人生にゲームをプラスするメディア

VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも

ゲームビジネス VR

VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも
  • VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも
  • VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも
  • VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも
  • VR体験を拡張させるアーケード筐体「VR SENCE」が発表―『無双』などの対応タイトルも

コーエーテクモゲームスは、アーケード向け筐体「VR SENCE」を発表しました。

「VR SENCE」は、VR体験をよりリアルに体感するために開発された筐体です。この筐体には、アクションを体感させる「多機能3Dシート」、臨場感を盛り上げる多様な「香り機能」、予想外の驚きを演出する「タッチ機能」、空間の広がりを感じさせる「風機能」、環境の変化を感じさせる「温冷機能」、雨や湿気など気候を感じさせる「ミスト機能」などが搭載されており、さらにひとつの筐体で複数のゲームを搭載可能です。

「VR SENCE」の対応タイトルは、現時点で『VRアクション 真・三國無双(仮)』『ジーワンジョッキー SENCE(仮)』『ーホラーSENCEー ~だるまさんがころんだ~(仮)』の3タイトルで、どれもゲームの世界に入り込んだような没入感を味わえるのだとか。これらのタイトルの詳細は以下の通りです。


『ーホラーSENCEー ~だるまさんがころんだ~(仮)』

誰もが興じた“あの遊び”が、VRホラーで登場。「動いてはいけない」恐怖がプレイヤーを襲う!

●映像に合わせ動く多機能3Dシート
●天井から落下する虫や、足元を走る小動物をタッチ機能で演出
●クリアしないではいられないストーリーとインタラクティブ性


『ジーワンジョッキー SENCE(仮)』

レースの“空気感”や、競走馬の“存在感”をVRで体験。ジョッキーだけのものだったレース体験が、プレイヤーの手に!

●中継でお馴染みの矢野吉彦アナウンサーによる音声実況
●風や雨、雪等により臨場感は全開
●対抗馬との接戦をコントローラーと3Dシートにより超絶のリアリティで再現


『VRアクション 真・三國無双(仮)』

[企画開発中]
多彩なギミックの数々! 愛馬とともに生死をかけて、捕らわれの姫を救い出せ!

●戦場を駆けめぐる新体験
●戦場を覆う炎の熱気もリアルに再現
●プレイヤーを興奮へ誘う圧倒的な没入感

なお、公式サイトによると、他にも「VR SENCE」対応のタイトルを開発中であるとのこと。今後の新作タイトルの発表に期待しましょう。
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  2. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  3. 美少女が教えてくれる「Java講座」が無料公開、ボイスは上間江望

    美少女が教えてくれる「Java講座」が無料公開、ボイスは上間江望

  4. 【CEDEC 2009】文化の差はどう乗り越える!? 「日本から海外へ!-今日から役立つローカライズ技法-」

  5. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  6. 【CEDEC 2010】イストピカ福島氏が語る「家庭用ゲーム開発者のソーシャルへの転身」

  7. タカラトミーの「人生ゲーム」、婚活イベントで“リアル版”を展開!出雲市、ツヴァイとの合同プロジェクト

  8. 自分のファンを大事にしたゲーム開発で劇的な広告収益を実現・・・『俺の農園と弁当屋』のAlchemister

  9. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  10. 今年注目を集めたタイトルは? 「2017年ゲオ年間ゲーム売上ランキング」が公開

アクセスランキングをもっと見る