人生にゲームをプラスするメディア

【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

『スプラトゥーン2』では、前作に登場したブキはどのようになるのでしょうか。この記事ではその行方が気になる10個のブキをランキング形式で紹介します。

任天堂 Nintendo Switch
【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選
  • 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

いよいよ2017年夏にNintendo Switchで『スプラトゥーン2』が発売されます。インクを塗って陣地を奪い合う「ナワバリバトル」はそのままに、新たなブキやステージなどが登場するわけですが、いったいどんな新要素が出てくるのか楽しみにしているイカたちも多いことでしょう。

しかし、新作になることで逆に気になることもあります。たとえば『スプラトゥーン2』ではスペシャルウェポンが一新されるため、前作の段階で存在しているブキもいろいろと事情が変わってくるはず。そんなわけで今回は、『スプラトゥーン2』になってどう変化するのか気になる注目ブキを10個ほどランキング形式でご紹介したいと思います。

なお今回のランキングは、あくまで現時点での情報と筆者の個人的な主観によるものとなっています。その点はご了承ください。

◆10位:わかばシューター



「わかばシューター」は初心者向けと言われており、『スプラトゥーン』では最初から使うことができるブキです。メインウェポンの射程は短めなものの地面を塗りやすく、サブウェポンのスプラッシュボム、そしてスペシャルウェポンのバリアと組み合わせて使えばバトルでもなかなか活躍します。その使いやすさからナワバリバトルなどでは上級者から使用されることも。また、別種として「もみじシューター」も存在します。


前作では使いやすいブキになっていた「わかばシューター」ですが、『スプラトゥーン2』ではスペシャルウェポンが一新されることが楽しみであり気がかりです。バリアはしばらく無敵状態になるというスペシャルウェポンなのですが、これがあるのとないのでは戦いやすさが段違い。別種の「もみじシューター」はバリアがないゆえにまともに戦う気にすらなれないほどなのです。

おそらく続編でも「わかばシューター」は初心者向けという立ち位置になると思われますが、バリアがないとなるとこれはなかなか難しいところ。おそらく使いやすいスペシャルウェポンを手に入れるとは思いますが、どのような形で初心者向けになるのか気になります。

◆9位:スプラスピナー



「スプラスピナー」は、スピナー系列の中で最も射程が短いブキ。その分チャージ速度は早く、インクをものすごい勢いで発射することができます。特に別種の「スプラスピナーコラボ」は人気が高く、相手を動けなくするポイズンボールと無敵のバリアの組み合わせはかなり強烈。アップデートでやられた時のリスクが大きくなるよう調整されましたが、それでもまだ人気が高いようです。


「スプラスピナーコラボ」も「わかばシューター」と同じく、スペシャルウェポンのバリアがなくなることの影響が大きいと思われます。とはいえ、バリアがない「スプラスピナー」も影こそ薄いものの強いことは間違いありません。むしろ気になるのはステージの構造で、スピナーはとにかく壁や段差に弱いため複雑な地形が多く用意されているステージが多くなると、このブキの扱い方が変わってくるかもしれません。
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  9. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  10. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

アクセスランキングをもっと見る