人生にゲームをプラスするメディア

「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

ゲームビジネス VR

Production I.Gは3月17日より、App Store®ならびにGoogle Play™にてスマートフォンアプリ『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』の配信を開始したと発表した。

『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』は、2015年6月より公開された『攻殻機動隊 新劇場版』の世界観で描かれるVR映像アプリだ。360度の立体映像として制作されており、スマートフォンにアプリをインストールした後、市販のVRゴーグルを用いて視聴することで、より一層の没入感覚を体感することが可能となっている。また別途英語音声版の配信を行うことも決定しており、2017年6月が予定されている。

引き続き配信に限らない展開を行っていくという『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』。“電脳化技術”や“義体化技術”が普及した作品世界を目の当たりにできる、ファンにはたまらないアプリとなりそうだ。

『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』
配信開始日: 2017年3月17日
       英語音声版配信開始時期 2017年6月(予定)
価格: ダウンロード無料
アプリ内課金: 480円(税込)
対応OS: iOS 9.1以上 / Android ™ 4.4 以上

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  2. 元テクノス作品の無体財産権をアークシステムワークスが譲受…『くにおくん』『ダブルドラゴン』など

    元テクノス作品の無体財産権をアークシステムワークスが譲受…『くにおくん』『ダブルドラゴン』など

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  5. 【TGS2016】「うらら」と共演できる『スペースチャンネル5 VR』にウキウキ!いい時代になったなぁ…

  6. 【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

  7. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  8. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

アクセスランキングをもっと見る