人生にゲームをプラスするメディア

PS4/PS Vita『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏』2017年発売、加速世界と仮想世界がぶつかりあう!

バンダイナムコエンターテインメントは、PS4/PS Vitaソフト『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏(ミレニアム・トワイライト)』を2017年に発売すると発表しました。

ソニー PS4
PS4/PS Vita『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏』2017年発売、加速世界と仮想世界がぶつかりあう!
  • PS4/PS Vita『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏』2017年発売、加速世界と仮想世界がぶつかりあう!
  • PS4/PS Vita『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏』2017年発売、加速世界と仮想世界がぶつかりあう!
  • PS4/PS Vita『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏』2017年発売、加速世界と仮想世界がぶつかりあう!
  • PS4/PS Vita『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏』2017年発売、加速世界と仮想世界がぶつかりあう!
  • PS4/PS Vita『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏』2017年発売、加速世界と仮想世界がぶつかりあう!
  • PS4/PS Vita『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏』2017年発売、加速世界と仮想世界がぶつかりあう!
  • PS4/PS Vita『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏』2017年発売、加速世界と仮想世界がぶつかりあう!
  • PS4/PS Vita『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏』2017年発売、加速世界と仮想世界がぶつかりあう!

バンダイナムコエンターテインメントは、PS4/PS Vitaソフト『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏(ミレニアム・トワイライト)』を2017年に発売すると発表しました。

本作は、アニメ化もされ好評を博した人気小説「アクセル・ワールド」と「ソードアート・オンライン」のコラボレーションタイトルです。両作ともに川原礫氏原作による小説作品ですが、なぜ異なる時間に存在するはずの二つの世界が交わったのか、タイトルにある「VS」、そして「千年の黄昏」意味などの詳細は明らかになっていません。

また、数点のスクリーンショットも公開されていますので、こちらもあわせてチェックしてみてください。

◆画面写真



夕焼けのなか、俯くキリト。その姿はALOアバターのようだが…


決意を新たにするシルバークロウ


戦闘態勢のブラックロータス


佇む黒雪姫


空を翔るキリト、シルバークロウ。背後には世界樹…?


黒雪姫とキリト。VSとは?そして千年の黄昏とは?

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『アクセル・ワールドvsソードアート・オンライン 千年の黄昏』は2017年発売予定。価格は未定です。

(C)2015 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/AWIB Project
(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《ひびき》

バーチャル関西の何でも屋さんです ひびき

2012年からインサイドにてゲームライターとして活動して、はや十数年。ちょっと古参気取りの何でも屋。Game*Sparkやアニメ!アニメ!にもたまに顔が出ます。ゲーム・アニメ以外では、ホビーやガジェット、バーチャルYouTuber業界が専門。お仕事お待ちしております。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

    『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  2. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  3. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

    『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  4. 『FF7 リメイク』クラウドのカッコいい&かわいいセリフ10選! よく観察するとクラウドの本性が見える?

  5. テトリスがちょっぴり苦手な『ぷよテト2』プレイヤー向け、テトリス基礎知識!覚えるだけで序盤の動きがグッとレベルアップするぞ

  6. 『モンハンワールド:アイスボーン』下手くそでも「ソロ用ムフェト・ジーヴァ」に勝てるのか? 新規救済に見えた“(ある意味)辛い狩猟”をレポート

  7. なぜこれほどまでに面白い? ホラーゲームの金字塔『SIREN』の人気の秘密は“ループ”にあり!

  8. 『ELDEN RING』「魔術師セレン」の素顔はホントに可憐だったのか?そのヒントが、学院の「討論室」にあった

  9. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  10. 『FF7 リメイク』バトルの通常モードとクラシックモードはどちらが有利?ポイントを6項目でひとまとめ

アクセスランキングをもっと見る