  • 『深夜廻』新たなロケーションや新要素「サブイベント」を公開! 更に“深み”を増した夜がしのび寄る…

日本一ソフトウェアは、PS4/PS Vitaソフト『深夜廻(しんよまわり)』の新要素「サブイベント」や探索できるステージなどの情報を発表しました。

帰ってこない愛犬と姉を探しに、少女がひとり夜道を進む和風ホラーアクション『夜廻』は、寂しさと不安、得体の知れない恐怖が織りなすユニークな一作として注目を集めました。そんな前作の魅力を継承し、ふたりの少女が互いを捜しに夜の闇の中へと踏み出すシリーズ最新作『深夜廻』が、2017年8月24日に発売されます。



「夜に潜む恐怖」をテーマとする本タイトルですが、その新たな恐怖の数々や、夜の街で遭遇する新要素「サブイベント」などが明らかとなりました。この夏に、忘れられない「夜」を届ける『深夜廻』の魅力を、いち早く垣間見てください。

◆わたしたちの町に、夜が来る。


本タイトルは、ふたりの幼い少女が不気味な夜の街を探索するアクションゲーム。物語は、少女たちの視点が交互に入れ替わりながら進行します。

■ユイ

ハルの親友。明るい性格をしている。花火大会の帰りにハルとはぐれ、夜の街を彷徨う。子犬を2匹飼っている。

■ハル

ユイの親友。物静かな性格をしているが、勇気を出して、夜の街に繰り出しユイを探す。

◆夜の街で巻き起こる、様々な出来事


■少女たちの住む街
少女たちの住む街の掲示板や、壁の落書き、落ちている雑誌などで、探索に役立つ情報を得ることができます。






■幽霊犬
街中を徘徊する犬のお化け。石を投げると反応して追いかける。




■揺れ動くお化け
赤みがかった影のようなお化け。少女を見かけると、左右に素早く揺れながら迫ってくる。




◆サブイベント



本タイトルでは、探索を進めていると「サブイベント」が発生することがあります。「サブイベント」を達成することで、本編とはことなった物語を楽しめて、収集アイテムが入手できます。


「サブイベント」のヒントは様々な場所に隠されているので、隅々まで探索し、より深く夜の街を堪能できる「サブイベント」をお楽しみください。

◆静寂に包まれた図書館の探索


閉館し、誰もいなくなった夜の図書館。本棚には様々な書籍があり、探索に役立つ情報も得ることができる。本棚の死角にお化けが潜んでいることもあるので、注意深く探索しよう。




■うつろな亡霊
図書館に出没するお化け。普段はおとなしいが、大きな音に反応して襲い掛かってくる。




■監視するお化け
周囲を監視するお化け。見つかると、豹変して喚き声をあげる。




◆誰もいない廃墟となった洋館の探索


廃墟となった洋館。前の居住者のものと思わしきメモや落書きが散乱している。誰もいないはずだが、物音などが聞こえてくる。





■赤い腕の大型お化け
幾つもの腕や目がある大型のお化け。少女が近くにいるのに気がつくと、両手を振り下ろして襲ってくる。




◆水位が低くなったダムの探索


水不足により、水位が低くなっているダム。施設内には、湖の奥まで見渡せる場所もある。




◆少女が記す、探索の軌跡


■ちず
少女は、一度探索した場所は、地図に手描きで記される。ゲーム進行における目的を確認することもできる。



『深夜廻』は2017年8月24日発売予定。価格は、PS4の通常版が6,980円(税抜)、初回限定版版が8,980円(税抜)。PS Vitaの通常版が5,980円(税抜)、初回限定版が7,980円(税抜)です。

(C) 2017 Nippon Ichi Software, Inc.
※ゲーム画像、イラスト、テキストは開発中のものです。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【GC 2017】『モンスターハンター:ワールド』ドイツ最速ハンズオン

    【GC 2017】『モンスターハンター:ワールド』ドイツ最速ハンズオン

  2. 『モンスターハンター:ワールド』新フィールド「大蟻塚の荒地」を含むスクリーンショットを一挙公開!

    『モンスターハンター:ワールド』新フィールド「大蟻塚の荒地」を含むスクリーンショットを一挙公開!

  3. 【インタビュー】発売が迫る『深夜廻』ディレクター溝上氏へ訊く!注目すべき新要素やこぼれ話が満載

    【インタビュー】発売が迫る『深夜廻』ディレクター溝上氏へ訊く!注目すべき新要素やこぼれ話が満載

  4. 【レポート】『メタルギア サヴァイブ』新ステージを一足早く体験!歯ごたえあるゲームプレイに期待膨らむ

  5. 『ドラゴンボール ファイターズ』PV第2弾が到着、クリリン、ピッコロ、18号、16号が新たに参戦!

  6. PS VR『モンスター オブ ザ ディープ ファイナルファンタジーXV』配信日が11月21日に決定

  7. 『エースコンバット7』gamescom出展映像を公開! 息を飲む空戦シーンや物語の一端なども収録

  8. 角川ゲームス、クトゥルフ神話DRPG『Project 堕天』と日本神話SRPG『Project 月読』を発表

  9. 【PS Vita DL販売ランキング】『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』ベスト版が首位へ、『ドラクエビルダーズ』3位浮上ほか(8/21)

  10. 【読者アンケート】『ドラクエ XI』、PS4と3DSどっちを買う?結果発表─「ドラクエ」ファンはどちらを選んだのか…?

アクセスランキングをもっと見る