人生にゲームをプラスするメディア

映画『GODZILLA』2017年11月公開 サブタイトルは「怪獣惑星」

その他 アニメ

2017年の全国公開を告知しているアニメ映画『GODZILLA』が第2弾となるティザービジュアルを披露し、サブタイトルの「怪獣惑星」を発表した。併せて物語の舞台が二万年後の<地球>であることや、公開時期が2017年11月に決定したことも明かされている。

このたびお披露目となった新ビジュアルには、未来のスキンスーツをまとい、険しい表情をした主人公・ハルオがこちらに向かってくる姿が描かれている。またその背後の空には着陸しようとする複数の宇宙船(揚陸艇)と編隊を組む複数の機体が見られ、地上には二足歩行ロボットやバイクのような形状をした兵器(ホバー)も確認できる。これから激しい戦闘が勃発しそうな、緊張感のある状況を捉えたビジュアルとなった。

そして『GODZILLA』のロゴの下には、サブタイトルとして新たに「怪獣惑星」の文字が記された。まさにこの「怪獣惑星」こそが二万年後の地球の“変わり果てた姿”を指しており、実は今回のポスタービジュアルは「怪獣惑星」となった地球に、人類が二万年ぶりに再び降り立ったその瞬間を写し出しているのである。キャッチコピーの「この<地球>を必ず取り戻す」は、ハルオをはじめとする人類たちのゴジラに対する“因縁”そのものを表した言葉だ。

最新のティザービジュアルやサブタイトルとともにイントロダクションとストーリーが判明したことで、作品の骨格が見えてきた『GODZILLA -怪獣惑星-』。シリーズ初となる未来の変わり果てた<地球>を舞台に、ゴジラと人類はどのような戦いを繰り広げるのだろうか。誰も予想しなかった新たなゴジラの“進化”に、ますます熱い視線が注がれることになりそうだ。

『GODZILLA -怪獣惑星-』
2017年11月全国公開

(C)2017 TOHO CO.,LTD.
《仲瀬 コウタロウ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』などの代表作を持つディライトワークス、新規プロジェクトに向けたメンバー募集を開始

    『FGO』などの代表作を持つディライトワークス、新規プロジェクトに向けたメンバー募集を開始

  2. サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース!かわいすぎるグッズになって登場

    サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース!かわいすぎるグッズになって登場

  3. 『GOD EATER3』主人公のイメージイラストや新アラガミを公開、グラフィックも大幅進化!

    『GOD EATER3』主人公のイメージイラストや新アラガミを公開、グラフィックも大幅進化!

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【昨日のまとめ】サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース、『けものフレンズぱびりおん』事前登録スタート、ディライトワークスが新規プロジェクトのメンバー募集…など(10/19)

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. NHK Eテレのショートアニメ「あはれ!名作くん」に初音ミクさんが登場! 10月20日オンエア

  8. 【昨日のまとめ】『FGO』どのアルトリアが一番好き?、「ロケット団」の求人案内が出現、『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!』時田貴司に直撃インタビュー…など(10/18)

  9. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  10. 【レポート】USJ「バイオハザード・ザ・エスケープ2」はやっぱり凄まじかった!これは行かないと後悔する

アクセスランキングをもっと見る