人生にゲームをプラスするメディア

海外ゲーマー、クリア後の“エンドクレジット”について議論…「誰が読むの?」「飛ばせないのはやめて!」

その他 全般

海外ゲーマー、クリア後の“エンドクレジット”について議論…「誰が読むの?」「飛ばせないのはやめて!」
  • 海外ゲーマー、クリア後の“エンドクレジット”について議論…「誰が読むの?」「飛ばせないのはやめて!」
ほぼすべてのゲームでお目にかかることになるであろうエンドクレジット。昨今ではエンディングのみでなくゲーム内の項目で任意で閲覧できるタイプも見られていますが、手に汗握るボス戦や物語の結末を見届け、高揚感と共にスタッフロールを眺めてきたゲーマーも数多くいらっしゃるのではないでしょうか。今回の「海外ゲーマーの声」では、そんなエンドクレジットにいい加減飽き飽きしてしまったと不満を唱える海外フォーラムユーザーの声を紹介します。なお、本記事で紹介する一部の映像にはネタバレが含まれる可能性があるのでご注意ください。

参考: 『Grand Theft Auto V』エンディングクレジット。映像は約36分

ぶっちゃけ、誰が開発者の名前を全部読むんだよ?ホントに覚えるやつなんているのか?」と強い語気で始まった「Developers. Please stop with the ten minute unskippable credits.(ゲーム開発者よ、頼むからスキップできないエンドクレジットを10分も垂れ流すのは止めてくれ)」は、いわゆる「飛ばせないエンドクレジット」に不満を漏らすユーザーによって投稿されたもの。「何年もかけてゲームを作ったんだから、適当にジュースでも飲みながら観てやれよ」「たしか『GTA V』は20分くらいあって堪えられなかった」「ゲームによるけど、物語や結末が素晴らしければじっと眺めてその瞬間に浸る」と、そこそこに両論分かれるコメントが見られていました。

ゲームも言わばプロダクトであり、様々な形で創作に携わる者達が生み出したひとつの“作品”。その最後の最後であり、開発に関わった人々の情熱が窺い知れるかもしれない「エンドクレジット」は人によっては重要に映ることでしょう。「“開発者への尊敬を払う”行為のひとつとしてクレジットを見ることがある」「最後までやりきるくらい気に入ったゲームなんだから、リスペクトを示しても良いのでは」との声も寄せられ、一部のユーザーからは「ゲーム開発者へのリスペクト」を感じられるコメントが届けられていました。

参考: 『Portal』エンディングクレジット

そのほかには、「もし『METAL GEAR SOLID』シリーズのクレジットが飛ばせたら、それはもう『MGS』じゃない。エンディング曲は全部頭に焼き付いている」「素晴らしい音楽とアートさえあれば超長いエンディングクレジットも悪くはない」「ボタン操作でクレジットを早送りできればいい」と演出・システム面で補填していく考えも。ゲームプレイ自体に直接影響が出にくい「エンドクレジット」ですが、数多くのゲームが揃って備えるものなだけあり、ゲーマーにとってはある意味重要なパートと言えるのかもしれません。
《subimago》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』拠点にいるアイルーたちを観察、『北斗が如く』でかいババアにも会える体験版をプレイ、『艦これ』凍結されていた公式Twitterが復旧…など(2/22)

    【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』拠点にいるアイルーたちを観察、『北斗が如く』でかいババアにも会える体験版をプレイ、『艦これ』凍結されていた公式Twitterが復旧…など(2/22)

  2. 『SIREN』制作チームの完全監修による新たな絶望…漫画版 「SIREN ReBIRTH」が3月2日より連載開始

    『SIREN』制作チームの完全監修による新たな絶望…漫画版 「SIREN ReBIRTH」が3月2日より連載開始

  3. 『モンハン』×「デカビタC」コラボCMが放映決定、生田斗真や池松壮亮らがハンターに!?

  4. 俳優の大杉漣さんが急逝―「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」にも出演

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

アクセスランキングをもっと見る