人生にゲームをプラスするメディア

【特集】『超絶にムズいゲーム』10選―コントローラ叩きつけるレベル!?

その他 全般

【特集】『超絶にムズいゲーム』10選―コントローラ叩きつけるレベル!?
  • 【特集】『超絶にムズいゲーム』10選―コントローラ叩きつけるレベル!?
  • 【特集】『超絶にムズいゲーム』10選―コントローラ叩きつけるレベル!?
  • 【特集】『超絶にムズいゲーム』10選―コントローラ叩きつけるレベル!?

Game*Spark読者の皆さんは、今年どんなゲームをプレイしましたか? 短時間でクリアしてしまったゲームや、簡単すぎてすぐ飽きてしまったゲームはなかったでしょうか。もっともっと難しいゲームで自分の限界に挑戦したい、メンタルを削ってみたい、というプレイヤーに向けて、ハードを越えた歴代作品から新旧ジャンルを問わず、「猛烈にムズいゲーム」を10本、編集部が独断と偏見で厳選しました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

◆ 目次
1P:怒首領蜂大往生
2P:たけしの挑戦状
3P:魔界村
4P:QWOP
5P:Demon's Souls
6P:I Wanna Be the Guy
7P:Super Meat Boy
8P:SIREN
9P:カイザーナックル
10P:ダークエスケープ3D


■怒首領蜂大往生(ブラックレーベル含む)
ケイブ 稼働:2002年 ジャンル:縦スクロールシューティング
YouTube:hitoriyogarimon

縦スクロールシューティングは反射神経や記憶力が試される難しいタイトルが多いですが、その中からケイブの『怒首領蜂大往生』を選出。アーケードで稼働したのち、バージョンアップ版『ブラックレーベル』がリリース。以降はPS2/Xbox 360/iPhoneにも移植されました。なにが難しいのかと説明する必要もないほどの弾幕が初見プレイヤーを殺しにかかります。全5ステージから構成されているものの、1ステージ目でさえ容赦なく心を折ってきます。ノーコンティニューでクリアすると2週目がスタートする隠し要素が存在しますが、筆者は毎回秒殺されるので一生到達できないと断言できます。

《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【レポート】プレイヤーを楽しませるAI、プレイヤーに成り代わるAI─「ゲームの内外で活躍するAI」をスクウェア・エニックスのクリエイターが語る

    【レポート】プレイヤーを楽しませるAI、プレイヤーに成り代わるAI─「ゲームの内外で活躍するAI」をスクウェア・エニックスのクリエイターが語る

  2. 週末セール情報ひとまとめ『ニーア オートマタ』『サイコブレイク2』『DESTINY 2』『Assassin's Creed Origins』他

    週末セール情報ひとまとめ『ニーア オートマタ』『サイコブレイク2』『DESTINY 2』『Assassin's Creed Origins』他

  3. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case06「interlude」

    【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case06「interlude」

  4. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  5. 『星のカービィ』×「シャクレルプラネット」異色のコラボ―おなじみのカービィやデデデ大王の顎が脅威のシャクレ具合!

  6. 「アーマード・コア」シリーズの音楽特別番組が放送決定!フロム・ソフトウェアサウンドチームも登場予定

  7. 『FIFA 18』ユーザーによるボイコット運動が勃発―ゲーム内課金要素も関連?

  8. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  9. 『STAR WARS バトルフロント II』“ルートボックス騒動”2転3転?―ベルギー公共放送、報道を否定、“ルートボックス”は依然調査中

  10. バンナム、謎のカウントダウンサイトを公開―電子レンジに…卵?

アクセスランキングをもっと見る