人生にゲームをプラスするメディア

ソニック中裕司が『ポケモンGO』国内142匹コンプを報告!

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の生みの親として知られるゲームクリエイターの中 裕司氏が、国内142匹のポケモンをコンプリートしたことを明らかにしました。

モバイル・スマートフォン iPhone
ソニック中裕司が『ポケモンGO』国内142匹コンプを報告!
  • ソニック中裕司が『ポケモンGO』国内142匹コンプを報告!
2016年7月の配信開始以降、現在までに5億ダウンロード以上を記録している大ヒットアプリ『ポケモンGO』。9月16日にはお役立ちデバイス「ポケモンGO Plus」の発売も予定されている本作ですが、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』や『NiGHTS』の生みの親として知られるゲームクリエイターの中 裕司氏が、国内142匹のポケモンをコンプリートしたことを明らかにしました。


海外限定のご当地ポケモンを除く国内最大数の142匹ですが、中 裕司氏は4枚のスクリーンショット共にこの記録を報告しており、記念すべき142匹目のポケモンはリザードンとなったようです。また、続くツイートでは、出張時に海外ご当地ポケモンをゲットできるチャンスがあった事も伝えています。

《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 「ホウエンセレブレーション」は戦力を大幅にアップさせる絶好のチャンス!忙しい社会人に向けた注目ポイントまとめ【ポケモンGO 秋田局】

    「ホウエンセレブレーション」は戦力を大幅にアップさせる絶好のチャンス!忙しい社会人に向けた注目ポイントまとめ【ポケモンGO 秋田局】

  2. 2020年の『FGO』は何があった? 環境を変えたキャストリアに、前代未聞の★5配布まで! 新たな試みも見られた激動の1年を振り返る【年末年始特集】

    2020年の『FGO』は何があった? 環境を変えたキャストリアに、前代未聞の★5配布まで! 新たな試みも見られた激動の1年を振り返る【年末年始特集】

  3. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

    次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  4. キラフレンドと交換すべきおすすめポケモン、ベスト5!【ポケモンGO 秋田局】

  5. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  6. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  7. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  8. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  9. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  10. ゴリ押しが通らない強敵「ゲリュオン」を安定攻略!4つのポイントを押さえて、黄色最強の“こころ”をかき集めろ【ドラクエウォーク 秋田局】

アクセスランキングをもっと見る