人生にゲームをプラスするメディア

バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

MSIとHTCのVIVEチームは、イベント「東京ゲームショウ2016」にて「MSI VR One」を出展します。

ゲームビジネス VR
バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

MSIは、「MSI VR One」を発表しました。

「MSI VR One」は、VRヘッドセット「HTC VIVE」に最適化された世界初のバックパック(リュック)型VR対応PCです。MSIが過去に制作したバックパック型PCを見直し、利便性などを考慮し再設計が行われた製品となっています。


バックパック型VR対応PCとしては現時点において世界で最も軽く、そして薄いことが特徴。重要は3.6Kgで動き回ることにも支障はないとのこと。オーバークロックされたCPUとGeForce(R) GTX 10シリーズグラフィックスまたはGeForce GTX 10シリーズグラフィックスを搭載しており、動作音は41dBAとなっています。

また外付けバッテリーが2つ搭載されており、片方が切れてももう片方が残るため、ゲームを中断することなくバッテリーの付け替えが可能。90分間フルロードでのVRゲーム体験を可能にしています。


なお、MSIは「今後はゲームだけではなく、ショッピングの現場でも活躍するだろう」ともコメント。住宅販売や車のヴァーチャル試乗会、そしてショッピングやツーリズムといった環境で使われることも想定されています。

この製品は、世界中からさまざまなゲームや関連商品が展示されるトレードショウ「東京ゲームショウ2016」にて出展予定。一般向けには世界初公開となります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

イベント「東京ゲームショウ2016」は、2016年9月15日~18日(一般公開日は17・18日)に幕張メッセで開催予定です。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

    「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  3. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  4. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  5. 【週間売上ランキング】『スマブラX』の初週は82万本!(1/28-2/3)

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  8. 【GTMF2013】AAAタイトル向けのゲームエンジンを無料で公開! Project Anarcyの全容とは

  9. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  10. Supercell「当初から話し合いを行っていた」との主張にグリーが反論―特許紛争の声明に追記

アクセスランキングをもっと見る