人生にゲームをプラスするメディア

インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

京都の展示会場みやこめっせにて、5月20日と21日の2日間にわたって開催されている、日本最大級のインディーズゲームイベント「Bitsummit」。本会場にキュートな3Dアクション死にゲー『Momodora V』が出展されていたのでご紹介します。

ゲームビジネス インディ
インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア
  • インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア
  • インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア
  • インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア
  • インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア
  • インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

京都の展示会場みやこめっせにて、5月20日と21日の2日間にわたって開催された日本最大級のインディーズゲームイベント「A 5th of BitSummit」。本会場にトゥーン調のかわいいキャラクターを操作する3Dアクション『Momodora V』が出展されていたのでご紹介します。

『Momodora V』を開発しているのは、世界中のゲームファンをうならせた2Dアクション『Momodora: 月下のレクイエム』を手掛けたブラジルのデベロッパーBombservice。ブラジル在住のrdein氏が中心となり、世界中の3人の仲間とゲーム開発を行っているのだそう。


キュートに仕上がったゲームグラフィックは『ゼルダの伝説 風のタクト』を意識して制作されており、日本人に親和性の高いデザインに。ゲームシステムは『ダークソウル』に近い「死にゲー」ライクなシステムですが、開発者によると難易度を何段階も用意し、カジュアル層でも楽しみながらクリアできるものを目指しているそうです。『風のタクト』『ダークソウル』はrdein氏が大ファンで、強く影響を受けたのだとか。


今回のデモは、遺跡のようなダンジョンを探索し、奥にいるボス(美少女)と戦うところまで。Xbox360コントローラーでの操作でしたが、L3での敵のロックオンやBボタンでのローリング回避など、『ソウル』シリーズのプレイヤーならすんなりと入り込めるボタン配置となっていました。また、ローリング回避で壺や木箱を破壊できるのも、にやりとしてしまうでしょう。武器で近接攻撃をしたときのヒット感は非常に心地よく、Yボタンでの遠距離武器もチャージショットの導入によりバトルの駆け引きの幅を広げていました。


今回のデモでは、ザコ敵の動きはさほど機敏ではないためサクサク進むことができます。一方でボス戦はなかなか歯ごたえのある戦闘になっており、死にゲー系をやり込んでいる筆者でさえ初見はあえなく撃沈してしまうほど。相手の動きを注意深く観察しながら攻撃を回避し、隙ができたら攻撃を加えるというのも非常に『ダクソ』的です。

『Momodora V』の開発は昨年から開始され、Bitsummitに出展されたデモはまだ初期段階のバージョンとのこと。現段階はPCでのリリースに注力をそそいでいますが、将来的にはNintendo SwitchやPS4での展開も視野に入れているとrdein氏は語ってくれました。前作『Momodora: 月下のレクイエム』のファンはもちろん、あらゆるゲーマーが楽しめそうな本作のリリースが今から待ち遠しくなります。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 【CEDEC 2008】ゲーム開発会社が海外パブリッシャーから開発を受注するには?

    【CEDEC 2008】ゲーム開発会社が海外パブリッシャーから開発を受注するには?

  3. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  4. 【TGS 2014】驚きと興奮のゲームの世界「センス・オブ・ワンダーナイト」今年も多数の作品が登場

  5. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  6. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  9. 2019年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

アクセスランキングをもっと見る