人生にゲームをプラスするメディア

封建時代の日本モチーフにした海外ボードゲーム、Kickstarterで大注目

その他 全般

封建時代の日本モチーフにした海外ボードゲーム、Kickstarterで大注目
  • 封建時代の日本モチーフにした海外ボードゲーム、Kickstarterで大注目
  • 封建時代の日本モチーフにした海外ボードゲーム、Kickstarterで大注目
  • 封建時代の日本モチーフにした海外ボードゲーム、Kickstarterで大注目
  • 封建時代の日本モチーフにした海外ボードゲーム、Kickstarterで大注目
  • 封建時代の日本モチーフにした海外ボードゲーム、Kickstarterで大注目
  • 封建時代の日本モチーフにした海外ボードゲーム、Kickstarterで大注目
  • 封建時代の日本モチーフにした海外ボードゲーム、Kickstarterで大注目
  • 封建時代の日本モチーフにした海外ボードゲーム、Kickstarterで大注目
封建時代の日本を舞台にしたボードゲーム『Rising Sun』がKickstarteに登場しました。

『Rising Sun』は3~5名のプレイヤーで遊べるボードゲームで、デザイナーとして高い評価を受けているEric M. Langを始め、スマッシュヒットを飛ばしたボードゲーム『Blood Rage』のクリエイターたちが参加しています。



地上に降り立った神々は、世界を自分たちの思う通りに再形成するために、人間たちにそれぞれの一族を率いて戦わせます。



一族は、「鯉」「トンボ」「盆栽」「蓮」「亀」の5つが存在し、プレイヤーはいずれかを選択することになります。







また、職業を表すユニットには「大名」、「信徒」、「武士」などが用意されており、ビジュアルは一族ごとに全て異なるという手の込みよう。 ジャパニーズテイストの美しく精巧なデザインが目を引きます。



ゲーム内の一年は各シーズンごとに進み、その中でも政治フェーズと戦争フェーズにわかれています。 政治フェーズでは砦を守る新しいユニットを募集したり、軍隊を訓練や武装させて一族の力を高めるなどの準備と計画のための行動を行い、来たる戦争フェーズに備えます。 なお、反対勢力を味方にするなどの工作も可能とのこと。

気になるPledgeのミニマムは100ドルで、フルセットのボックスセットが出資者に提供されます。

30万ドルを目標にKickstarterでのキャンペーンが開始したばかりですが、すでにそのラインは軽々と超えており、間もなく200万ドルを突破しそうな勢いです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. イベント「POKEMON×ISETAN」を伊勢丹新宿店にて開催! 8月2日よりカフェラウンジの予約受付を開始

    イベント「POKEMON×ISETAN」を伊勢丹新宿店にて開催! 8月2日よりカフェラウンジの予約受付を開始

  2. 【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

    【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

  3. 【レポート】「お前は喰種だ!」とCCGに詰め寄られる、「新宿駅 喰種一斉取締作戦」に編集長が参加してみた

    【レポート】「お前は喰種だ!」とCCGに詰め寄られる、「新宿駅 喰種一斉取締作戦」に編集長が参加してみた

  4. 大ヒット映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』と「ドラゴンクエスト」のスライムによる、夢のコラボが実現!

  5. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアの小ネタ集、『ポケモンGO』イベントボーナス期間延長、『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?…など(7/25)

  6. 『FFVII』の「クラウド」と「セフィロス」をイメージしたオードトワレが、装いも新たに再登場

  7. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る