人生にゲームをプラスするメディア

あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

ゲームビジネス VR

あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催
  • あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

VRゴーグルと体感マシンで再現した「ドラえもんVR『どこでもドア』」を楽しめる、先行試遊会の募集受付が開始されました。

この「ドラえもんVR『どこでもドア』」は、VRゴーグルと体感マシンを活用し、「どこでもドア」を開くたびに次々と広がる別世界を、現実さながらに全身で体感できるVRアクティビティです。振動、風、音が作り出す究極の臨場感を、今も愛され続けている「ドラえもん」に登場する「どこでもドア」の形を借りて表現しており、子供の頃に憧れた“ひみつ道具”がまるで現実のものになったかのような体験を味わうことができます。

2017年3月4日に公開される映画「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の公開を記念し、この「ドラえもんVR『どこでもドア』」を一足先に味わえる小学館連合特別先行試遊会の開催が決定し、合計250組500名を抽選で招待。応募のしめきりは2017年1月29日で、13歳未満の方などは利用できません。このほかの注意事項や詳細は、特設サイトをご覧ください。

■「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」公開記念特別企画「ドラえもんVR『どこでもドア』」
URL:http://doraeiga-vr.com/

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  5. モブキャスト、水口哲也氏のエンハンス・ゲームズに追加出資

  6. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  7. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  8. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  9. 任天堂ミュージアム−任天堂オブアメリカ総本山の博物館

  10. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

アクセスランキングをもっと見る