人生にゲームをプラスするメディア

映画『GODZILLA』2017年11月公開 サブタイトルは「怪獣惑星」

その他 アニメ

2017年の全国公開を告知しているアニメ映画『GODZILLA』が第2弾となるティザービジュアルを披露し、サブタイトルの「怪獣惑星」を発表した。併せて物語の舞台が二万年後の<地球>であることや、公開時期が2017年11月に決定したことも明かされている。

このたびお披露目となった新ビジュアルには、未来のスキンスーツをまとい、険しい表情をした主人公・ハルオがこちらに向かってくる姿が描かれている。またその背後の空には着陸しようとする複数の宇宙船(揚陸艇)と編隊を組む複数の機体が見られ、地上には二足歩行ロボットやバイクのような形状をした兵器(ホバー)も確認できる。これから激しい戦闘が勃発しそうな、緊張感のある状況を捉えたビジュアルとなった。

そして『GODZILLA』のロゴの下には、サブタイトルとして新たに「怪獣惑星」の文字が記された。まさにこの「怪獣惑星」こそが二万年後の地球の“変わり果てた姿”を指しており、実は今回のポスタービジュアルは「怪獣惑星」となった地球に、人類が二万年ぶりに再び降り立ったその瞬間を写し出しているのである。キャッチコピーの「この<地球>を必ず取り戻す」は、ハルオをはじめとする人類たちのゴジラに対する“因縁”そのものを表した言葉だ。

最新のティザービジュアルやサブタイトルとともにイントロダクションとストーリーが判明したことで、作品の骨格が見えてきた『GODZILLA -怪獣惑星-』。シリーズ初となる未来の変わり果てた<地球>を舞台に、ゴジラと人類はどのような戦いを繰り広げるのだろうか。誰も予想しなかった新たなゴジラの“進化”に、ますます熱い視線が注がれることになりそうだ。

『GODZILLA -怪獣惑星-』
2017年11月全国公開

(C)2017 TOHO CO.,LTD.
《仲瀬 コウタロウ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

    コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  2. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

    『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  3. 【昨日のまとめ】海外レビューハイスコア『ゼノブレイド2』、『FGO』アップデートで「セレクト機能」を追加、niconicoサービスの基本機能を見直し…など(12/1)

    【昨日のまとめ】海外レビューハイスコア『ゼノブレイド2』、『FGO』アップデートで「セレクト機能」を追加、niconicoサービスの基本機能を見直し…など(12/1)

  4. 『三極ジャスティス』日本防衛の切り札「要塞機 -フォートレス・メック-」の新情報を公開―メカ好き必見!

  5. カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【特集】ゲームでイライラする10の要素

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. フロム『アーマード・コア』新作へ意欲―「このまま終わらせるつもりはない」

  10. 小説「アルスラーン戦記」の最終巻、脱稿! らいとすたっふ代表「聞いてたラストと違う!」

アクセスランキングをもっと見る