人生にゲームをプラスするメディア

映画「デスノート」が「君の名は。」V10を阻止、2日間で4億5000万突破

2016年10月29日より映画『デスノート Light up the NEW world』が公開されている。本作が、土日の2日間で興行収入4億5千万円を突破したことを発表した。10年を経ての続編が大ヒットスタートを切ったことが明らかになった。

その他 映画
2016年10月29日より映画『デスノート Light up the NEW world』が公開されている。本作が、土日の2日間で興行収入4億5千万円を突破したことを発表した。10年を経ての続編が大ヒットスタートを切ったことが明らかになった。

映画『デスノート Light the NEW world』は、「週刊少年ジャンプ」で2003年から2006年まで連載された『デスノート』を原作とした映画である。実写版の“正当な続編”として制作され、発表から注目を集めていた。公開に向け様々な話題が登場したが、公開前日には金曜ロードショーで特別編『デスノート 逆襲の天才』が放送され、ファンの期待もピークへ達した。
10月29日より公開された本作は、29、30日の二日間で興行収入4億5864万5800円を突破し、動員数は34万2309人を記録した。同じく「週刊少年ジャンプ」の作品であり、30億円突破の大ヒット作品『るろうに剣心』と対比すると115%と記録を上回り、第1作目の『DEATH NOTE』と対比しても113%である。さらに、9週連続で週末興行成績ランキング1位を獲得していた『君の名は。』を抜き、10週間ぶりに日本映画の実写作品が1位となった。

『デスノート』はメディアミックス展開も幅広く、実写だけでなくアニメやゲーム、小説、ドラマ、舞台化もされている。実写映画版は2006年に『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』、2008年にはスピンオフ『L change the World』が公開された。三作を合わせた日本国内興行収入は112億円を突破している。
一作目から十年を経ての『デスノート Light up the NEW world』は、続編ということもありファンからの期待も高い作品だ。邦画の大ヒットが続く2016年、本作もどこまで興行成績を伸ばすのか。今後も目が離せない。

『デスノート Light up the NEW world』
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS 

映画「デスノート」2日間で4億5千万突破 「君の名は。」V10を阻止

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. AC『ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー』2019年夏稼働! 最大20人のスタンド・バトルロイヤルを展開

    AC『ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー』2019年夏稼働! 最大20人のスタンド・バトルロイヤルを展開

  2. 聖杯戦争の“その後”を描く星空めてお氏最新作「Fate/Requiem」発表!「私は死神――サーヴァントを殺す仕事をしている」

    聖杯戦争の“その後”を描く星空めてお氏最新作「Fate/Requiem」発表!「私は死神――サーヴァントを殺す仕事をしている」

  3. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

    【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  4. ニッポンのゲームは「日本」を再発見して復活した【オールゲームニッポン最終回】

  5. 舞台『FGO』全キャラビジュアル公開!マーリンやギルの再現度は?

  6. 『FGO』第三再臨の姿を忠実に再現!勇壮さと華やかさを兼ね備えた「セイバー/宮本武蔵」2019年11月より発売

  7. スカパー!調べによる「平成の感動ランキング」が公開!ハマったゲーム男性1位は『ドラクエ』、女性1位は『ディズニー ツムツム』に

  8. 「ジョジョの奇妙な冒険」岸辺露伴のヘアバンド予約開始ッ! 吉良吉影・岸辺露伴モデルのトートバッグも

  9. 『Days Gone』のアートブックが来年4月に発売―ゲームの世界観や開発者が語る秘話を収録

アクセスランキングをもっと見る