人生にゲームをプラスするメディア

『アイドルデスゲームTV』アイドル同士の競争が、死を招くゲームに…想いが交錯する予告ムービー公開

ソニー PSV

『アイドルデスゲームTV』アイドル同士の競争が、死を招くゲームに…想いが交錯する予告ムービー公開
  • 『アイドルデスゲームTV』アイドル同士の競争が、死を招くゲームに…想いが交錯する予告ムービー公開
  • 『アイドルデスゲームTV』アイドル同士の競争が、死を招くゲームに…想いが交錯する予告ムービー公開
  • 『アイドルデスゲームTV』アイドル同士の競争が、死を招くゲームに…想いが交錯する予告ムービー公開
  • 『アイドルデスゲームTV』アイドル同士の競争が、死を招くゲームに…想いが交錯する予告ムービー公開
  • 『アイドルデスゲームTV』アイドル同士の競争が、死を招くゲームに…想いが交錯する予告ムービー公開
  • 『アイドルデスゲームTV』アイドル同士の競争が、死を招くゲームに…想いが交錯する予告ムービー公開
  • 『アイドルデスゲームTV』アイドル同士の競争が、死を招くゲームに…想いが交錯する予告ムービー公開
  • 『アイドルデスゲームTV』アイドル同士の競争が、死を招くゲームに…想いが交錯する予告ムービー公開

ディースリー・パブリッシャーは、PS Vitaソフト『アイドルデスゲームTV』の予告ムービーを公開しました。

同社はこれまで、個性的な切り口によるタイトルを数多くリリース。直近でも、美少女とTPSを組み合わせた『バレットガールズ』シリーズや、美少女要素をローグ系RPGに盛り込んだ『オメガラビリンス』など、意欲的な展開を行っています。


そして来月に発売を控えている最新作では、なんとアイドルとデスゲームを融合。苛烈なアイドル同士の競争を、更に強烈なデスゲーム要素で描く『アイドルデスゲームTV』は、発表当初から大きな話題と反響を呼びました。また先日行われた東京ゲームショウへの出展も果たし、その知名度は更に上昇しています。


そんな本作の予告ムービーが、このたびお披露目を迎えました。この映像は、東京ゲームショウに出展された『アイドルデスゲームTV』試遊バージョンのゲームに収録されていた特別なムービーです。本編のイベントシーンの一部がダイジェストで収録されており、生死の際に追いつめられた極限状態の中で、7人のアイドルたちが繰りひろげる過酷なドラマの一端をチェックすることができます。購入を考えている方は、判断材料のひとつにしてみましょう。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=eQEm6vJzphI

『アイドルデスゲームTV』は2016年10月20日発売予定。価格は、パッケージ版が6,800円(税抜)、ダウンロード版が6,000円(税抜)です。

(C)2016 WITCHCRAFT (C)2016 D3 PUBLISHER
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『METAL MAX Xeno』は魅力がアンバランス? いいや、特化カスタマイズだ! その特徴や気になる点に迫る【プレイレポ】

    『METAL MAX Xeno』は魅力がアンバランス? いいや、特化カスタマイズだ! その特徴や気になる点に迫る【プレイレポ】

  2. PS4版『ファイヤープロレスリング ワールド』発売日決定!―豪華グッズが入った限定版も

    PS4版『ファイヤープロレスリング ワールド』発売日決定!―豪華グッズが入った限定版も

  3. 「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」結果発表─1位は4割超え! 多くのユーザーが求める要望とは【アンケート】

    「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」結果発表─1位は4割超え! 多くのユーザーが求める要望とは【アンケート】

  4. チョーク落書き風がかわいい!『夜廻』&『ディスガイア』x「GraffArt」コラボグッズ発売決定

  5. 『モンハン:ワールド』「登場してほしい過去作のメインモンスターといえば?」結果発表―1位となったのは!?【読者アンケート】

  6. 奥が深い『レイルウェイ エンパイア』の基本をおさらい―国内向けHow toトレイラー

  7. 「シュガー・ラッシュ」のラルフも登場!『キングダムハーツIII』最新プレイ映像

  8. 『モンハン:ワールド』「絆を深めよう! 粉塵セット」が配信中―5月25日からは「マム・タロト」も再登場!

  9. PS4版発売日が遂に発表!『ファイヤープロレスリング ワールド』松本総監督に訊く"4ヶ月近い沈黙の真実"とは……

  10. あっこれかぁ!『フォートナイト』エモートの元ネタたち―海外YouTubeユーザーがまとめ

アクセスランキングをもっと見る