人生にゲームをプラスするメディア

バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

MSIとHTCのVIVEチームは、イベント「東京ゲームショウ2016」にて「MSI VR One」を出展します。

ゲームビジネス VR
バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能
  • バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

MSIは、「MSI VR One」を発表しました。

「MSI VR One」は、VRヘッドセット「HTC VIVE」に最適化された世界初のバックパック(リュック)型VR対応PCです。MSIが過去に制作したバックパック型PCを見直し、利便性などを考慮し再設計が行われた製品となっています。


バックパック型VR対応PCとしては現時点において世界で最も軽く、そして薄いことが特徴。重要は3.6Kgで動き回ることにも支障はないとのこと。オーバークロックされたCPUとGeForce(R) GTX 10シリーズグラフィックスまたはGeForce GTX 10シリーズグラフィックスを搭載しており、動作音は41dBAとなっています。

また外付けバッテリーが2つ搭載されており、片方が切れてももう片方が残るため、ゲームを中断することなくバッテリーの付け替えが可能。90分間フルロードでのVRゲーム体験を可能にしています。


なお、MSIは「今後はゲームだけではなく、ショッピングの現場でも活躍するだろう」ともコメント。住宅販売や車のヴァーチャル試乗会、そしてショッピングやツーリズムといった環境で使われることも想定されています。

この製品は、世界中からさまざまなゲームや関連商品が展示されるトレードショウ「東京ゲームショウ2016」にて出展予定。一般向けには世界初公開となります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

イベント「東京ゲームショウ2016」は、2016年9月15日~18日(一般公開日は17・18日)に幕張メッセで開催予定です。
《すしし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

    「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

  2. はんじょう&愛の戦士がMCを務める「Red Bull Play」番組始動!ー第1回目は「よしなま」が『ELDEN RING』に挑戦

    はんじょう&愛の戦士がMCを務める「Red Bull Play」番組始動!ー第1回目は「よしなま」が『ELDEN RING』に挑戦

  3. 【ESCONF TOKYO】e-Sports業界で“成功”を収めるための秘訣とは?2020年以降、企業の参入がさらに活発化する可能性も

    【ESCONF TOKYO】e-Sports業界で“成功”を収めるための秘訣とは?2020年以降、企業の参入がさらに活発化する可能性も

  4. 任天堂が京都府の法人所得でトップ(京都新聞)

  5. 今週発売の新作ゲーム『ファークライ5』『スーパーロボット大戦X』『シャイニング・レゾナンス リフレイン』他

  6. クラブニンテンドー2006年度プラチナ特典が明らかに

  7. 【GDC 2013】開発しやすい環境、新しい入力デバイス、ソーシャル機能 ― 様々な「種と仕掛け」が提案されたPS4の概要

  8. 【Sales INSIDE】 年末商戦を占う(その1):据置機の場合

  9. SonicSYNCは『プロセカ』をどう進化させたのか―低遅延やリッチなサウンドに挑み続ける開発者の「こだわり」

  10. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

アクセスランキングをもっと見る