人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】KLabが「キャプ翼」「幽遊白書」など新作多数発表!オリジナルタイトルも

3月25日(土)、KLabは2017年に展開する新作ゲームのラインナップを発表する「KLabGames NEXT VISION」を開催しました。そこで発表された新作スマートフォンアプリの情報をお届けします。

PCゲーム ソーシャルゲーム
【レポート】KLabが「キャプ翼」「幽遊白書」など新作多数発表!オリジナルタイトルも
  • 【レポート】KLabが「キャプ翼」「幽遊白書」など新作多数発表!オリジナルタイトルも
  • 【レポート】KLabが「キャプ翼」「幽遊白書」など新作多数発表!オリジナルタイトルも
  • 【レポート】KLabが「キャプ翼」「幽遊白書」など新作多数発表!オリジナルタイトルも
  • 【レポート】KLabが「キャプ翼」「幽遊白書」など新作多数発表!オリジナルタイトルも
  • 【レポート】KLabが「キャプ翼」「幽遊白書」など新作多数発表!オリジナルタイトルも
  • 【レポート】KLabが「キャプ翼」「幽遊白書」など新作多数発表!オリジナルタイトルも
3月25日(土)、KLabは2017年に展開する新作ゲームのラインナップを発表する「KLabGames NEXT VISION」を開催しました。

元AKB48の宇佐美友紀さんの司会で、ゲストにアメリカザリガニの平井義之氏をむかえてスタートした発表会は、まずKLab専務取締役・CGOの森田英克氏が登壇。同社の2017年以降のゲーム展開コンセプトは以下の3つの軸であると語りました。

◆Japanese IPs
日本が誇るすばらしい作品を原作としたゲームコンテンツを送り出す
◆Clobal Growth
国という枠を越えて積極的に海外展開をしかけていく
◆Original Creations
幅広いメディア展開を視野に入れ、同社独自のオリジナルコンテンツを創出する

◆発表されたKLabの新作スマホアプリを紹介!


◆キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~
配信中の「キャプテン翼 ~つくろうドリームチーム~」に続く形となる新作スマートフォンアプリ。選手をカスタマイズして自分だけのチームを作り、他のプレイヤーと戦う“オンライン対戦”、TVアニメと同じキャストや、本作のために開発した専用のシェーダーが演出する“キャプテン翼感”、これまでに連載された全シリーズの名シーンを追体験できる“原作追体験”モードという3つの柱がコンセプトとなっているそうです。2017年配信予定。



原作マンガでおなじみのアングルが次々登場し、ファンは思わずニヤリ


試合時の風景。相手チームの選手とマッチアップするとコマンド選択に移行します

◆うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live
昨年秋にTVアニメ第4期が放送された女性向け大人気作品がリズムアクションゲームに。タッチによるキャラクターとのコミュニケーションや、ストーリーも楽しめます。2017年配信予定。


リズムゲーム画面。実機プレイを披露した平井氏も「分かりやすくて遊びやすい」と太鼓判


キャラクターたちとのコミュニケーションもファンにはうれしい要素

◆幽☆遊☆白書 ゲーム化第2弾
アクセルゲームスタジオとの共同プロジェクト。現在の開発度は30~40%で、プロデューサーの佐藤任氏いわく「みなさんに喜んでいただけるよう、“100%中の100%”で開発を進めています」とのこと。

◆MIRRORS CROSSING
“ハイファンタジー×ハイクオリティ”をコンセプトとした、KLabオリジナルタイトル。戦闘はサイドビューで、味方キャラクターたちが乗った9つのパネルをさまざまな形でなぞることで攻撃や回避を行う、アクション要素のあるものとなっています。



アクション要素のある戦闘が、幅広い戦術を生んでくれそうです

◆BLEACH 境・界:中国・アジア版
中国、アジアに向けた「BLEACH」完全新作タイトルとなるMMO。「アングリーバード」などの大ヒットタイトルのローカライズも手がける中国のトップパブリッシャー・崑崙ゲームズとの共同タイトルであるとのこと。残念ながら、日本での配信は予定されていません。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

また、現在好評配信中である「BLEACH Brave Souls」、「天空のクラフトフリート」、「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」などのタイトルに関しても、オフラインイベントなどをはじめ、引き続き積極的な施策を取っていくことをあらためて表明しました。

数々の新作発表も終わり……と思いきや、最後に「MIRRORS CROSSING」に続くKLabオリジナルタイトル「Project FORCE(仮)」がお目見え。シナリオを生田美和氏、メインテーマを横山克氏、キャラクターデザインをThird Echoes、そしてコンセプトアートを土野拡覚氏、塚本陽子氏が手がけることが発表されました。配信は2018年を見込んでおり、続報は秋頃になりそうとのことです。


「今回発表していない作品もまだ何本かあります。2017年のKLabGamesにご期待ください」と挨拶し、発表会を締めくくった森田氏。今年のKLabGamesからも目が離せなさそうです。


お茶目にポーズを決めてくれたゲストの平井氏、KLab専務取締役・CGO森田氏、司会の宇佐美さん

■キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~
(C)高橋陽一/集英社
(C)高橋陽一/集英社・テレビ東京・エノキフィルム
原作「キャプテン翼」高橋陽一(集英社文庫コミック版)(C)KLabGames

■うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live
(C)早乙女学園 (C)KLabGames

■幽☆遊☆白書 ゲーム化第2弾
原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)
(C)Yoshihiro Togashi 1990-1994年 (C)ぴえろ/集英社
(C)KLabGames

■MIRRORS CROSSING
(C)KLabGames (C)Magnolia Factory Co.,Ltd

■BLEACH 境・界:中国・アジア版
(C)Tite Kubo/Shueisha,TV TOKYO,dentsu,Pierrot
(C)KLabGames (C)Kunlun Games

■Project FORCE(仮)
(C)KLabGames
《蚩尤》
蚩尤

汎用性あるザク系ライター(が目標) 蚩尤

1979年生まれのファミコン直撃世代。スマホゲームもインディーズも大型タイトルも遊びますが、自分と組ませてしまって申し訳ないという気持ちやエイミングのドヘタさなどからチーム制のPvPやFPS、バトロワが不得手です。寄る年波…! ゲームの紹介記事に企画記事・ビジネス寄りの記事のほか、アニメなど他業種の記事もやれそうだと判断した案件はなんでも請けています。任天堂『ガールズモード』シリーズの新作待機勢。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 『ホロキュア』大型アプデ配信開始!さくらみこ、白上フブキら9キャラ登場―新ステージなど追加要素盛りだくさん

    『ホロキュア』大型アプデ配信開始!さくらみこ、白上フブキら9キャラ登場―新ステージなど追加要素盛りだくさん

  2. 『VALORANT』ってどんなゲームなの?e-Sports大会急増中のタクティカルFPSの押さえておきたいポイントを解説【初心者Tips】

    『VALORANT』ってどんなゲームなの?e-Sports大会急増中のタクティカルFPSの押さえておきたいポイントを解説【初心者Tips】

  3. クガネ登山よりは簡単?『FF14』新たな登山スポットの攻略法&頂きの景色

    クガネ登山よりは簡単?『FF14』新たな登山スポットの攻略法&頂きの景色

  4. Steam版から『モンハンライズ』を始めるハンター、必見!「翔蟲アクション」で世界を縦横無尽に駆け巡れ

  5. Steam版『ネプテューヌ』が“ありえないレベル”で大好評、日本語版の制作も決定

  6. 人気ストリーマー・RasさんがPC版『Apex Legends』ランクマッチにおけるチーターの多さに苦言―「チーター」がTwitterトレンドになる事態に【UPDATE】

  7. PC版『ノスタルジア Op.3』プレイレポ─MIDIキーボードで誰でもピアニスト気分! 『BEMANI』のダークホースはトップに躍り出るか

  8. 『Apex』競技シーンで話題の「456」が「Riddle」に加入!ファンを虜にする“驚異”の魅力とは

  9. 『Fallout 4』にも「ポプテピピック」Mod登場―あの二人がウェイストランドにもやってくる

アクセスランキングをもっと見る