人生にゲームをプラスするメディア

VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも

コーエーテクモゲームスは、アーケード向け筐体「VR SENCE」を発表しました。

ゲームビジネス VR
VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも
  • VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも
  • VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも
  • VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも
  • VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも

コーエーテクモゲームスは、アーケード向け筐体「VR SENCE」を発表しました。

「VR SENCE」は、VR体験をよりリアルに体感するために開発された筐体です。この筐体には、アクションを体感させる「多機能3Dシート」、臨場感を盛り上げる多様な「香り機能」、予想外の驚きを演出する「タッチ機能」、空間の広がりを感じさせる「風機能」、環境の変化を感じさせる「温冷機能」、雨や湿気など気候を感じさせる「ミスト機能」などが搭載されており、さらにひとつの筐体で複数のゲームを搭載可能です。

「VR SENCE」の対応タイトルは、現時点で『VRアクション 真・三國無双(仮)』『ジーワンジョッキー SENCE(仮)』『ーホラーSENCEー ~だるまさんがころんだ~(仮)』の3タイトルで、どれもゲームの世界に入り込んだような没入感を味わえるのだとか。これらのタイトルの詳細は以下の通りです。


『ーホラーSENCEー ~だるまさんがころんだ~(仮)』

誰もが興じた“あの遊び”が、VRホラーで登場。「動いてはいけない」恐怖がプレイヤーを襲う!

●映像に合わせ動く多機能3Dシート
●天井から落下する虫や、足元を走る小動物をタッチ機能で演出
●クリアしないではいられないストーリーとインタラクティブ性


『ジーワンジョッキー SENCE(仮)』

レースの“空気感”や、競走馬の“存在感”をVRで体験。ジョッキーだけのものだったレース体験が、プレイヤーの手に!

●中継でお馴染みの矢野吉彦アナウンサーによる音声実況
●風や雨、雪等により臨場感は全開
●対抗馬との接戦をコントローラーと3Dシートにより超絶のリアリティで再現


『VRアクション 真・三國無双(仮)』

[企画開発中]
多彩なギミックの数々! 愛馬とともに生死をかけて、捕らわれの姫を救い出せ!

●戦場を駆けめぐる新体験
●戦場を覆う炎の熱気もリアルに再現
●プレイヤーを興奮へ誘う圧倒的な没入感

なお、公式サイトによると、他にも「VR SENCE」対応のタイトルを開発中であるとのこと。今後の新作タイトルの発表に期待しましょう。
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  2. VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

    VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

  3. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  6. スマホ版「ログレス」はこうして作られた。PCゲームしか開発経験のないチームが取り組んだゲームデザインの挑戦

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. 業界の更なる発展を目指して─『FGO』ディライトワークス主催の技術勉強会が12月より定期開催

  9. 【CEDEC 2010】ゲームに込めた情熱・技術を海の向こうまで正確に伝えるために GDD/TDDを書こう

  10. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

アクセスランキングをもっと見る