人生にゲームをプラスするメディア

海外の改造マニアがラップトップ版PS4のスリム化に成功…その名も「PlayBook 4 S」

ソニー PS4

海外の改造マニアがラップトップ版PS4のスリム化に成功…その名も「PlayBook 4 S」
  • 海外の改造マニアがラップトップ版PS4のスリム化に成功…その名も「PlayBook 4 S」
  • 海外の改造マニアがラップトップ版PS4のスリム化に成功…その名も「PlayBook 4 S」
  • 海外の改造マニアがラップトップ版PS4のスリム化に成功…その名も「PlayBook 4 S」

ハードウェアハッカーEdward Zarick氏より、自身で改造を施したラップトップ版PlayStation 4の紹介映像が披露されました。

過去にもラップトップ版PS4「PlayBook 4」を制作・販売し、更にはXbox 360とXbox Oneを合わせてラップトップ化した
「Xbook Duo」まで作り上げ、一部のハードウェアファンを唸らせていたEdward Zarick氏。そんな彼の新作は、スリム化した「PS4」に対抗するような形状の薄型(?)ラップトップ「PlayBook 4 S」なるもので、22インチの「PlayBook 4」とから19インチに縮小し、薄型ケースを採用しています。


一般的なラップトップPCと比べれば持ち歩くには厳しいサイズ感ですが、「PlayBook 4」と比較すればその差は歴然。バッテリー稼働には対応していないものの、文字通り膝の上(laptop)に載せて遊ぶことも可能なように見受けられます。


「PlayBook 4 S」は海外向け注文受付も始動しており、総額1,495ドル(約17万円)で販売されます。また、現在は24インチサイズの「PlayBook 4 Pro」も制作中とのことで、公式ブログや映像内ではハイスペックかつ一回り巨大なその姿も確認できます。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  2. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  3. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  4. 全世界5万台限定「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」予約がAmazonでスタート【UPDATE】

  5. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  6. 『モンハン:ワールド』魔獣「ベヒーモス」に挑め!無料大型アップデート第4弾配信開始

  7. 『絶体絶命都市4Plus』体験版の配信日決定! 主人公が目の当たりにする“被災”を捉えた最新映像も公開

  8. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  9. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  10. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

アクセスランキングをもっと見る