人生にゲームをプラスするメディア

キン肉マンにバッファローマン、モンゴルマンも! あの「キンケシ」が復活─必殺技を再現する「ワザケシ」も

バンダイは、1983年に発売して一大ブームを巻き起こした PVC(ポリ塩化ビニル)製のフィギュア「キンケシ」を復活させ、カプセル自販機にて「キン肉マン キンケシ 01」(1 回200円・税8%込)として発売します。

その他 玩具
キン肉マンにバッファローマン、モンゴルマンも! あの「キンケシ」が復活─必殺技を再現する「ワザケシ」も
  • キン肉マンにバッファローマン、モンゴルマンも! あの「キンケシ」が復活─必殺技を再現する「ワザケシ」も
  • キン肉マンにバッファローマン、モンゴルマンも! あの「キンケシ」が復活─必殺技を再現する「ワザケシ」も
  • キン肉マンにバッファローマン、モンゴルマンも! あの「キンケシ」が復活─必殺技を再現する「ワザケシ」も
  • キン肉マンにバッファローマン、モンゴルマンも! あの「キンケシ」が復活─必殺技を再現する「ワザケシ」も
  • キン肉マンにバッファローマン、モンゴルマンも! あの「キンケシ」が復活─必殺技を再現する「ワザケシ」も
  • キン肉マンにバッファローマン、モンゴルマンも! あの「キンケシ」が復活─必殺技を再現する「ワザケシ」も
  • キン肉マンにバッファローマン、モンゴルマンも! あの「キンケシ」が復活─必殺技を再現する「ワザケシ」も

バンダイは、1983年に発売して一大ブームを巻き起こした PVC(ポリ塩化ビニル)製のフィギュア「キンケシ」を復活させ、カプセル自販機にて「キン肉マン キンケシ 01」(1回200円・税8%込)として発売します。

本商品は、1987年までに累計出荷数1億8,000万個を記録した「キンケシ」を復活させた商品となっており、カプセル自販機で「キンケシ」を販売するのは約10年ぶり。金型は当時の「キンケシ」を参考に、新たに制作。原型監修は、当時の造形師・廣田圭司氏の息子である廣田敬厚氏が担当しており、親子2世代に渡る「キンケシ」商品開発が実現しました。


ラインアップは、1カプセル1体入りの「キンケシ」4種と、2体セットで必殺技が再現できる「ワザケシ」2種の計6種が用意されており、それぞれペールオレンジ・赤・青の3色で展開します。サイズは、当時の全高約40mmから約46mmにボリュームアップして登場。発売時期は、2017年6月下旬を予定しており、全国の玩具売場や量販店などに設置されたカプセル自販機にて、順次発売されます。

■商品名
・キン肉マン キンケシ 01

■発売日
・2017 年 6 月下旬より順次発売

■メーカー希望小売価格
・1回200円 / 税8%込

■ラインナップ(6種×3色)
・キン肉マン
・ペインマン
・バッファローマン
・モンゴルマン

・ネメシスドライバー(ネメシス VS ロビンマスク)
・アシュラバスター(アシュラマン VS テリーマン)

■カラーバリエーション
・赤 / ペールオレンジ / 青

■サイズ
・約46mm

【キンケシの復活に向けたコメント】
●「キン肉マン」原作者:ゆでたまご 嶋田隆司氏
ガシャポン 40周年おめでとうございます。「キン肉マン」は今年で38年になります。ともに年月を重ねて今があると思います。「キンケシ」はトントン相撲や戦わせて実況遊びをするなど、いろいろな遊び方が出来るこの形状だからこそ、子どもの想像力をかき立て、受け入れられてきたんだと思います。新シリーズの「超人」も、今後もっと「キンケシ」になって発売されて欲しいと思っています。

●「キンケシ」造形総監修 廣田敬厚氏
「キンケシ」がガシャポンで復活することが本当にうれしいです! 造形師の手により、今回も素晴らしい仕上がりです。昔の子どもが楽しんだように、今の子どもたちにも遊んでもらえるといいですね。皆さん「キンケシ」の復活を楽しんでください!

●発売当時の「キンケシ」造形師・廣田圭司氏
「キンケシ」が産声をあげて34年が過ぎました。私自身にとりましては「キンケシ」の原型を懸命に刻んでいたよき時代を懐かしく思い出します。この度「キンケシ」の「超人」たちがカプセルで蘇ることになったそうですが、「キンケシ」をこよなく愛した方々と共に心から喜びたいと思っているところです。

■関連商品
●「超デカい!!」キンケシ登場!
キンケシ史上最大・全高約450mmのビッグサイズ『超デカキンケシ キン肉マン(フルカラーVer.)』(10,584円・税8%込)を、バンダイの公式ショッピングサイトプレミアムバンダイ内「ガシャデパ(http://p-bandai.jp/gashadepa/)」にて、6月2日(金)11時より予約受付を開始します。「超デカキンケシ」シリーズは、今後もさまざまな「超人」で展開していく予定です。


(C)ゆでたまご・東映アニメーション
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』嬉しい布石が見えたアップデートに関心集まる─手塚キャラの美少女化ゲーム『絵師神の絆』の続報も注目の的

    【週刊インサイド】『ポケモンGO』嬉しい布石が見えたアップデートに関心集まる─手塚キャラの美少女化ゲーム『絵師神の絆』の続報も注目の的

  2. ドワンゴのゲームプロジェクト発表番組が10月25日に放送決定!宮崎駿氏が映像出演

    ドワンゴのゲームプロジェクト発表番組が10月25日に放送決定!宮崎駿氏が映像出演

  3. セガサターンとのコラボプレーヤー『CT10 セガサターン』発売決定!初期型カラーと後期型カラー、各色限定500台を用意

  4. 「もっとちこう寄ります?」『FGO』酒呑童子を“現界させた”中国コスプレイヤーw百合欧皇子wインタビュー

  5. 「コナン」最新刊で"黒ずくめの組織"ボスの正体判明! 灰原哀、TVCMで24年越しの真実語る

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る