人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】上位モデルは約80万円!―ASUSゲーミングPC新製品発表会

その他 全般

【レポート】上位モデルは約80万円!―ASUSゲーミングPC新製品発表会
  • 【レポート】上位モデルは約80万円!―ASUSゲーミングPC新製品発表会
  • 【レポート】上位モデルは約80万円!―ASUSゲーミングPC新製品発表会
  • 【レポート】上位モデルは約80万円!―ASUSゲーミングPC新製品発表会
  • 【レポート】上位モデルは約80万円!―ASUSゲーミングPC新製品発表会
  • 【レポート】上位モデルは約80万円!―ASUSゲーミングPC新製品発表会
  • 【レポート】上位モデルは約80万円!―ASUSゲーミングPC新製品発表会
3月30日、都内で開催した新製品発表会で、ASUS JAPANは4月1日より順次発売される「ROG」シリーズをはじめとするゲーミングノートPCの2017年春のラインナップを披露しました。「ROG」シリーズは、ヘビーゲーマーを見据えたハイスペックゲーミングPCブランド。2016年2月に発売された「世界初の水冷ゲーミングノート」を謳う「GX700」は、そのスペックの高さはもちろん、PCの背面に接続する大きな水冷ユニットがひと際目を引きました。

◆水冷ユニットによるオーバークロックを実現したスーパーハイエンドノートPC「GX800VH」


今回発表された「GX800VH」はその後継機。18.4型という大画面に加え、CPUはIntel Core i7-7820HKプロセッサー、メモリはDDR4-2400 64GB、グラフィックボードはGeForce GTX1080を2枚という、デスクトップPCも顔負けのハイスペックとなっています。また、水冷ユニット接続時は、ソフトウェア「ROG Gaming Center」から簡単にオーバークロックの設定ができるようになります。


GX800VHと、背面に装着する水冷ユニット



CPUとGPUの両方を冷却する水冷システムにより、高い水準のオーバークロックを実現

オーバークロックは標準、最適化、最高、手動の4つのモードが用意されており、スマートフォンに専用のアプリをインストールすることで、遠隔でも「ROG Gaming Center」で各種設定ができるとのことです。発売予定日は4月7日で、価格はオープン価格(希望小売価格739,800円(税別))。前述の水冷ユニットはもちろん、ゲーミングマウス「ROG Gladlus」や、一式をまとめて運ぶためのスーツケースとバックパックが付属します。


左に写るのがスーツケースとバックパック。月並みな表現ですがものすごい“ガチ度”の高さを感じます


■GX800VH
CPU:インテルCore i7-7820HKプロセッサー 2.9GHz (最大3.9GHz)
OS:Windows 10 HOME 64ビット
メモリ:DDR4-2400 64GB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX1080×2
ストレージ:SSD 1536GB RAID 0(512GB×3)
ディスプレイ:18.4型ワイドTFTカラー液晶(UHD) 3,840×2,160ドット
価格:オープン価格(希望小売価格:739,800円(税別))


「ROG」シリーズからはさらに「G701VIK」と「G752VS」が、そして「ROG STRIX」シリーズから「GL502VS」がそれぞれ4月1日にリリース。また、「PCゲームをより身近に感じられるカジュアルなゲーミングノートPC」を謳う「FX」シリーズから、「FX502VM」と「FX553VD」の2モデルが発表されました。


4K UHD液晶を搭載した「G752VS」

■G701VIK
CPU:インテルCore i7-7820HKプロセッサー 2.9GHz (最大3.9GHz)
OS:Windows 10 HOME 64ビット
メモリ:DDR4-2400 32GB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX1080
ストレージ:SSD 1024GB RAID 0(512GB×2)
ディスプレイ:17.3型ワイドTFTカラー液晶 1,920×1,080ドット
価格:オープン価格(希望小売価格:409,800円(税別))

■G752VS
CPU:インテルCore i7-7700HQプロセッサー 2.8GHz (最大3.8GHz)
OS:Windows 10 HOME 64ビット
メモリ:DDR4-2400 32GB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX1070
ストレージ:SSD 512GB/HDD 1TB
ディスプレイ:18.4型ワイドTFTカラーIPS液晶 3,840×2,160ドット
価格:オープン価格(希望小売価格:739,800円(税別))

■GL502VS
CPU:インテルCore i7-7700HQプロセッサー 2.8GHz (最大3.8GHz)
OS:Windows 10 HOME 64ビット
メモリ:DDR4-2400 16GB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX1070
ストレージ:SSD 256/HDD 1TB
ディスプレイ:15.6型ワイドTFTカラー液晶 1,920×1,080ドット
価格:オープン価格(希望小売価格:229,800円(税別))

■FX502VM
CPU:インテルCore i7-7700HQプロセッサー 2.8GHz (最大3.8GHz)
OS:Windows 10 HOME 64ビット
メモリ:DDR4-2400 8GB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX1060
ストレージ:SSD 128GB/HDD 1TB
ディスプレイ:15.6型ワイドTFTカラー液晶 1,920×1,080ドット
価格:オープン価格(希望小売価格:169,800円(税別))

■FX553VD
CPU:インテルCore i5-7300HQプロセッサー 2.5GHz (最大3.5GHz)
OS:Windows 10 HOME 64ビット
メモリ:DDR4-2400 8GB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX1050
ストレージ:SSD 256GB
ディスプレイ:15.6型ワイドTFTカラー液晶 1,920×1,080ドット
価格:オープン価格(希望小売価格:119,800円(税別))

◆デスクトップゲーミングPCも3モデルが発表


また、5月中旬からは、「ROG」シリーズよりオーバークロック対応のゲーミングデスクトップPCも3モデルが発表されました。「GT51CH」は、前述の「GX800VH」に匹敵するハイエンドモデル。以上のスペックを誇るスーパーハイエンドモデル。前面下部にあるタービン風の吸気口と向かって左側面のメッシュ越しに見える基板にLEDが搭載されており、光の色を自由に設定できます。

そして、ハイエンド/ミドルレンジに分類されるゲーミングPCとしては「G20CI-K7P1080」と「G20CI-K7P1070」が発表。ゲーミングノートPCから6モデル、ゲーミングデスクトップPCから3モデルの、計9モデルがお披露目となりました。


威風堂々という言葉がピッタリな「GT51CH」は幅262mm、奥行き587mm、高さ584mm


こちらは逆に幅104mm、奥行き358mm、高さ340mmというコンパクトボディが魅力の「G20CI」


■GT51CH
CPU:インテルCore i7-7700Kプロセッサー 4.2GHz (最大4.5GHz)
OS:Windows 10 HOME 64ビット
メモリ:DDR4-2400 64GB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX1080×2
ストレージ:SSD 1024GB RAID 0(512GB×2)/HDD 3TB
価格:オープン価格(希望小売価格:699,980円(税別))

■G20CI-K7P1080
CPU:インテルCore i7-7700プロセッサー 3.6GHz (最大4.2GHz)
OS:Windows 10 HOME 64ビット
メモリ:DDR4-2400 32GB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX1080
ストレージ:SSD 512GB/HDD 2TB
価格:オープン価格(希望小売価格:309,800円(税別))

■G20CI-K7P1070
CPU:インテルCore i7-7700プロセッサー 3.6GHz (最大4.2GHz)
OS:Windows 10 HOME 64ビット
メモリ:DDR4-2400 16GB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX1070
ストレージ:SSD 256GB/HDD 2TB
価格:オープン価格(希望小売価格:229,800円(税別))

(C)ASUSTeK Computer Inc. All rights reserved.
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】タイトル名だけでゲーム内容を想像したら大変な事になった!

    【特集】タイトル名だけでゲーム内容を想像したら大変な事になった!

  2. 【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第4回 エイム力を上げていこう!コントローラーカスタムパーツ編

    【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第4回 エイム力を上げていこう!コントローラーカスタムパーツ編

  3. 【インサイドちゃんの超!気になるニュース】さらばインサイドちゃん!また会う日まで

    【インサイドちゃんの超!気になるニュース】さらばインサイドちゃん!また会う日まで

  4. 【特集】「不気味すぎるゲーム会社ロゴ映像」10選

  5. 【特集】『ゲーム界モフモフけもの女子』7選

  6. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』シェルタータイプのブキなどの問題を修正、『PUBG』が韓国政界にて言及、今「スーパーマリオ」を全てプレイするにはいくらかかる?…など(10/20)

  7. 『イナズマイレブン アレスの天秤』バージョンの“豪炎寺修也”公開! 頭身の上がったイラスト公開

  8. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  9. 『イナズマイレブン アレスの天秤』円堂の参戦は? おひさま園はどうなった? 気になる質問に日野晃博が返答

  10. 最新作『イナズマイレブン アレスの天秤』発表!宇宙人が攻めてこない“初代のまともな2年目”をパラレルワールドで描く

アクセスランキングをもっと見る