人生にゲームをプラスするメディア

BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

ゲームビジネス インディ

BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結
  • BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結
  • BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結
  • BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結
  • BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結
  • BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結
  • BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結
  • BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結
  • BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

京都のみやこめっせ1階にて「A 5th Of BitSummit」2日目が行われていた5月21日。同施設の3階にて「MegaBitConvention」というインディー/同人/フリーゲームのイベントが開催されていたのはご存知でしょうか。筆者はBitSummit取材の空き時間に少し見てきたのですが、広大な会場の中にはとてもとても鋭利な作品達が並んでいました。本稿では、その中から数点をピックアップし、フォトレポート形式でお伝えいたします。

なお、念のため記載しておきますが、本イベントは「BitSummit」とは関係のないイベントです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

◆『もえくり2 ~イルセの魔法書~』





もきゅソフト開発の擬人化クリーチャー召喚SRPG『もえくり2』。プレイヤーは10種類の職業から1つを選択し、召喚時間・コスト・キャパが設定されたクリーチャーを編成しバトルに臨みます。SRPGの奥深さに加え、TCGのようにシナジーを考えながらデッキを組む楽しみを持ったタイトルです。ちなみに、シナリオに登場するメインキャラクターのイラストは、某有名イラストレーターが担当。ハートがジャンピンしそうなイラストにピンとくる方もいるのではないでしょうか。

■『もえくり2 ~イルセの魔法書~』
http://mokyusoft.wixsite.com/moekuri2

◆『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』





AlchemyBlue開発の『血塗られた天女伝説』は、妖怪などが登場する和風ホラーをベースに、「クトゥルフ神話TRPG」の特徴(例えば“正気度”など)を盛り込んだファミコン風2DRPG。PVナレーションに声優の杉田智和さん・浅見ゆいさんを起用したことで話題にもなり、特に杉田さんは自身のTwitterでも頻繁に本作についてのつぶやきを投稿しているので、目にした方も多いかもしれません。

■『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』
http://www.alchemyblue.net/cthulhu-rpg2/top.htm

◆『SLEEPWALKER』





『SLEEPWALKER』は、PhantomIslandが開発中のオープンワールド3DACT。今回出展されていたバージョンではオープンワールドを自由に探索することができ、敵キャラとのバトルも可能。まだ粗い部分はあるものの、ジャンプボタン2回押しでの高速飛行や、ジャスト回避・回避キャンセルなど、爽快なアクションが楽しめました。開発者のひとり・かせさん(@YutaDevelop)によれば、本作は2018年春頃の完成を目処に開発中で、開発完了後パブリッシャーを捜し、2018年夏秋頃のリリースを目指しているとのことです。

■ゲーム開発サークル「PhantomIsland」
http://phantomislanddev.tumblr.com/



◆『PHRASEFIGHT』





coolstepさん(@coolstep2010)が開発中の『PHRASEFIGHT』は音ゲーと格ゲーを融合させたユニークなタイトル。画面に現れる音符に合わせてボタンを押すことで相手を押し込むことができ、楽曲終了後により押し込んでいた側が勝ちとなります。今回はスイッチのジョイコンをBluetoothで接続し使用しましたが、これが相性抜群!ゴキゲンな音楽に合わせて体を揺らしながらプレイすることができました。4つのボタンにはそれぞれ違うボタン音が設定されており、音符がない所で押してもペナルティは無いので、自分なりのアレンジを加えることも可能。プレイヤーの2人のみならず、観戦者も一緒に盛り上がれそうなタイトルです。本作はPC向けにリリース予定。スイッチでの配信も目指しているそうです。

■veryOK
http://veryok.jp/

◆『鉄道事業戦略』





マニアックなゲームが集うMegaBitConventionの中でも、飛び抜けたマニアックさを感じたのがoverload Games開発の『鉄道事業戦略』。タイトルからも分かる通り、鉄道会社を経営するSLGなのですが、そのマニアックさとこだわりが半端ないのです。気になる方はoverload Gamesのサイトを参考にしてみてください。そのこだわりの一端に触れられるはずです。本作の開発者のぷーすけさん(@usk117)は、デザインなども含めて全てを1人で作ったとのこと。ブースでは他にも、武器商人SLG『世界の半分を商人にやろう』も出展。こちらはRPG世界で商売を行うタイトルとなっています。

■overload Games
http://overloadgames.x0.com/index.html

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

全て紹介することができず残念なのですが、上記のタイトル以外にも、東京インディーフェスでも取材した『常世の塔』や、スマホ向け爽快アクション『ブラック・ブラッド・ブレイカー』、危険行為推奨系縦スクSTG『GRAZE COUNTER』、同人ソフトサークルD.C.S制作で、以前Game*Sparkでも取り上げた『ブリーフカラテ』など、個性的なタイトルの数々が出展。個人的にはかなり楽しめたので、次回があるならまた参加したいところです。

■MegaBitConvention
http://megabitconvention.com/top.html
《編集部》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

    ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

  2. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

    『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  3. レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

    レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

  4. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  5. コナミがハワイスタジオを閉鎖へ(starbulletin.com)

  6. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  7. 次世代女子プロe-Sports選手育成「スターゲーマーズプロジェクト」始動!―新番組「スターダストゲームガールズ」6月9日より配信開始

  8. 『ブレイブウィッチーズ VR』がSteamで配信開始―「雁淵ひかり」を操作して大空を舞うシューティング

  9. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  10. 「GTMF2017」の事前来場者登録を受付開始─開発&運営ソリューションが一堂に会するイベント

アクセスランキングをもっと見る