人生にゲームをプラスするメディア

「バイオハザード:ザ・ファイナル」正月興行で1位、興行収入は27億円突破

昨年12月23日に公開を迎えた『バイオハザード:ザ・ファイナル』が、12月31日、1月1日の週末2日間で動員220,872人、興行収入304,233,000円の記録を達成。 シリーズ最高のオープニング成績で初登場No.1の座に輝いた第1週に続き、2週連続1位を記録した。

その他 映画
昨年12月23日に公開を迎えた『バイオハザード:ザ・ファイナル』が、12月31日、1月1日の週末2日間で動員220,872人、興行収入304,233,000円の記録を達成。
シリーズ最高のオープニング成績で初登場No.1の座に輝いた第1週に続き、2週連続1位を記録した。

人気ホラーアクションゲームを原作とする映画『バイオハザード』シリーズ。主人公のアリスはシリーズでもおなじみの存在となったミラ・ジョヴォヴィッチ。監督はシリーズすべてに携わってきたポール・W・S・アンダーソンが担当している。
『バイオハザード:ザ・ファイナル』ではミラ・ジョヴォヴィッチのアクションのほかにも、これまで謎に包まれていた「アンブレラ社の陰謀」「T-ウィルスの開発」といった秘密が明かされることでも話題になっている。

興行収入全体におけるローカル地区のシェアは、公開1週目が70.1%に対し、2週目には75.1%と記録を伸ばした。このデータからも、全国的なヒットがさらに拡大していることが窺える。
また公開13日目までの興行収入は、前作『バイオハザードV:リトリビューション』の113%という好成績で推移。興行収入は27億円をすでに突破した。
『バイオハザードV:リトリビューション』は最終的に約38.1億円まで興行収入を伸ばした。最新作がこの数字にどこまで迫れるかに注目が集まる。

(C)2016 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
《ユマ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』キャスター/ニトクリスがねんどろいど化!―公式ストア予約特典は「メジェドさま フケイ デアルゾVer.」

    『FGO』キャスター/ニトクリスがねんどろいど化!―公式ストア予約特典は「メジェドさま フケイ デアルゾVer.」

  2. ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

    ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

  3. 【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

    【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

  4. ポケモンカード「タッグボルト」12月7日発売!史上最強のピカチュウとイーブイが登場

  5. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  6. アニメ化してほしいゲームは?【家庭用編】3位「ゼルダの伝説」、2位「英伝 閃の軌跡」トップは…

  7. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. 【今日のゲーム用語】「補正切り」とは ─ 対戦格闘ゲームにおける、上級者向けのテクニック

アクセスランキングをもっと見る