人生にゲームをプラスするメディア

PSVRが編集部に到着!早速開けてみた

本日10月13日、ついに発売を迎えた「PlayStation VR」。その製品版が編集部に到着!いてもたってもいられず早速開けてみたのでレポートをお送りします。

ソニー PS4
PSVRが編集部に到着!早速開けてみた
  • PSVRが編集部に到着!早速開けてみた
  • PSVRが編集部に到着!早速開けてみた
  • PSVRが編集部に到着!早速開けてみた
  • PSVRが編集部に到着!早速開けてみた
  • PSVRが編集部に到着!早速開けてみた
  • PSVRが編集部に到着!早速開けてみた
  • PSVRが編集部に到着!早速開けてみた
  • PSVRが編集部に到着!早速開けてみた

本日10月13日、ついに発売を迎えた「PlayStation VR」。その製品版が編集部に到着!いてもたってもいられず早速開けてみたのでレポートをお送りします。



今回開封するのは「PlayStation Camera」同梱版。外箱を開けると白い化粧箱が登場。化粧箱はしっかりとした作りで、天面にはPlayStationのロゴがプリントされています。



化粧箱を開けると、「クイックスタートガイド」と内容物が収まった箱が現れます。箱にはそれぞれ、どの内容物が入っているかシンプルなイラストで記されています。



クイックスタートガイドはかなりシンプル。PSVRの内容物の確認と、PS4との接続方法、ヘッドセットの取り外し方が、簡潔な文章とわかりやすいイラストで記されています。



プロセッサーユニットは、ヘッドセットと接続する際に右側を動かすことが可能。

それでは各箱を開けていきましょう。まず右側の箱から。この箱には、PS4とPSVRを繋ぐ「プロセッサーユニット」とACアダプタ、ユニットとPS4を繋ぐ「USBケーブル」、「ステレオヘッドホン」と替えイヤーピース、そしてPSVRとPS Cameraの取扱説明書が入っています。


左側の箱には、「PS Camera」とそのスタンド、プロセッサーユニットのACアダプタに取り付ける電源コードが収められています。なお、付属するPS Cameraとスタンドは新型になります。



残った中央部分を上部に展開すると、ついにPSVR本体がお目見え。本体は「HDMIケーブル」、「VRヘッドセット接続ケーブル」とともに収められています。


ヘッドセットの重量は約610g。数字で表すと重たく思えますが、実際に手にしてみると思った以上に軽いです。



ケーブルが多く配線の難しさが気になる所ですが、各ケーブルには数字が書かれたタグが付けられており、クイックスタートガイドを見ながら数字順にケーブルを繋いでいくことでさほど苦労すること無くセットアップできます。

また、ヘッドセットとプロセッサーユニットを繋ぐケーブルは、端子が2つに分かれているのですが、端子部分と差し込む部分に、おなじみの「△◯□×」がデザインされており、これに合わせるように差し込むことで、正しく接続することができるようになっています。

ただ、PS4と接続をすると、やはり多数のケーブルでゴチャッとしてしまいます。セットアップ前にはPS4周りを整頓しておくのがおすすめです。


全ての内容物を並べたところ

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

「PlayStation VR」は本日10月13日より全国の取扱店舗にて発売開始。価格は以下のとおりです。

「PS VR」:44,980円(税別)
「PS VR PlayStation Camera同梱版」:49,980円(税別)
《編集部》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

    『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  2. PS Plus加入者は8月3日より無料で遊べる!新作バトロワACT『Hunter’s Arena: Legend』来月発売

    PS Plus加入者は8月3日より無料で遊べる!新作バトロワACT『Hunter’s Arena: Legend』来月発売

  3. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  4. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  5. 【UPDATE】【特集】メトロイドヴァニアってどんなゲーム?虫やロボットが活躍する最新作から、押さえておきたい往年の名作までおすすめ5選

  6. 「PS5」の販売情報まとめ【7月29日】─ここ数日の動きは鈍め、しばらく厳しい展開か

  7. 『モンハン:ワールド』俺たちの相棒「受付嬢」のかわいい姿を見よう! “全DLC衣装”でじっくり楽しむ受付嬢フォトコレクション【ワールド編】

  8. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  9. 何がカット・変更された?『サイバーパンク2077』初日パッチ適用前のビルド調査プロジェクトがスタート

  10. 『Apex Legends』高ランクプレイヤーを含む700人以上を不正行為により永久BAN―これまでの累計BANは200万人に迫る

アクセスランキングをもっと見る